ハンガリー

ハンガリーのコンソーシアムEISZと米国化学会(ACS)の出版部門、試験的なオープンアクセス(OA)出版等に関する「転換契約」を締結

2019年11月12日、ハンガリーのコンソーシアムEISZ(Electronic Information Service National Programme)と米国化学会(ACS)の出版部門は、試験的なオープンアクセス(OA)出版等に関する「転換契約(transformative agreement)」を締結することを発表しました。

EISZのウェブサイト上で公開されたライセンスアグリーメントによると、契約期間は2019年から2021年までの3年間です。契約期間中、ハンガリー国内の7機関に所属する研究者は、ACSが刊行する主要な学術誌へのアクセスが可能となります。また、自身が責任著者である論文について、ACSが提供する即時OAの促進に関するプログラム“Consortia Offset Benefit Program”により、一定の条件の下で、追加費用を支払することなくACSが刊行する60以上の学術雑誌でCC-BYライセンスを付与した論文のOA化等が可能になります。

ハンガリーのコンソーシアムEISZとElsevier社、オープンアクセス(OA)出版等に関する試験的なナショナルライセンス契約を締結

2019年10月31日、ハンガリーのコンソーシアムEISZ(Electronic Information Service National Programme)とElsevier社は、オープンアクセス(OA)出版等に関する試験的なナショナルライセンス契約を締結したことを発表しました。

契約期間は3年間で、EISZ加盟機関に所属する研究者は、Elsevier社のScienceDirectから2,500誌以上のジャーナルに掲載された1,600万件の文献へアクセス可能になります。また、同社が提供する文献データベースScopusや研究分析ツールSciValへも契約期間中アクセスすることが可能になります。

この試験契約はOA出版に関わる内容も含んでいます。試験契約への合意により、ハンガリー国内44機関に所属する研究者は、Elsevier社が刊行する1,700タイトル以上の学術雑誌で、投稿日が2019年7月1日以降の論文について、論文処理費用(APC)を支払うことなくOA化することが可能になります。

【イベント】国際ワークショップ「民博が所蔵するアイヌ民族資料の形成と記録の再検討――データベースとその活用」(9/15・吹田)

2019年9月15日に、大阪府吹田市の国立民族学博物館において、国際ワークショップ「民博が所蔵するアイヌ民族資料の形成と記録の再検討――データベースとその活用」が開催されます。

同館では、所蔵するアイヌ民族に関連する5,000点以上の標本資料について、2016年度から2019年度までの4年計画で資料情報を充実させ、アイヌ文化に関心をもつ人びとが利用しやすいデータベースを提供する準備を進めています。ワークショップでは、国内外のアイヌ資料所蔵機関の資料情報の整理・公開状況や将来的な連携のあり方などについて事例報告や討論をとおして課題の共有とともに、同館所蔵アイヌ資料の試作版データベースや古い資料(コレクションの成り立ち)を研究する意義と可能性についての検討が行われます。

参加には事前の申し込みが必要です。

主な内容は以下の通りです。

・趣旨説明および「民博所蔵アイヌ民族資料データベース」試作版について 齋藤玲子氏(国立民族学博物館准教授)

・特別報告「100年前のアイヌ資料収集 バラートシ・バログのフィールドワークをたどって」 ダヴィド・ショムファイ氏(ハンガリー科学アカデミー民族学研究所/民博外国人研究員)

・コメントおよび質疑応答

ハンガリーのコンソーシアムEISZとElsevier社、試験的なオープンアクセス(OA)出版に関する契約締結に向けた覚書に署名

2019年7月4日、ハンガリーのコンソーシアムEISZ(Electronic Information Service National Programme)とElsevier社は、試験的なオープンアクセス(OA)出版に関する契約締結に向けた覚書(Memorandum of Understanding)に署名したことを発表しました。

この覚書への署名により、EISZ加盟機関に所属する研究者はSciVal、ScopusといったElsevier社の製品が利用可能になっています。また、同社のScienceDirectから2,500誌以上のジャーナルに掲載された1,600万件の文献へのアクセスも可能です。契約交渉の帰結後、ハンガリーの研究者による同社ジャーナルへの“cost neutral”なオープンアクセス(OA)出版支援など、さらなる詳細が発表される予定です。

EISZのウェブサイトで公開されている覚書によると、2019年9月までにこの覚書で確認した共通見解等の反映されたコンソーシアムレベルの合意へ到達することが共通目標である、とされています。

国際図書館連盟(IFLA)、「グリーンライブラリー賞2019」の受賞館を発表:コロンビアの“Biblioteca Pública Municipal Daniel Guillard”

2019年6月9日、国際図書館連盟(IFLA)の環境・持続可能性と図書館(ENSULIB)に関する専門部会が、「グリーンライブラリー賞2019」の受賞館に、コロンビア・カリの“Biblioteca Pública Municipal Daniel Guillard”を選んだと発表しています。

オーストリア、ボツワナ、ブルガリア、コロンビア、エジプト、フランス(レユニオン)、ハンガリー、インド、イラン、アイルランド、カザフスタン、マレーシア、メキシコ、ナイジェリア、パキスタン、ポルトガル、ルーマニア、セルビア、シンガポール、スロベニア、南アフリカ、米国からの34の申請の中から、同館の、情報リテラシー・エコリテラシー・読書を組み合わせた事業“Gaia- En mi biblioteca la tierra tambien es de todos”が、持続可能性への意識を喚起し、グリーンな活動に対して目に見える効果をもたらすためにすべての世代・コミュニティを巻き込むものであると評価され選出されたものです。

