アルゼンチン

アルゼンチンでオープンアクセスの文献のポータルサイト“SNRD”が開設:併せて科学技術文献の新しい検索サイトも開設

アルゼンチンで、オープンアクセスの文献(書籍や論文)のポータルサイト“Sistema Nacional de Repositorios Digitales”(National System of Digital Repositories:SNRD)が開設されました。約30,000件の文献が掲載されているとのことです。

また併せて、科学技術文献の新しい検索サイト“Biblioteca Electrónica de Ciencia y Tecnología”(Electronic Library of Science and Technology)も開設されています。

Sistema Nacional de Repositorios Digitales
http://repositorios.mincyt.gob.ar/
http://repositoriosdigitales.mincyt.gob.ar:8380/dnet-web-generic/

Biblioteca Electrónica de Ciencia y Tecnología
http://www.biblioteca.mincyt.gob.ar/

アルゼンチンでオープンアクセス義務化法案成立 一次データの公開も義務化

2013年11月13日、アルゼンチンの研究機関に対し公的助成を受けた研究成果のオープンアクセス化を義務付ける法案が同国議会上院で全会一致で可決され、成立しました。

この法律は公的助成を受けた研究の成果に基づく、科学・技術分野の雑誌論文や学位論文等について、機関リポジトリでの公開を求めるものです。教員や研究者だけではなく、修士・博士課程に在籍する学生の研究成果も対象に含まれるほか、研究の一次データについても収集し、5年後には公開して他の研究者も利用できるようにすることを義務付けています。

Es ley el acceso libre a la información científica(アルゼンチン科学・技術・生産革新省のサイト、2013/11/13付け)
http://www.mincyt.gob.ar/noticias/es-ley-el-acceso-libre-a-la-informacion-cientifica-9521

Argentina makes OA law(Research Information、2013/11/15付け)
http://www.researchinformation.info/news/news_story.php?news_id=1423

Web of KnowledgeにブラジルのSciELOの引用文献データベースが追加

2013年10月24日に、トムソン・ロイター(Thomson Reuters)社が、SciELO(Scientific Electronic Library Online)のSciELO Citation IndexをWeb of Knowledgeに追加すると発表しました。

トムソン・ロイター社のニュースによると、SciELO Citation Indexには、アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、コスタリカ、キューバ、スペイン、メキシコ、ポルトガル、南アフリカ、ベネズエラのオープンアクセス誌約650タイトルと400万件以上の引用文献が収録されているとのことです。

Thomson Reuters Collaborates with SciELO to Showcase Emerging Research Centers within Web of Knowledge(Research Information 2013/10/24付け)
http://thomsonreuters.com/press-releases/102013/SciELO-Collaboration

Thomson Reuters collaborates with SciELO(Thomson Reuters)

ボルヘスへのオマージュ アルゼンチン国立図書館がモニュメントを設置

2013年6月14日に、アルゼンチン国立図書館(Biblioteca Nacional Mariano Moreno)が、同館の敷地内に同国の作家にして、元同館の館長でもあったホルヘ・ルイス・ボルヘス(Jorge Luis Borges)のモニュメントを設置しました。

Monumento homenaje a Jorge Luis Borges en la Biblioteca Nacional (Biblioteca Nacional Mariano Moreno)
http://www.bn.gov.ar/actualidad/eventos.php?page=&safe=1802-monumento-homenaje-a-jorge-luis-borges-en-la-biblioteca-nacional&CurrentMonth=&fecha=&categoria=&texto=&fechaposteriores=

La Biblioteca Nacional inaugura el viernes el monumento en homenaje a Borges (europapress 2013/6/11付けの記事)

使われていない建物等を改装してつくられた秀逸な書店10軒(記事紹介)

2012年9月9日に、Flavorwireが“10 Awesome Bookstores Repurposed from Unused Structures”という記事を掲載しています。記事は、使われていない建物等を改装してつくられた書店10軒を紹介したもので、映画館を改装してつくられたアルゼンチンのLibrería El Ateneo Grand Splendidという書店、米国ウィスコンシンにある、たい肥のタンクを再利用したCastle Arkdale等が取り上げられています。

10 Awesome Bookstores Repurposed from Unused Structures (Flavorwire 2012/9/9付けの記事)
http://www.flavorwire.com/326360/10-awesome-bookstores-repurposed-from-unused-structures?all=1

世界の美しい書店20店舗(記事紹介)

