ウェブサイト

島根大学附属図書館、初学者向けデータベース紹介サイト「来たぞ!データベース戦隊!」をリニューアル

2019年11月1日、島根大学附属図書館が、初学者向けデータベース紹介サイト「来たぞ!データベース戦隊!」のリニューアルを発表しました。

サイトの内容はこれまでと同様なものの、デザインが変更され、ページがより軽くなったと紹介されています。

初学者向けデータベース紹介サイト「来たぞ!データベース戦隊」をリニューアルしました(島根大学附属図書館,2019/11/1)
https://www.lib.shimane-u.ac.jp/new/2019110100034/

来たぞ!データベース戦隊(島根大学附属図書館)
https://www.lib.shimane-u.ac.jp/DB_Rangers/

岐阜大学図書館、「学術アーカイブズ」のウェブサイトを開設

2019年11月1日、岐阜大学図書館が、「学術アーカイブズ」のウェブサイトを開設しました。

岐阜大学創立70周年記念事業として整備された「岐阜大学 学術アーカイブズ」の概要や一般公開の日程をご案内するものです。

学術アーカイブズのWebサイトを開設しました(岐阜大学図書館,2019/11/1)
https://www.lib.gifu-u.ac.jp/info/entry01-725.html

学術アーカイブズ(岐阜大学図書館)
https://www.lib.gifu-u.ac.jp/archives/

米国議会図書館(LC)、注釈付合衆国憲法のウェブサイト“Constitution Annotated”を公開

2019年9月16日、米国議会図書館(LC)は、17日に憲法記念日を迎えるのにあわせ、ウェブサイト“Constitution Annotated Analysys and interpretation of the U.S. Constitution”を公開しました。

LCの議会調査局(CRS)では、議会からの指示を受け、議員と国民に重要な情報を提供することを目的に注釈付憲法を編集し、10年ごとに刊行していますが(累積版は2年ごと)、今回オンラインで公開したことにより、迅速に関連情報を提供できるようになるとしています。

New Website Makes the U.S. Constitution Searchable with Supreme Court Interpretations Throughout History (LC,2019/9/16)
https://www.loc.gov/item/prn-19-090

文化庁・宮内庁・読売新聞社による「紡ぐプロジェクト」の公式ウェブサイト「紡ぐ TSUMUGU:Japan Art & Culture」が公開:日本文化の世界を写真や動画も使って分かりやすく紹介

2019年8月20日、文化庁・宮内庁・読売新聞社による「紡ぐプロジェクト」の公式ウェブサイト「紡ぐ TSUMUGU:Japan Art & Culture」が公開されました。

日本文化の世界を写真や動画も使って分かりやすく伝えることを目的としており、文化庁、宮内庁および国立博物館や国立劇場の協力の下、専門家の監修を得ながら、読売新聞社が制作・運営を担当しています。

絵画・仏像・彫刻・書等をデジタル画像で紹介する「TSUMUGU Gallery」、美術館等で展示中の作品または上演中の歌舞伎などの伝統芸能の公演に関する情報からピックアップしたものを紹介する「今、観たい」、同プロジェクトが支援する文化財の修理の様子を継続的に紹介する「修理」、国内外の専門家や著名人らが日本の伝統文化を紹介する「美」「芸」「知る」「催し」「特集」といったコンテンツで構成されています。

また、多言語対応も予定しており、第1弾として英語版も今回公開されています。

堺市立図書館、同館ウェブサイトで全国各地の図書館で開催されている世界遺産に関連する催しを紹介

2019年7月24日、大阪府の堺市立図書館が、7月18日に開設した同館ウェブサイトの「百舌鳥古市古墳群世界遺産登録記念特設ページ」内に、全国各地の図書館で開催されている世界遺産に関連する催しを紹介した「全国各地の図書館での世界遺産ブックフェア」を掲載したことを発表しました。

「全国各地の図書館での世界遺産ブックフェア」では、同市等に所在する百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録に関連して、各地の図書館で開催されている催しが開催館の一覧、写真等による各開催館での催しの様子、各開催館へのリンク掲載により紹介されています。開催館の情報は随時追加掲載される予定です。

全国各地の図書館での世界遺産ブックフェアを掲載しました(堺市立図書館,2019/7/24)
http://www.city.sakai.lg.jp/kosodate/library/oshirase/regWorldHeritageFairEtc.html

