児童サービス

橿原市立図書館(奈良県)、市内の小学生以下の子どもがいる世帯を対象に貸切利用サービスを実施

奈良県の橿原市立図書館が、2021年7月14日に、市内の小学生以下の子どもがいる世帯を対象に貸切利用サービスを開始すると発表していました。

コロナ禍で外出しづらい環境のなか、市内で子育てをしている家庭を対象に、図書館に行きやすくするためのサービスを行うものです。

実施期間は7月22日から8月31日までの、日曜・祝日の午前(2回)と午後(3回)、火曜日から土曜日の午後(3回)で、各回1世帯1時間以内の貸切利用です。利用には前日までの事前予約が必要です。

地元紙が報じるところによると休館時間に実施しているとのことです。

図書館貸切~親子でゆっくり本を探そう~(橿原市立図書館,2021/7/14)
https://www.city.kashihara.nara.jp/article?id=60ea8aa365909e575676914a

東京子ども図書館、ボローニャ絵本館を併設する板橋区立中央図書館と連携協定を締結

2021年7月28日、東京子ども図書館が、ボローニャ絵本館を併設する板橋区立中央図書館と連携協定を締結したと発表しています。

両館ではこれまでも交流がありましたが、より積極的に連携を図ることを目的に連携協定を締結したとしています。

ニュース(東京子ども図書館)
https://www.tcl.or.jp/%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0/
※「板橋区立中央図書館と連携協定を結びました! 2021年7月28日」とあります。

E2406 - 佐賀県における「チーム司書ネットワーク等推進事業」の取組

佐賀県では,2020年度から「県立図書館司書が中心となって市町立図書館司書(市町立図書館には,公民館図書室も含む。以下同じ。)とのネットワークを強化し,市町立図書館支援の充実および県内司書のレベルアップを図ることにより,県民が本に親しむ環境づくりの充実を図る」ことを目的とした「チーム司書ネットワーク等推進事業」に取り組んでいる。

公益財団法人大宅壮一文庫、小学生から高校生までを対象にイベント「夏休みは、雑誌図書館に行こう!」を開催

明治時代以降の雑誌を所蔵する公益財団法人大宅壮一文庫が、2021年7月・8月に小学生から高校生までを対象にイベント「夏休みは、雑誌図書館に行こう!」を開催します。

内容は、「雑誌についての話」「書庫見学」「調べたいテーマの雑誌記事を見つける」の3点です。

以下の4つの日程から選んで参加できます。(各回1時間半を2回受講)

・7月26日、 8月2日
・7月30日、 8月6日
・8月5日、8月12日
・8月17日、8月24日

参加にはメールでの申し込みが必要で、参加費用は、参加費500円(2回分)と、持ち帰りコピー料金の実費(白黒1枚20円、カラー1枚40円)です。定員は1 回の開催につき 小学生2人・中高生2人までです。

トピックス(大宅壮一文庫)
https://www.oya-bunko.or.jp/tabid/165/Default.aspx
※2021年6月26日付けで「夏休みは、雑誌図書館に行こう!」とあります。

【イベント】令和3年度ふくしまの未来をひらく読書の力プロジェクト「世界と未来を変える読書の力 ~新しい生活様式と読書~」(8/6・福島)

2021年8月6日、福島県教育委員会が主催する、令和3年度ふくしまの未来をひらく読書の力プロジェクト「世界と未来を変える読書の力 ~新しい生活様式と読書~」が、とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)で開催されます。

講義や実習を通して、乳幼児期から思春期に至る発達段階に応じた読書活動やその推進について学ぶ研修で、以下の内容で実施されます。参加費は無料ですが、各講義の定員は100人、パネルディスカッションの定員は最大300人となっています。

・乳幼児期向け
講義・演習「新しい生活様式と家読・読み聞かせについて」
講師    桑原真希氏(平田村立ひらたこども園保育教諭)

・小学校期向け
講義・演習「新しい生活様式とブックトークについて」
講師    柳沼志津子氏(本宮市立しらさわ夢図書館副館長兼専門司書)

・中高生期向け
講義・演習「新しい生活様式とビブリオバトルについて」 
講師    古川真氏(福島県立小野高等学校教諭)
      宍戸佳織里氏(元小野町地域おこし協力隊)

