デジタル教科書

文部科学省、「学校及び社会教育施設における情報通信機器・視聴覚教育設備等の状況調査」報告書を公開

2011年7月22日に、文部科学省が、2010年度の「学校及び社会教育施設における情報通信機器・視聴覚教育設備等の状況調査」の報告書を公開しています。

平成22年度「学校及び社会教育施設における情報通信機器・視聴覚教育設備等の状況調査」報告書(表紙~p.101) (PDF)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/__icsFiles/afieldfile/2011/07/22/1308646_1.pdf

Amazon.com、デジタル教科書レンタルサービス“Kindle Textbook Rental”を発表

2011年7月18日、米国のAmazon.comがデジタル教科書をレンタルできる“Kindle Textbook Rental”というサービスを発表しました。パソコン、タブレット端末、スマートフォンなどKindleリーダーが動作する端末が対象となっています。John Wiley & Sons、Elsevier、Taylor & Francisなどの大手出版社のコンテンツを含む数万点の教科書が利用可能とのことです。レンタル期間は30日間から360日まで選択可能で、ユーザは最大で80%節約できるそうです。また、レンタル期間を1日単位で延長することや、途中で購入に切り替えることも可能なようです。デジタル教科書への書き込みやマーカーはクラウド(Amazon Cloud)上に保存され、レンタル期間終了後もアクセスができるとしています。

Kindle Textbook Rental
http://www.amazon.com/kindletextbooks

Students Can Now Save Up To 80% with Kindle Textbook Rental (Amazon.com 2011/7/18付けプレスリリース)

【イベント】デジタル教科書教材EXPO特別シンポジウム(7/28・東京)

2011年7月28日に、東京の秋葉原UDXギャラリーで、「デジタル教科書教材EXPO特別シンポジウム」が開催されるようです。このシンポジウムでは、「デジタル教育の展望」と題し、小宮山宏氏(株式会社三菱総合研究所理事長/前東京大学総長)と安西祐一郎氏(慶應義塾学事顧問/前慶應義塾長)、そして長尾真国立国会図書館館長の特別対談等が行われるようです。また、7月28日~29日に予定されていた「デジタル教科書教材EXPO2011」は東日本大震災のため開催延期となったとのことです。

デジタル教科書教材EXPO 開催概要 (デジタル教科書教材EXPO 2011/6/29付けの情報)
http://www.f2ff.jp/dittexpo/outline/index.html

デジタル教科書教材EXPO特別シンポジウム開催のお知らせ (DiTT 2011/6/29付けの記事)
http://ditt.jp/news/?id=1838

デジタル教科書教材EXPO 2011開催延期のお知らせ (PDF)
http://www.f2ff.jp/dittexpo/news/uploads/ditt_enki.pdf

参考:
【イベント】デジタル教科書教材協議会等、デジタル教科書教材EXPO(DiTT EXPO)2011を開催(7/28-29・東京)

韓国、2015年までに国内全ての小・中・高にデジタル教科書を導入へ

2011年7月4日付けの各紙によると、韓国教育省が、小・中・高の全ての教科書について、2015年までにデジタル教科書を導入する計画を発表したようです。

韓国政府が小・中・高教科書の完全電子書籍化計画を発表、2015年までの実現を目指す (hon.jp 2011/7/4付けの記事)
http://hon.jp/news/1.0/0/2532/

韓国が2015年までに学校をペーパーレスに (TechCrunch 2011/7/5付けの記事)
http://jp.techcrunch.com/archives/20110704south-korea-promises-paperless-schools-by-2015/

CA1748 - 動向レビュー:デジタル教科書をめぐって / 澤田大祐

 2009年度の補正予算以後、小中学校において「電子黒板」(1)は、すっかり有名なものとなった。この次の世代の教材として注目されるのが、「デジタル教科書」(2)である。現在、「デジタル教科書」として市販されているものは、教員が「電子黒板」上に投影して、児童・生徒に提示することを目的とするものである。これに対して、導入に向けての検討が進められているのは、児童・生徒が1人につき1台の端末を使い、教科書やノートと同様に使うことのできる、「学習者用デジタル教科書」である。1人1台のノートパソコンの使用は、2000年代初めから導入事例はあった(3)が、本格的な議論になったのは最近1-2年のことだ。...

