Twitter

E1042 - 米国議会図書館,Twitterの全公開ツイートを保存へ

米国議会図書館(LC)は2010年4月15日,ソーシャルメディアの1つであるTwitterから,公開設定の全てのツイート(Twitterに投稿された140字以内のメッセージ)のアーカイブの寄贈を受けることを公式発表した。全てのツイートとは,2006年のTwitterのサービス開始から,今後も増え続けていくツイート全部,を意味する。...

Twitter上での読書クラブ“One book, One Twitter”

1つの作品を多くの人が同時に読んでTwitter上で意見交換などを行おうという試み“One book, One Twitter”がこの夏に開催予定とのことです。現在、10の候補作品が挙げられており、作品決定のための投票を4月27日まで受け付けているとのことです。この試みは、一つの作品を選び地域全体での読書を推進するプログラムとして実施されている“One book, One Community”や“Big Read”のTwitter版として、Wired誌のライターJeff Howe氏が呼びかけているものです。

Big Read Comes to Twitter(2010/4/14付けPublishers Weeklyの記事)
http://www.publishersweekly.com/article/456434-Big_Read_Comes_to_Twitter.php

One Book, One Twitter: Let the Voting Begin!(2010/4/13付けWired.comの記事)
http://www.wired.com/epicenter/2010/04/one-book-one-twitter-let-the-voting-begin/

あのときみんながつぶやいていたことは?-Twitterのアーカイブを使ったGoogleの新サービス

Googleは、Twitterの公開ツイートのアーカイブを利用した新サービスを開始するということです。あるトピックに関するツイートを検索し、さらにそれを時系列に表示できるというもので、数日のうちに世界中で利用できるようになるということです(ただし、サービスのページは英語のみ)。デモ版はすぐに試すことができます。

Replay it: Google search across the Twitter archive
- Official Google Blog 2010/4/14付けの記事
http://googleblog.blogspot.com/2010/04/replay-it-google-search-across-twitter.html

米国議会図書館(LC)、Twitterの公開ツイートの全てをアーカイブ化へ

米国議会図書館(LC)が、2006年3月にTwitterが開始されて以来の、公開されたツイート(tweet)の全てをアーカイブ化する方針とのことです。学術・研究目的での使用が想定されているようです。

How Tweet It Is!: Library Acquires Entire Twitter Archive(2010/4/14付けLCのブログの記事)
http://www.loc.gov/tweet/how-tweet-it-is.html

Twitterのパブリックデータを米国会図書館が獲得(2010/4/15付けITmedia Newsの記事)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1004/15/news016.html

Tweet Preservation(2010/4/14付けTwitterブログの記事)
http://blog.twitter.com/2010/04/tweet-preservation.html

Library of Congress Acquires Donated Twitter Archives(2010/4/14付けLibrary Journalの記事)
http://www.libraryjournal.com/article/CA6726233.html

国立情報学研究所(NII)、公式のTwitterを開始

国立情報学研究所(NII)が、公式のTwitterアカウントでの情報発信を開始しています。

国立情報学研究所NII(公式)(jouhouken)on Twitter
http://twitter.com/jouhouken

国立情報学研究所(PICK UP欄に「ツイッターはじめました。」あり)
http://www.nii.ac.jp/

【2010/3/29追記】
NIIの論文情報ナビゲータCiNiiの公式Twitterも開始されています。
CiNii(cinii_jp)on Twitter
http://twitter.com/cinii_jp

米国の公共図書館のつぶやき、1番人気はニューヨーク公共図書館

米国の調査会社NFI Researchの調べによると、Twitterのフォロワーが最も多い米国の公共図書館は、調査時点で19,000人以上にフォローされていたニューヨーク公共図書館だとのことです。以下、ヒューストン公共図書館(4,000人以上)、コロンバス図書館(3,000人以上)と続いています。

Top Public Libraries on Twitter(iLibrarian 2010/2/27付けの記事)
http://oedb.org/blogs/ilibrarian/2010/top-public-libraries-on-twitter/

米国の連邦政府議会議員のTwitter使用率は38%

米国議会図書館(LC)の議会調査局(CRS)による、連邦政府議会議員のTwitter使用状況についてのレポートが公表されています。2009年の8月と9月の2か月間について調査したもので、上院・下院をあわせて、総数の約38%に相当する205人の議員がTwitterのアカウントを持っていたとのことです。Tweetの内容では、選挙区や地元州での活動、政策についての発言、メディア出演予告などが多く、フォロワー数は1000人から3000人程度が多いようです。

Social Networking and Constituent Communications: Member Use of Twitter During a Two-Month Period in the 111th Congress(2010/2/3付けCRSレポート)
http://www.fas.org/sgp/crs/misc/R41066.pdf

UPDATE: Social Networking and Constituent Communications: Member Use of Twitter During a Two-Month Period in the 111th Congress(2010/2/5付けResourceShelfの記事)

Twitterを使用している図書館のリスト(米国版/米国以外版)

米国オレゴン州立大学のLindy Brown氏によるブログ“Circulation”で、Twitterを使用している図書館のリストが掲載されています。米国版と米国以外版があり、米国版では約480、米国以外版では約70の図書館がリンク付きで紹介されています。

Libraries on Twitter (updated list)(米国版)
http://lindybrown.com/blog/2009/01/libraries-on-twitter-updated-list/

International Twittering Libraries(米国以外版)
http://lindybrown.com/blog/2009/03/international-twittering-libraries/

「2009年の単語」は“tweet”、「00年代の単語」は“google”(米国)

米国方言学会(American Dialect Society)が毎年発表しており今回が第20回目となる「今年の単語(the word of the year)」に、2009年は“tweet”が選ばれたとのことです。また、「この10年間の単語(the word of the decade)」には、“google”が選ばれています。ちなみに、“tweet”は、「【名詞】Twitter.comサービスにより発信される短いメッセージ【動詞】そのメッセージを送ること」、 “google”は、「“Google”が一般化したもので、インターネットを検索すること」と定義されています。

2009 Word of the Year is “tweet”; Word of the Decade is “google”
http://www.americandialect.org/index.php/amerdial/2009_word_of_the_year_is_tweet_word_of_the_decade_is_google/

American Dialect Society Votes “tweet” 2009 Word of the Year; Word of the Decade “google”(2010/1/8付けResourceShelfの記事)

経済産業省、「電子経済産業省アイディアボックス」に関連してTwitterを開始

経済産業省が、電子政府の取組みに関する意見募集等を行った「電子経済産業省アイディアボックス」のフォローアップの一環として、2009年11月25日から、Twitterの使用(試験的)を始めています。「Twitterの活用は、日本の府省で初の試みです」とのことです。

ideaboxFU
http://twitter.com/ideaboxFU

電子経済産業省アイディアボックスブログ
http://d.hatena.ne.jp/ideaboxFU/

電子経済産業省アイディアボックス
http://www.open-meti.go.jp/

ページ