審査員は、同館は、多くの社会的・経済的問題に直面している地域に力を与えるため、環境にやさしい地域を再建することや、大規模な経済的手段なしでの社会的・経済的条件を改善することを重視していると述べています。

ハンガリーのコンソーシアムEISZ、Wiley社とオープンアクセス(OA)出版等で合意

2019年3月1日、ハンガリーのコンソーシアムEISZ(Electronic Information Service National Programme)が、Wiley社とのオープンアクセス(OA)出版及び購読契約に関する契約の締結を発表しました。

契約は3年間で、13のEISZ加盟機関の研究者は、Wiley社の電子ジャーナルの閲覧と、Wiley社の電子ジャーナルでのOA出版が可能となる内容です。

Wiley社では該当する研究者を自動的に識別し、無料でOA出版する条件を通知するプラットフォームなどの新しい技術への投資を続けるとしています。またEISZの加盟機関では、アカウントを簡単に管理し、速やかに承認し、詳細なレポートを作成するオープンアクセスアカウントダッシュボードを利用できます。

国際図書館連盟(IFLA)、「グリーンライブラリー賞2018」の受賞館を発表:中国・佛山市図書館(Foshan Library)

2017年7月19日、国際図書館連盟(IFLA)の「環境の持続可能性と図書館」(Environmental Sustainability and Libraries:ENSULIB)に関する専門部会が、「グリーンライブラリー賞2018」の受賞館に、中国広東省の佛山市図書館(Foshan Library)を選んだと発表しています。

同館による、建物周辺の緑豊かな環境、建物の環境にやさしいデザインや運営、環境保護に関するアドヴォカシー活動が評価されています。

その他、上位入賞5館も以下の通り発表されています。

ヨージェフ・アティッラ郡・市図書館(ハンガリー・タタバーニャ)

Biblioteca Comunala Sirna(ルーマニア・プラホヴァ県)

ザグレブ国立・大学図書館(クロアチア・ザグレブ)

イラン国立図書館・公文書館(イラン・テヘラン)

ユナイテッドステイツ国際大学アフリカ校図書館(ケニア・ナイロビ)

ハンガリーの機関リポジトリ(記事紹介)

OpenAIREのブログに2017年7月12日付けで、ハンガリーの機関リポジトリに関する調査の結果を紹介する記事が掲載されています。

この調査は、2017年2月から3月にかけて、ハンガリーの国立図書館でもあるデブレツェン大学(University of Debrecen)図書館が実施しました。ハンガリーの機関リポジトリのネットワーク形成のためのコンソーシアムHUNOR(HUNgarian Open Repositories)のメンバーを対象にオンライン調査を実施し、23の回答を得ました。

次のような結果が紹介されています。

・農学、人文科学、神学などの分野をカバーしている
・収録しているコンテンツのうちオープンアクセスのコンテンツが占める割合が90%以上なのは、5のリポジトリである
・雑誌記事、図書、図書の一部の章、学位論文などが主に収録されている

Landscape of Hungarian Repositories 2017(OpenAIRE Blog, 2017/7/12)
https://blogs.openaire.eu/?p=2071

ハンガリーのオープンアクセスの状況

OpenAIREのブログに、ハンガリー科学アカデミー(MTA)のオープンアクセス(OA)義務化に関する記事が掲載されています。

MTAは、学会であり、また一連の研究機関を運営するほか、研究資金の助成も行っています。OAが義務化されているのは2013年以降に公開された、MTAの研究者やその助成を受けた研究グループの研究成果です。ハンガリー国内では、ほかにUniversity of DebrecenとUniversity of SzegedがOAを義務化しています。

MTAのOA方針は2016年に更新されましたが、その主な変更点は次のとおりです。

・人文科学・社会科学分野は、自然科学分野(1年)よりも長いエンバーゴ期間(2年)が設定可能
・CC BY-NC-NDよりもオープンなライセンスが必要
・OAとしない場合は研究機関の長の許可が必要
・OAジャーナル、ハンガリー国内のリポジトリ、国際的なリポジトリなどで公開しなければならない

2014年と2015年は、MTAの文献の60%弱がOA方針に従っています。また、主要な6大学については、2015年の研究成果のうち13%から30%がOAとなっています。

“Happy”ダンス、公共図書館Ver. 続々と?

ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)の“Happy”という曲で図書館員や図書館利用者が踊る模様をまとめた動画を、米国の図書館ニュースに関するブログ“LISNews”が集めているようです。ポートワシントン公共図書館の動画の紹介に続いて、ハンガリーのBrody Sandor Public Library、米国ノースカロライナ州のGaston County Public Libraryの動画が紹介されています。

Brody Sandor Public Library(ハンガリー)バージョン (2014/4/21付け公開)
https://www.youtube.com/watch?v=1evLp-ycbuQ
(LISNews)
http://lisnews.org/happy_from_a_hungarian_public_library

Gaston County Public Library バージョン (2014/4/21付け公開)
https://www.youtube.com/watch?v=20gSINkfjtI
(LISNews)
http://lisnews.org/and_more_happy_librarians_patronsin_gastonia_nc

参考:

ページ