博物館

国際ブルーシールド委員会、エジプト情勢を憂慮する声明を発表

2011年1月31日に、国際ブルーシールド委員会(International Committee of the Blue Shield)が、エジプト情勢を憂慮する声明を発表しています。国際ブルーシールド委員会のウェブサイトに掲載されたニュースでは、エジプトの重要な博物館等が略奪の被害にあっている一方で、それらを守る活動が市民によって行われていることを踏まえ、それらの保護活動が、文化財に対する市民の愛情を表しているだけでなく、混乱の渦中にあっては、文化施設や記念建造物はもろいものであることを示していると述べられているようです。そして、国際ブルーシールド委員会は、エジプトのもつ文化財が失われることは人類共有の記憶が失われることであると述べ、エジプト社会のすべての機関に対して、文化財を破壊から守るためのあらゆる活動を行うことを求めるとともに、博物館や他の文化施設を守ろうとした、カイロ市民の勇気ある行動を称え、その活動を続けるよう呼び掛けているようです。

Blue Shield Statement on Egypt - 31 January 2011 (2011/1/31付け Blue Shieldのニュース)

E1143 - 「デジタルルネサンス」に向けた欧州委員会への提言

 2011年1月10日,欧州委員会(EC)情報社会・メディア総局の有識者委員会(Comite des Sages)が,報告書“The New Renaissance”をECへ提出した。報告書では,博物館,図書館,文書館等の文化機関の所蔵資料をデジタル化して公開することが,文化や知識へのアクセス向上につながり,教育面でも大きな効果があること,また,デジタル化の新たな技術とサービスの発展に寄与するとして,経済的な利益をもたらすものであると述べられている。そして報告書では,その環境整備のために,6項目の提言が示されている。各項目の主たる内容は次の通りである。...

Google、美術館内部のヴァーチャルツアーと作品鑑賞等ができる“Art Project”を公開

Googleが、博物館・美術館内部を見学し、作品を鑑賞できる“Art Project”を公開しました。これは、Google Street Viewを使い、世界の博物館・美術館17館の内部をヴァーチャルツアーをすることができるものとのことです。また、各機関の所蔵している1000点以上の作品をデジタル画像で鑑賞できたり、お気に入りの作品を登録する、「コレクション機能」もあるようです。参加している機関は、米国のニューヨーク近代美術館やメトロポリタン美術館、スペイン・マドリードのソフィア王妃芸術センター、イタリア・フィレンツェのウフィツィ美術館、オランダ・アムステルダムのゴッホ美術館等とのことです。

Art Project
http://www.googleartproject.com/

Explore museums and great works of art in the Google Art Project (2011/2/1付け Google Blogの記事)
http://googleblog.blogspot.com/2011/02/explore-museums-and-great-works-of-art.html

View the World's Art Without Leaving Home (2011/2/1付け ABC Newsの記事)

Europeana、デジタル化された現代美術作品の提供へ

デジタル化した欧州の文化遺産をオンラインで提供する“Europeana”に、新たなデジタル化プロジェクト“Digitising Contemporary Art (DCA)”がパートナーとして加わるようです。2011年1月31日付けのEuropeanaのニュースによると、欧州委員会(EC)とDCAのコンソーシアムがDCAプロジェクトを立ち上げたとのことで、DCAプロジェクトでは、今後30か月以上にわたって、博物館や美術関係機関の21機関が、約27,000件の現代美術作品と2,000件の関係資料をデジタル化し、Europeanaポータルを通じてそれらの作品を提供するとのことです。

Digitaising Contemporary Art (Project) - Centre of Expertise in Digital Heritage
http://www.packed.be/en/news/detail/digitising_contemporary_art/actual_news/

A new Europeana partner project launched (2011/1/31付け Europeanaのニュース)

東京大学医学部・医学部附属病院が「健康と医学の博物館」を開館

2011年1月20日に、東京大学医学部・医学部附属病院が、常設で「健康と医学の博物館」をオープンしたようです。これは、東京大学医学部・医学部附属病院が創立150周年を迎えるにあたって、その記念事業の一環として行われたもので、同館では、近代から現代にわたる日本の医学の発展における同大学医学部・医学部附属病院の貢献について紹介すると共に、医学・医療をわかりやすく紹介するトピック形式の企画展示を行うとのことです。

