メタデータ

ブログや画像、映像を横断検索できる検索エンジン

日本経済新聞 2006年5月23日付け近畿経済・京滋面(33頁)で、京都大学情報学研究科の田中克己教授らのグループが開発した検索エンジンが紹介されています。記事およびプロジェクトのウェブサイトの情報によると、(1)異なるメディア間の情報を横断的、網羅的に検索し、個々の情報の信用…

音楽「指紋」技術によるデジタル音源の識別

米の大手インターネット音楽配信サイト“MusicIP”が4月3日、音楽を録音されている音で「指紋」のように識別する技術の特許を取得したと発表しました。MusicIPは、この技術を“Open Fingerprint Architecture”としてオープンソース化するそうです。この技術により、デジタル音源については言語・フォ…

METS Navigatorベータ版リリース

LCが推進しているメタデータ標準「METS」用ソフトとして、米インディアナ大学が開発していた「METS Navigator」のベータ版がリリースされています。METS形式のデータを構造化して表示するとともに、デジタルコンテンツのページ送りなどの操作もできるようです。METS Navigatorhttp://metsnavigator.sourceforge

メタデータ、メタサーチの初歩

メタデータ及びメタサーチの概要を説明した文書がありました。'Marketing' with Metadata - How Metadata Can Increase Exposure and Visibility of Online Content.http://www.icbl.hw.ac.uk/perx/advocacy/exposingmetadata.htm

CA1565 - RSSの発展と図書館サービスへの応用 / 田邊稔

近年,XML,メタデータ,リンキング,RSSなど,ウェブ情報提供技術の進化は目ざましく,これらの技術を用いたサービスも,Google・Yahoo!検索,ブログ,コンテンツマネージメントシステム(CMS),ソーシャルネットワーキングシステム(SNS),XMLウェブサービス,セマンティックウェブ等々枚挙…

CA1561 - 動向レビュー:デジタル資料保存リポジトリの動向 / 栗山正光

1. リポジトリという言葉についてデジタル資料を収集・保存する仕組みに対して,リポジトリ(repository)という語が最近よく使われる。これは辞書によれば,貯蔵所,集積所,倉庫などといった意味で,文書館を示すアーカイブ(archive),図書館を示すライブラリ(library)などよりも広い概念を表す…

CA1552 - 動向レビュー:MARCとメタデータのクロスウォーク / 佐藤康之

1. はじめに今日の学術情報を取り巻く環境においては,ウェブや電子ジャーナルなどの電子資源の拡大に伴い,個々のコミュニティやそのニーズに対応する多くのメタデータが開発されている。これらのメタデータの拡大により図書館員の感じる不安の多くは,メタデータの一種であるMARCやそ…

CA1551 - 「2004年ダブリンコア・メタデータ応用国際会議」(DC-2004)開催される / 坂本博

平成16年10月11日から14日まで上海図書館において開かれた標記会議に出席したので報告する。この会議は上海図書館が主催し,中国科学院文献情報センター,中国国家科技図書文献センター,ダブリンコア・メタデータ・イニシアティブ(Dublin Core Metadata Initiative: DCMI)の他,上海の二大電子メーカ…

CA1527 - 動向レビュー:DSpaceをめぐる動向 / 荘司雅之

はじめにDSpaceとは,マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology: MIT)図書館とヒューレット・パッカード(Hewlett-Packard: HP)研究所が共同で開発した,デジタル学術資料を対象とする機関リポジトリ・システムである(1)。このシステムは,誰でもダウンロードして利用できる(2)オープ…

CA1513 - 動向レビュー:OAI-PMHをめぐる動向 / 尾城孝一

はじめにOAI-PMH(Open Archives Initiative Protocol for Metadata Harvesting)は,OAI(Open Archives Initiative)(1)が策定したメタデータ収集(メタデータ・ハーベスティング)のためのプロトコル(規約)である。2002年6月に第2版(2)(3)が公表されて以来,OAI-PMHを採用する機関,プロジェクトの数は上昇の一途をたど…

ページ