内田洋行、学校向け教育用コンテンツ配信サービス“EduMall”で小学校指導者用デジタル教科書を配信

2011年6月15日、株式会社内田洋行が、同社の運営する学校向け教育用コンテンツ配信サービス「EduMall(エデュモール)」において、大手教科書会社4社が提供する小学校指導者用デジタル教科書を配信すると発表しました。EduMallは買取りではなく年間契約型のサービスで、毎年発生するようなコンテンツの修正・変更にも対応しやすいとしています。対象となるのは、三省堂、教育出版、帝国書院、新興出版社啓林館の4社で、国語、社会、算数、理科の指導者用デジタル教科書が提供されるそうです。また、教育委員会向けの「デジタル教科書自治体一括導入パック」も提供されるとのことです。

内田洋行、指導者用「デジタル教科書」の配信サービスを開始~教育用コンテンツ配信サービス「EduMall」にて、大手教科書会社4社と協力~(内田洋行 2011/6/15付けプレスリリース)
http://www.uchida.co.jp/company/news/press/110615.html

米国のデジタル教科書関連企業6社(記事紹介)

2011年5月10日付けのMashableの記事で米国のデジタル教科書関連企業として、CourseSmart、CafeScribe、VitalSource、enTourage Systems、Inkling、Barnes & Noble (Nook Study)が紹介されています。記事中では2010年にOnCampus Researchが行った調査についても触れられており、それによると、大学生の74%が紙媒体の教科書を好む、53%がデジタル教科書を買うかどうか分からないもしくは買おうとは思わない、という結果が出たそうです。

6 Companies Aiming to Digitize the Textbook Industry (Mashable 2011/5/10付け記事)
http://mashable.com/2011/05/10/digital-textbook-companies/

参考:
教科書に関する大学生の意識調査、電子版より紙を好むという回答が多数(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/17467

IT・出版など70社が参加する「デジタル教科書教材協議会」が設立
http://current.ndl.go.jp/node/16565

文部科学省、「教育の情報化ビジョン」を公表

文部科学省、「教育の情報化ビジョン」を公表

2011年4月28日に、文部科学省が「教育の情報化ビジョン」を公表しました。これは、2010年4月22日以後、文部科学省が今後の学校教育(初等中等教育段階)の情報化に関する総合的な推進方策について検討を行う「学校教育の情報化に関する懇談会」を開催し、同年8月に取りまとめられた「教育の情報化ビジョン(骨子)」を基に、更なる検討を進めた結果がまとめられたものとのことです。

「教育の情報化ビジョン」の公表について (文部科学省 2011/4/28付けの情報)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/04/1305484.htm

デジタル教科書教材協議会、「DiTTビジョン」と「DiTT第一次提言書」を発表

2011年4月25日に、デジタル教科書教材協議会(DiTT)は、学校教育におけるデジタル教科書教材の普及に向けた計画としての「DiTTビジョン」と、デジタル教科書の普及促進に関する提言をまとめた「DiTT第一次提言書」を公開したようです。「DiTTビジョン」は、2015年までに日本の全ての小中学生にデジタル教科書・教材を配布し、2020年度までにデジタル教科書を用いた学校教育の実現を目指すための活動指針となっているようです。また「第一次提言書」では、「現代に求められている人材像と教育」、「2015年のあるべき教育の姿」、「機能仕様と課題」、「制度と課題」、「国内・諸外国の状況」の解説を踏まえ、最後に「政策提言」が示されているようです。

DiTTビジョン
http://ditt.jp/office/DITTVISION.pdf

DiTT 第一次提言書
http://ditt.jp/office/DITTteigen_1.pdf

【イベント】デジタル教科書教材協議会等、デジタル教科書教材EXPO(DiTT EXPO)2011を開催(7/28-29・東京)

2011年2月21日付けのデジタル教科書教材協議会(DiTT)のプレスリリースによると、同協議会と株式会社ナノオプト・メディアが、ICT技術を利用したデジタル教科書・教材、教育技法の新しい創出を目的としたイベント「デジタル教科書教材EXPO(DiTT EXPO)2011」を、2011年7月28日と7月29日に、東京の秋葉原UDXギャラリーで開催することを決定したとのことです。

デジタル教科書教材分野に関する専門イベント国内初開催! (DiTT 2011/2/21付けのプレスリリース)
http://ditt.jp/office/DiTT_EXPO_2011.pdf

デジタル教科書教材EXPO 2011開催決定! (DiTT 2011/2/21付けのプレスリリース)
http://ditt.jp/news/1590

(2011/7/6追記)
東日本大震災の影響により、2012年2月下旬頃の予定で開催延期となったようです。

ページ