堺市立図書館、同館ウェブサイトに「百舌鳥古市古墳群世界遺産登録記念特設ページ」を開設

2019年7月18日、大阪府の堺市立図書館が、7月に開催されたユネスコ世界遺産委員会において同市等に所在する百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産に登録されたことから、同館ウェブサイトに「百舌鳥古市古墳群世界遺産登録記念特設ページ」を開設しました。

中央図書館で開催している、百舌鳥・古市古墳群と日本の世界遺産を知るためのブックフェアやロビー展示、同館の「地域資料デジタルアーカイブ」で実施している「百舌鳥古市古墳群特集」、同館の電子書籍の貸出サービス(電子図書館)で行っている特集「電子書籍でめぐる世界遺産」、市役所ウェブサイトの関連ページへのリンクが設けられています。

百舌鳥古市古墳群世界遺産登録記念特設ページ(堺市立図書館,2019/7/18)
http://www.city.sakai.lg.jp/kosodate/library/oshirase/regWorldHeritageFair.html
※ページ開設のお知らせ

米国学校図書館員協会(AASL)、教育と学習に役立つウェブサイトとアプリの2019年版を発表

2019年6月20日、米国図書館協会(ALA)の米国学校図書館員協会(AASL)が、教育と学習に役立つウェブサイト23点とアプリ20点を発表しました。

学校図書館員と教師による学習やカリキュラムの開発に役立ち、AASLの学校図書館基準を支援するものが選定されています。

AASL announces 2019 Best Apps and Best Websites for Teaching & Learning(ALA, 2019/6/20)
http://www.ala.org/news/member-news/2019/06/aasl-announces-2019-best-app...

ウェブアクセシビリティ基盤委員会、Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.1の日本語訳を公開

2019年6月17日、ウェブアクセシビリティ基盤委員会が、Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.1の日本語訳を公開しました。

Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.1 の日本語訳を公開しました(ウェブアクセシビリティ基盤委員会,2019/6/17)
https://waic.jp/news/20190617/

Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.1 日本語訳
https://waic.jp/docs/WCAG21/

参考:
ウェブコンテンツアクセシビリティガイドライン(WCAG)2.1がW3C勧告に
Posted 2018年6月7日
http://current.ndl.go.jp/node/36120

日本図書館協会(JLA)図書館の自由委員会、「デジタルネットワーク環境における図書館利用のプライバシー保護ガイドライン」を公表

2019年6月17日、日本図書館協会(JLA)図書館の自由委員会は「デジタルネットワーク環境における図書館利用のプライバシー保護ガイドライン」(2019年5月24日付け)を公表しました。

デジタルネットワーク環境において、図書館利用のプライバシーを保護するために図書館が取り組むべき具体的内容を示すものとあり、以下の7章からなります。

1.はじめに
2.プライバシー保護の重要性
3.どんな場面で「個人情報」「利用情報」が収集されるか
4.収集した情報の管理
5.利用者による自己情報へのアクセスとコントロール
6.外部とのネットワーク
7.図書館員のプライバシー意識と図書館の体制

図書館の自由委員会(JLA)
http://www.jla.or.jp/committees/jiyu/tabid/182/Default.aspx
※2019年6月17日付けのお知らせに「デジタルネットワーク環境における図書館利用のプライバシー保護ガイドライン(2019年5月24日)を掲載しました」とあります。

【イベント】セミナー「デジタルネットワーク環境における図書館利用のプライバシー保護ガイドライン」(7/28・大阪、8/2・東京)

日本図書館協会(JLA)図書館の自由委員会は、セミナー「デジタルネットワーク環境における図書館利用のプライバシー保護ガイドライン」の開催を発表しています。

同委員会が「デジタルネットワーク環境における図書館利用のプライバシー保護ガイドライン」を近く公表することから、セミナーではガイドラインについて解説を行い、今後の図書館サービスの現場で具体的に活用されることを目指すとしています。

第1回は2019年7月28日に大阪私学会館(大阪市都島区)で、第2回は8月2日に日本図書館協会(東京都中央区)において開催され、第1回、第2回は同一内容とあります。また、参加に当たっては資料代として500円が必要です。

ページ