E2389 - 図書館プロレスラーとしょカーン誕生:地域連携での情報発信

2020年12月27日,板橋区立グリーンホール(東京都)で行われた,いたばしプロレスリングの試合で,日本初の図書館プロレスラー「としょカーン」がデビューした。板橋区には図書館が12館あり,各館の役割や地域特性を考慮した「特色ある資料」の収集が蔵書構築指針により定められている。図書館プロレスラーの誕生は,板橋区立東板橋図書館の担当する「特色ある資料」の一つが「スポーツ」であることから,板橋区公認のプロレスリング団体「いたばしプロレスリング」(以下「いたプロ」)との連携が始まったことによる。

葛飾区立にいじゅく地区図書館(東京都)、東京かつしか赤十字母子医療センター内に開館

2021年6月2日、葛飾区立にいじゅく地区図書館(東京都)が、東京かつしか赤十字母子医療センター内に開館しました。

建て替えのために休館していた葛飾区立新宿図書センターが、東京かつしか赤十字母子医療センター内で開館したものです。産院内の区立図書館という特性を踏まえ、入り口付近に児童コーナーを設置するほか、子育て関連や乳幼児向け絵本のおすすめ本コーナーを常設することで、子どもを迎える、子どもを育てる家族にとって知りたい情報ある図書館を目指すとしています。

同医療センターに通院している人は、葛飾区立図書館の登録要件に該当しない場合でも、同館を利用することができます。

にいじゅく地区図書館開館しました!(葛飾区立図書館,2021/6/2)
https://www.lib.city.katsushika.lg.jp/info?4&pid=7880

オーストラリア図書館協会(ALIA)、公共図書館の分館が少額の年間使用料を支払うことで出版社がオンラインの読み聞かせでの絵本の利用を許可する取組(試行)に係る最初の四半期の報告書を公表

2021年5月12日、オーストラリア図書館協会(ALIA)が、公共図書館の分館が少額の年間使用料を支払うことで出版社がオンラインの読み聞かせでの絵本の利用を許可する取組(試行)に係る最初の四半期(2021年1月から3月)の報告書を公表しています。

報告書によると、同期間において、全国の約3分の1にあたる115の図書館が取組に参加し、5万オーストラリアドルを超す金額が出版社・著者・イラストレーターに分配されました。また、290以上のレコーディング、1万7,000以上の視聴があり、使用料に加え、965冊の図書が参加館で購入され、ある出版社ではリストに掲載された図書が226冊も購入されました。

参加館からは同取に対して好意的な意見が寄せられています。

荒川区立ゆいの森あらかわ、「図書館員からあなたへ オーダーメイドBOOKフェア」の展示を実施中

2021年5月21日から6月16日まで、東京都荒川区立ゆいの森あらかわ えほん館において、「図書館員からあなたへ オーダーメイドBOOKフェア」の展示が行われています。

4月11日から4月29日にかけて、ゆいの森あらかわで、図書館員が子どもに合わせたオーダーメイドの絵本セットを貸し出す「図書館員からあなたへ オーダーメイドBOOKフェア」が実施されていました。

同フェアで貸し出された絵本のほか、絵本セットを貸し出す際に使用した白い紙袋に絵本を読んだ児童が描いた絵や、保護者からのコメントとそれに対する司書からのメッセージが展示されています。

「図書館員からあなたへ オーダーメイドBOOKフェア」の展示をしています!(荒川区)
https://www.city.arakawa.tokyo.jp/a004/kouhou/houdou/20210521.html

札幌市中央図書館、出版社の協力を得て絵本の読み聞かせ動画を作成

2021年5月20日、札幌市を中心とした出版社や雑誌社等により構成される、一般社団法人北海道デジタル出版推進協会が、同協会会員による札幌市中央図書館への動画配信用絵本コンテンツの提供に関するお知らせを掲載しました。

札幌市中央図書館が絵本の読み聞かせ動画を作成・配信していることを受け、同協会会員へ絵本等のコンテンツの提供を呼び掛け、株式会社柏艪舎、ミツイパブリッシング、中西出版株式会社から協力が得られたと述べています。

提供されたコンテンツの読み聞かせ動画は、札幌市中央図書館により順次公開されます。

当協会会員による札幌市中央図書館への動画配信用絵本コンテンツの提供について(一般社団法人北海道デジタル出版推進協会, 2021/5/20)
http://www.hoppa.or.jp/archives/2654

ページ