ラトビア

E1425 - 農家の生活向上を支援する各国の公共図書館サービス5事例

農業が基幹産業である地域にとって,農家の生活や所得の向上は重要な課題である。農業発展への取組みのパートナーとして,公共図書館に着目する動きがある。国際NGOであるEIFL(Electronic Information for Libraries)の公共図書館イノベーションプログラム(PLIP)では,ICTを活用して農業支援プログラムに取り組む各国の図書館に着目し,複数の革新的なプログラムに対し資金提供をするなどして,支援している。2011年から2012年にかけて行われたEIFLから1万5,000米ドルの助成金が提供された5つの事例について,それらが農家の生活・所得向上に貢献したことが報告されている。その中には,ベーシックなICTの利活用の研修プログラムから,日本にはあまり見られない実践も含まれており,興味深い。...

農家を支援する5つの公共図書館―EIFL公共図書館イノベーションプログラムの評価結果より

2013年4月8日、Beyond Accessが、EIFL-PLIP(EIFLの公共図書館イノベーションプログラム)の2011-2012年の助成図書館の評価を紹介しています。

助成図書館として紹介しているのは、農家支援を行なった5つの公共図書館です。その5館とは、オーガニック農法とオンライン販売への関心を高める農家にモバイルでのICT研修を提供したアルメニアのBerd Public Library、遠隔地の農家に対してインターネット等の使い方支援をしたコロンビアのPublic Library Laboratorio del Espiritu、ウェビナーを利用して農家と農業の専門家との橋渡しをしたラトビアのKlintaine Public Library、農家向けにモバイルでの情報提供とビジネス支援サービスを提供したリトアニアのPasvalys Marius Katiliskis Public Library、INFOBUSという図書館バスで農村をめぐり農家が助成金を得る支援をしたマケドニアのRegional public and university library Goce Delcev-Stipです。

欧州電子学位論文ポータルサイトDART-Europeにブルガリア、ラトビア、スロベニアが参加

欧州の電子学位論文のポータルサイト“DART-Europe”に新しくブルガリア、ラトビア、スロベニアの3か国が参加しました。現在、27か国の441大学が参加し、324,308点の学位論文がオープンアクセスで公開されています。

3 new EU countries join DART-Europe portal(LIBER 2012/9/16付け記事)
http://www.libereurope.eu/news/3-new-eu-countries-join-dart-europe-portal

DART-Europe
http://www.dart-europe.eu/

ユネスコが支援するラトビア国立図書館プロジェクト

2010年3月18日ラトビアの首都リガで、「ラトビア国立図書館プロジェクト」のユネスコ国際専門家会議が開催されました。「ラトビア国立図書館プロジェクト」は10年前に、図書館の建て替え、国家規模での図書館情報ネットワークの整備、電子図書館の構築などを目標に、ユネスコの援助の下スタートしました。今回で7回目の開催となる国際専門家会議は、特に資金面とコミュニケーション面から、プロジェクトの推進に貢献してきました。2008年には、図書館の建て替えがスタートし、新しい建物が2013年~2014年にオープンする見込みだということです。

International experts discussed advancement of National Library of Latvia project(ユネスコのニュースリリース)
http://portal.unesco.org/ci/en/ev.php-URL_ID=29750&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html

ページ