メタデータ

世界48か国の機関リポジトリから文献情報を収集・提供するサイト“Scientific Commons”

2006年にスイスのSt.Gallen大学が公開した“Scientific Commons”(間にスペースの入らない“ScientificCommons”表記もあり)では、2007年1月24日現在、日本の14機関のリポジトリを含む世界の48か国、842機関のリポジトリに収録されている文献およそ1,350万件のメタデータ・本文データが検索できるようになっ…

長崎大学附属図書館の幕末・明治期日本古写真コレクションデータベース

長崎大学附属図書館の「幕末・明治期日本古写真コレクション」が、Dublin Core準拠のメタデータを新たに付与し、デザインを一新して公開しています。長崎新聞によると、2007年の秋から、データベースに登録されている写真について、学校教育や生涯学習の教材として広く活用できるよう、複写…

公的助成による研究成果のOA化を求める動き、EUでも

欧州研究諮問委員会(EURAB)は欧州委員会に対し、現在進められている研究枠組プログラム“Seventh Framework Programme (FP7) ”の助成を受けた研究成果を、オープンアクセスで公開するために、EU指令の発令を勧告したと発表しました。具体的にはFP7の成果物を、出版後すみやかに、もしくはアクセス…

LC、PREMISメタデータ辞書の権利関係要素についてのレポートを発表

米国議会図書館(LC)が、デジタル情報保存の活動を行っているPREMIS(The Preservation Metadata: Implementation Strategies)の一環として、保存メタデータの権利関係要素についてのレポートを発表しています。PREMISは2005年に保存メタデータのコア要素についてのデータ辞書を発表していますが、今回のレポ…

FRBRとFOAFを使った音楽オントロジモデル

FRBRとFOAF(Friend of a Friend: 自分や知人の属性や関係を表現するメタデータ)を使い、音楽を表現するオントロジモデルを、カナダのコンピュータ科学者・ジャッソン(Frederick Giasson)氏が作成しています。Major revision (1.01) of the Music Ontologyhttp://fgiasson.com/blog/index.php/2007/01/06/major_revision_1_01_of_the_music_on

ICADL2006京都大会の紹介記事

京都大学を会場に開催された第9回アジア電子図書館国際会議(9th International Conference on Asian Digital Libraries:ICADL2006)の紹介記事が、MYCOM ジャーナル誌で連載されています。ICADL2006 - 京都のデジタルアーカイブ - 長尾真教授 講演http://journal.mycom.co.jp/articles/2006/12/18/icadl1/ICADL2006 - アウラリー: フォー…

MARCからMODS Ver3.2へのマッピング

米国議会図書館(LC)が、MARCからMODS(Ver3.2)、MARCXMLからMODS(Ver3.2)へのマッピングツールを公開しました。MARC Mapping to MODS Version 3.2http://www.loc.gov/standards/mods/mods-mapping.htmlMARCXML to MODS (version 3.2)http://www.loc.gov/standards/mods/v3/MARC21slim2MODS3-2.xslMODS Metadata Object Description Schema - Official Web Sitehttp://www.loc.gov/s

ScirusとCrossRefが提携

エルゼビア社は、学術情報検索エンジン“Scirus”とCrossRefとの提携を発表しました。CrossRefのメタデータを利用することにより、Scirusの品質が維持され、研究者や学生の利益が向上すると、エルゼビア社はコメントしています。Scirus and CrossRef Announce Web Services Partnershiphttp://www.info.scirus.com/news/inthenew

平成18年度学術情報データベース実態調査(NII)

国立情報学研究所(NII)が10月31日まで、「平成18年度学術情報データベース実態調査」を行っています。調査結果は「大学Webサイト資源検索: JuNii」で公開される予定であり、また統計分析結果も公開されるとのことです。ちなみに平成12(2000)年から昨年までの実態調査報告書は、すでに公開さ…

FRBRに準拠したeprintのモデル化の試み(英国)

英国情報システム合同委員会(JISC)のデジタルリポジトリプログラムの助成を受けている“Eprints Application Profile Working Group”は、eprint(デジタル形式の査読付き研究論文)、特に機関リポジトリに収録されるeprintに対し、どのようなメタデータや引用・参照を付与するべきかについて研究を行っ…

ページ