健康と医学の博物館
http://mhm.m.u-tokyo.ac.jp/

東京大学医学部・医学部附属病院「健康と医学の博物館」開館のお知らせ (2011/1/20付け 東京大学医学部付属病院のプレスリリース)
http://www.h.u-tokyo.ac.jp/press/press_archives/20110120.html

庭園の美しい世界のミュージアム(記事紹介)

2011年1月14日付けのHuffingto Postに、「庭園の美しい世界のミュージアム」と題された記事が掲載されています。米国ボストンの“Isabella Stewart Gardner Museum”やロサンゼルスの“Huntington Library and Botanical Gardens in Pasadena”等、11の博物館・美術館が写真と共に紹介されています。

Most Beautiful Museum Gardens Around The World (PHOTOS) (2011/1/14付け Huffington Postの記事)
http://www.huffingtonpost.com/2011/01/14/most-beautiful-museum-gar_n_807432.html

ドイツのコンピュータゲーム博物館に常設展示施設がオープン

2011年1月21日に、ドイツのベルリンにあるコンピュータゲーム博物館(Computerspielemuseum)に、常設展示施設が新たにオープンするとのことです。常設展示は「コンピュータゲーム。メディアの進化」(“Computerspiele. Evolution eines Mediums”)いう名称で、コンピュータゲームの歴史を伝える300を超える展示物があり、ゲームの体験もできるようです。

Computerspielemuseum(英語サイト)
http://www.computerspielemuseum.de/index.php?lg=en

Wenn Pac-Man und die Lemminge reif fürs Museum sind(2011/1/20付けtagesschau.deの記事。動画あり)
http://www.tagesschau.de/inland/computerspielemuseum100.html

東京国立博物館、iPhoneアプリを2つ同時に公開

2011年1月20日に、東京国立博物館が、2つのiPhoneアプリを公開したと発表しました。一つは、東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館、九州国立博物館の4館が所蔵している国宝や重要文化財を、高精細画像で鑑賞できる「e国宝」のアプリとのことです。もう一つが、「東京国立博物館 法隆寺宝物館30分ナビ」とのことです。これは、同館の法隆寺宝物館の展示室で視聴するためのアプリで、館内に展示されている代表的な作品7つを動画で紹介し、展示室で「実物」と向き合う鑑賞体験を手助けをするものとなっているようです。なお、2つとも無料でダウンロードできるようです。

博物館をもっと満喫! 2つのiPhoneアプリが同時リリース (2011/1/20付け 東京国立博物館のお知らせ)
http://www.tnm.go.jp/jp/misc/20110120i-app.html

Copac、検索対象に英国ナショナル・ポートレート・ギャラリー図書室の所蔵資料を追加

英国の大学図書館コンソーシアム(Consortium of University Research Libraries:CURL)の総合目録“Copac”の検索対象に、ナショナル・ポートレート・ギャラリー(National Portrait Gallery)のハインツ・アーカイブと図書室“Heinz Archive and Library”の所蔵資料が追加されたようです。同室では、1856年から資料を収集し、約35,000冊の図書や展示目録、150の雑誌等を所蔵しているとのことです。

National Portrait Gallery library holdings loaded(Copacのニュースリリース)
http://copac.ac.uk/news/2011/01/national-portrait-gallery-library-holdings-loaded/

Copac National, Academic, and Specialist Library Catalogue
http://copac.ac.uk/

National Portrait Gallery(日本語)
http://www.npg.org.uk/footer/japanese.php

参考:

オーストラリア・クイーンズランド州での洪水による図書館の被害状況

オーストラリアの各紙やオーストラリア図書館協会(ALIA)のブログ記事が、クイーンズランド州における洪水による図書館や美術館等の被害状況について報じています。それによると、1月10日までに、州内の約25の学校図書館が洪水被害を受けており、そのうち数館は壊滅的被害を受けている、クイーンズランド州立図書館は1月11日から14日まで閉館している、ブリスベーンの図書館や美術館等がコレクションを高台へ避難させる作業にあたっている、とのことです。また1月13日現在、クイーンズランド州立図書館のホームページにアクセスできなくなっているようです。この状況に対し、ALIAは協会のホームページ上で、ALIA参加メンバー等に対して寄付を呼び掛けているようです。

Floods (2011/1/11付け ALIA Bord Blogの記事)
http://www.alia.org.au/blog/?p=211

‘Situation continues to deteriorate’: QLD floods (2011/1/11付け Crikeyの記事)
http://www.crikey.com.au/2011/01/11/inland-instant-tsunami-devastates-southern-qld/

ページ