2012年1月31日付けのFlavorwireの記事で、世界の美しい書店20店舗が写真付きで紹介されています。オランダやイタリア、中国等の書店が取り上げられており、日本からは東京の代官山T-SITEが紹介されています。

The 20 Most Beautiful Bookstores in the World (Flavorwire 2012/1/31付けの記事)
http://flavorwire.com/254434/the-20-most-beautiful-bookstores-in-the-world

参考:
Huffington Post、世界の美しい図書館を紹介
http://current.ndl.go.jp/node/15696

3万冊の本による「バベルの塔」(アルゼンチン)

ユネスコや国際図書館連盟(IFLA)等が選ぶ、2011年の“World Book Capital(本の首都)”である、アルゼンチン・ブエノスアイレスに、3万冊の本で作られた「バベルの塔」が完成したようです。この「バベルの塔」は、アルゼンチンの芸術家ミヌヒン(Marta Minujin)氏による作品で、図書館や50か国以上の大使館等から寄贈された本を用いてつくられ、高さ25メートルほどとのことです。塔は5月末まで一般公開され、その後、塔の建設に使われた本はアルゼンチン初のマルチリンガル図書館の蔵書として活用されるようです。

Buenos Aires Capital Munidal del Libro 2011
http://www.capitaldellibro2011.gob.ar/

3万冊の本でできた「バベルの塔」、ブエノスアイレスに登場 (Reuters 2011/5/12付けの記事)
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-21059220110512

天に届きそう?本で作った「バベルの塔」 (AFPBB News 2011/5/9付けの記事)

アルゼンチン、「条約電子図書館」で1811年以降の政府文書約10,000件をデジタル化公開

2011年1月25日に、アルゼンチンの外務・国際通商・宗務省(Ministerio de Relacipones Exteriores, Comercio Internacional y Culto)が、1811年から現代までの200年間の、国際関係・国内関係の政府文書約10,000点をデジタル化し、「条約電子図書館」(Biblioteca Digital de Tratados)で公開したようです。公開された文書のうち、約7,000点は他国と結んだ条約文書のようです。

Biblioteca Digital de Tratados
http://tratados.cancilleria.gob.ar/

La Biblioteca digital de la Cancillería araña los 10 mil documentos (2011/1/26付け canalarの記事)
http://www.canal-ar.com.ar/noticias/noticiamuestra.asp?Id=10114

Digitalizaron 10.000 tratados (2011/1/29付け rionegroの記事)

本の多様性の日、アルゼンチンやチリ等でイベント開催される

2010年9月21日、「本の多様性の日」(el Día de Bibliodiversidad)として、アルゼンチンやチリ等でイベントが開催されました。これは、フランスに本部を置く国際出版社団体である“Alianza Internacional de Editores Independientes”のうち、スペイン語圏の出版社が共同で開催したものです。「本の多様性」とは、生物多様性のように、本による文化多様性を意味するもので、イベントの背景には、出版社による多様な出版活動の必要性を訴えるということがあるようです。今年2010年から開始されたこのイベントでは、アルゼンチンのブエノスアイレスやチリのサンチャゴ等の市内各所に、出版社が本を設置して道行く人に読んでもらえるようにしたほか、アルゼンチンのサン・マルティン広場では、本を持ったピクニック等が実施されたようです。

el Día B
http://eldiab.org/

Alianza Internacional de Editores Independientes
http://www.alliance-editeurs.org/?lang=es

Día Internacional de la Bibliodiversidad 2010 (2010/9/20付け Tiner Guíaの記事)

アルゼンチン国立図書館が開館200周年を迎える

アルゼンチン国立図書館(Biblioteca Nacional de la República Argentina)が2010年に開館200周年を迎え、9月10日から9月16日にかけて同館ではコンサートや子供向けの催し物等、多数のイベントが開催されています。そのほかにも、これに関連して、イベロアメリカ国立図書館協会“La Asociación de Bibliotecas Nacionales de Iberoamérica”の第21回大会が開催されたり、国内の図書館員らの集会も行われたりするようです。

Días del bicentenario - Agenda (2010/9/7付け Biblioteca Nacional de la República Argentinaのニュース)
http://www.bn.gov.ar/noticia/dias-del-bicentenario-agenda

La Asociación de Bibliotecas Nacionales de Iberoamérica (イベロアメリカ国立図書館協会のウェブサイト)
http://abinia.ucol.mx/

La Biblioteca Nacional festeja sus 200 años (2010/9/10付け La Naciónの記事)

ページ