件名標目表

CA1002 - 英・米国立図書館の協同目録計画 / 福島寿男

英語の出版物の多くは英語圏という国際市場を指向しており,大手の出版社には大西洋の両岸に拠点をもつものもある。書誌データとしては出版地,出版者以外のデータは全く同じはずという多くの出版物が,英・米それぞれの「国内出版物」として別々にMARC化されているのが現状である。UKMARC…

CA935 - OPACにおける主題アクセス:英国における調査 / 谷口純子

目録作業の機械化に伴い,多くの図書館では,OPACの導入もしくはその計画が進められている。クロフォード(Crawford)らは,OPACの主題アクセスに注目し,イギリスの大学図書館を対象としてアンケート調査を行った。この調査の目的は,主題アクセスの方針を計画していく上で役立つ情報を集め…

CA905 - 件名とフェミニズム:「女性」に関するLCSH / 中井万知子

1960年代後半から70年代にかけて,世界中で噴出したさまざまな権利意識の高揚を背景に,バーマンは71年の著書Prejudices and Antipathies(偏見と反感)において『米国議会図書館件名標目表(LCSH)』に見られる多くの差別的要素のある件名を批判の槍玉にあげた。人種,民族,国籍,信条,階級,障…

E262 - NDLSH暫定版の公開および意見募集

今回の改訂では,平成3(1991)年の第5版刊行後に新設した件名標目を追加収録するとともに,従来にはなかった「をも見よ参照」(相互参照)を記録し,個々の件名標目を示す概念および件名標目どうしの関係性の明確化を図った。また,細目全般について,その使用方法を整理し,地理細目や…

CA795 - (件名 + キーワード)× OPAC = ? / 横山幸雄

1. 主標目−細目=?昨年5月,CLR(米国図書館振興財団)の助成により,LCSH(米国議会図書館件名標目表)の「細目に関する会議」が以下の目的で開催された。件名作業の効率化共同目録作業の向上と促進OPAC(オンライン目録)における主題アクセスの改善図書館の機械化,検索機能の向上,共…

CA766 - 件名付与の一貫性―LCとBLの比較― / 内海啓也

同一の資料を前にして,複数のインデクサーが件名を与えるとき,それがどの程度一致するか,またしないのか,米国議会図書館(LC)と英国図書館(BL)の双方のインデクサーが米国議会図書館件名標目表(LCSH)を使用して付与した件名に関する調査を紹介する。調査は,1987年に英国で出版さ…

CA656 - LC件名標目表のCD-ROM版 / 那須雅熙

LCは,1988年8月にLCSH(米国議会図書館件名標目表)のCD-ROM版を刊行した。これは,LCSHを付与したり,それを使って検索している人々にとって願ってもない朗報であった。周知のようにLCSHは浩瀚で,精緻にできているために,適切な件名を選択するのに時間がかかりかなりの苦労を要するが,これ…

ページ