クラウドコンピューティング

情報処理推進機構、欧州におけるクラウドコンピューティングのセキュリティに関する文書を翻訳公開

2010年10月25日、独立行政法人情報処理推進機構は、欧州ネットワーク情報セキュリティ庁(European Network and Information Security Agency;ENISA)が2009年11月に発行したクラウドコンピューティングのセキュリティに関するガイドライン「クラウドコンピューティング:情報セキュリティ確保のためのフレームワーク」と「クラウドコンピューティング:情報セキュリティに関わる利点、リスクおよび推奨事項」の2件の文書の翻訳版を公開しました。

欧州ENISAのクラウドのセキュリティに関するガイドラインの翻訳 (2010/10/25付け 独立行政法人情報処理推進機構のウェブサイト)
http://www.ipa.go.jp/security/publications/enisa/index.html

プレス発表 欧州ENISAのクラウドコンピューティングのセキュリティに関するガイドラインの翻訳を公開 (2010/10/25付け 独立行政法人情報処理推進機構のプレスリリース)
http://www.ipa.go.jp/about/press/20101025_2.html

European Network and Information Security Agency(ENISA)

米国国立公文書館、連邦政府機関のクラウドコンピューティングに関するガイドラインを公表

2010年9月22日、米国国立公文書館(NARA)が、連邦政府機関のレコードマネージメントとクラウドコンピューティングに関するガイドラインを公表しました。このガイドラインは9月8日付けの公報で公表されたもので、2月にNARAのホームページに掲載されたクラウドコンピューティングに関するFAQの記述をさらに詳細にしたものとのことです。ガイドラインは、クラウドコンピューティングの定義から始まり、クラウドコンピューティングに関するサービスの種類や連邦政府機関による利用の仕方等について説明されています。

NARA Bulletin 2010-05
http://www.archives.gov/records-mgmt/bulletins/2010/2010-05.html

EDUCAUSE、「クラウドコンピューティングのセキュリティについて知っておくべき7つの事柄」を発表

2010年9月7日、米国のNPO・EDUCAUSEは、「クラウドコンピューティングのセキュリティについて知っておくべき7つの事柄」(7 Things You Should Know About Cloud Security)という文書を公開しました。文書では、クラウドコンピューティングのセキュリティとは何か?なぜ重要なのか?などについて、7項目に分けて解説されています。

7 Things You Should Know About Cloud Security
http://net.educause.edu/ir/library/pdf/EST1008.pdf

IBM、大規模デジタル化におけるテキスト化の改善を目指す欧州のプロジェクト“IMPACT”に協力

IBM社が、欧州の貴重な古書の大規模デジタル化におけるテキスト化処理の改善等を目指す欧州のプロジェクト“IMPACT”に協力すると発表しています。同社が考える、OCR技術とクラウドコンピューティングの技術の融合により、文字の認識精度を向上させるとのことです。

IBMとEU、古文書のデジタル化プロジェクトで協力(CNET Japan 2010/8/27付けの記事)
http://japan.cnet.com/news/business/story/0,3800104746,20419046,00.htm

IBM and EU Partner to Enable the Digitization of Historic European Texts on a Massive Scale()
http://www-03.ibm.com/press/us/en/pressrelease/32380.wss

OCLCのウェブスケールの図書館管理システムが本格運用に向けて前進

OCLCは2009年から、目録業務、蔵書管理、利用者情報管理、収集管理、ライセンス管理等の図書館運営にかかわるほとんどの業務を WorldCatのネットワーク上で処理できるようなウェブスケールの図書館管理システムの開発に取り組んできました。このほど、このシステムが、試行段階から製品化段階に移行したということです。限られた数の初期導入図書館に向けてではありますが、2010年7月1日から、収集管理と貸出情報管理のサービスが提供されます。今後サービス内容は、購読料管理、ライセンス管理等に順次拡大されていくということです。

Web-scale library management services available July 1 to early adopters
http://www.oclc.org/news/releases/2010/201038.htm

NIIとNASA、クラウドの相互運用性について協力することに

日本の国立情報学研究所(NII)と米国航空宇宙局(NASA)が、クラウドの相互運用性について協力することを発表しました。これにより、「クラウド間で相互接続できるようになるだけではなく、国際的な学術活動のためのクラウド基盤を共有することで、研究・教育活動を促進させることが可能」になるということです。

NIIとNASAがクラウドの相互運用性について協力 NIIとNASAのクラウド間連携が可能に
http://www.nii.ac.jp/news/2010/0603/

NIIとNASA、クラウド間連携で相互協力--オープンソースクラウドの品質向上など目指す
- CNET JAPAN 2010/6/4付けの記事
http://japan.cnet.com/news/service/story/0,3800104747,20414642,00.htm

ページ