図書館広報

奈良県立図書情報館、開館10周年を記念したプロモーション映像作品の作成にあたり、「ジングル・ムービー」の撮影等を行うワークショップを開催

2015年9月19日、26日及び10月3日に、奈良県立図書情報館では、開館10周年を記念したプロモーション映像作品に収録する「ジングル・ムービー」をつくるワークショップを開催します。

「ジングル・ムービー」は、同館にまつわる活動を紹介する映像作品の章と章の間に挿入する短い映像で、10周年ということで「10秒」のものを「10本(くらい)」作成するとのことです。

講師を3名招き、撮影と編集は講師が行い、9月19日は企画会議を開催し、26日及び10月3日は、撮影が行われるようです。

定員は15名で、パントマイムや手品、ダンスなどといった特技を持っている人が歓迎されるとのことです。。

奈良県立図書情報館開館10周年記念 プロモーション映像制作ワークショップ 平成27年9月19日(土)、26日(土)、10月3日(土)(奈良県立図書情報館)
http://www.library.pref.nara.jp/event/1714

Facebook(奈良県立図書情報館, 2015/9/5)
https://www.facebook.com/library.pref.nara.jp/posts/417388005117532

参考:
奈良県立図書情報館、facebookとTwitterの運用を開始
Posted 2015年7月15日

大学図書館と利用者コミュニティをつなぐFacebook(記事紹介)

2015年8月27日付でEIFL(Electronic Information for Libraries)のブログに、“Facebook for libraries”と題した記事が掲載されています。

Facebook活用することによっては利用者コミュニティと効率的につながることができるとしていて、8月に筆者(Romy Beard氏)が複数の大学図書館関係者に聞き取った内容が紹介されています。

ADA大学図書館(アゼルバイジャン)、グラスゴー大学図書館(英国)マンチェスター大学図書館(英国)などの例が挙げられており、最後にTIPSとして、

・まずは、個人のアカウントを開設して、試用してみること
・館内でチームを作って、参画してもらうこと
・Facebookページを売り込むこと
 :例えば、ウェブサイトやEメールのほか図書館でポスター、チラシ等を配る
・学生協働を図ること
 :例えば、Facebook改善のため、学生の間で何が流行っているのか知るため、アルバイトの学生を雇う
・自信に満ちた語調を用いつつ、ユーモアある情報発信を行うこと
 :記事を投稿する際の語調は自信のある形、かつユーモアも必要である
・学生のスケジュールにあわせた発信内容とすること

東京都日比谷図書文化館で、「図書館員のためのPR講座&ファシリテーションの実践」 開催(9/29)

2015年9月29日、墨田区ひきふね図書館パートナーズが主催し、東京都の日比谷図書文化館で「図書館員のためのPR講座&ファシリテーションの実践」 が開催されます。

『図書館員のためのPR実践講座』の著者・仁上幸治氏による講演と同著作を用いた、ワークショップの二本立てで行われるようです。

定員は36名で、参加費は無料ですが、『図書館員のためのPR実践講座』の持参が必要とのことです。

9月29日 図書館員のためのPR講座&ファシリテーションの実践
http://kokucheese.com/event/index/331550/

Facebook(図書館パートナーズ, 2015/8/29)
https://www.facebook.com/libraryfacilitator/posts/942027335857868

東京都立図書館、Twitterアカウントのフォロワーが10,000アカウントに到達

2015年8月30日、東京都立図書館は同館のTwitterアカウント(tm_library)のフォロワーが10,000人に到達したと発表しています。

Twitter(tm_library, 2015/8/30)
https://twitter.com/tm_library/status/636843182282551296

Facebook(東京都立図書館, 2015/8/30)
https://www.facebook.com/tmlibrary/posts/1129236190424532/

山形県立図書館、図書館だより「本の森通信」を創刊

2015年8月20日、山形県立図書館は、図書館だより「本の森通信」を創刊しました。

図書館の魅力や図書館の裏側を伝えていくとのことで、初号は、初開催のイベントの様子、新規コーナー、図書館ボランティアの取組みの始動などについて写真とともに掲載されています。また、ホームページの活用方法等も掲載されています。

2015年3月に山形県図書館協議会でまとめられた「県立図書館の将来のあり方につい
て」に基づく取組みのようです。

図書館だより「本の森通信」創刊!!(山形県立図書館)
https://www.lib.pref.yamagata.jp/cgi-bin/cttcgi/info_back_content.cgi
http://www.lib.pref.yamagata.jp/contents/tayori/1.pdf
※2つ目のリンクは「本の森通信」です。

お知らせ一覧(山形県立図書館, ※2015/8/21付で「図書館だより「本の森通信」創刊!!」とあります。)
https://www.lib.pref.yamagata.jp/osirase/index.html

Facebook(山形県立図書館, 2015/8/21)

図書館総合展運営委員会、第17回図書館総合展で「図書館キャラクターグランプリ」を開催 応募受付中

2015年11月10日から12日まで開催される第17回図書館総合展で、運営委員会主催で「図書館キャラクターグランプリ」が開催されます。「働き方は、ゆるくはないぞ!図書館キャラクター」とのキャッチコピーとともに2015年10月9日を期限として応募が呼びかけられています。

これは、「全国の頑張っている図書館キャラクター」を顕彰するものとのことで、

●見た目で勝負部門
●館の働き者部門
●図書館サポート部門

の3部門が設けられています。

機関・団体のオリジナルキャラクターであれば、公認、非公認は問わず応募でき、2次元、3次元も問わず公平に審査されるようです。

「事前人気投票」などを行う特設サイトの設置も予定していて、図書館総合展の会場では、来場者による投票も行われ、加えて図書館総合展の会期中に応募担当者またはキャラクター本人によるプレゼンテーションタイムを設ける、とのことです。

「図書館キャラクター・グランプリ」参加募集中です!(図書館総合展)
http://www.libraryfair.jp/node/2497

Facebook(図書館総合展)
https://www.facebook.com/libraryfair/posts/1056647581036745

図書館キャラクター・グランプリ 参加募集要項(図書館総合展)

東京都立図書館、SNSを用いて「あいうえお作文」で同館のサービス等を紹介する企画を開始 「あ」は「アリスの本の森」

2015年8月10日、東京都立図書館は同館に関するものを五十音順に、毎週5音ずつ、同館のTwitterとFacebook上で、紹介する企画をはじめました。

同館のTwitterではハッシュタグ「#都立図書館あいうえお」が付与され、ツイートされています。

10日に投稿された「あ」は、本の選定や目録作成に携わる同館職員が所蔵資料の中から本や仕事内容を紹介している同館のウェブページ「アリスの本の森」が選ばれました。なお、「アリスの本の森」は、東京都立中央図書館が立地する有栖川宮記念公園の名称に因んだものとのことです。

Twitter(tm_library, 2015/8/8、8/10)
https://twitter.com/tm_library/status/630211907748626432
https://twitter.com/tm_library/status/630619598090452993
※2つ目のリンクは「あ」のツイートです。

Facebook(東京都立図書館, 2015/8/8、8/10)
https://www.facebook.com/tmlibrary/posts/1117600408254777
https://www.facebook.com/tmlibrary/posts/1119245244756960

【イベント】日本財団CANPANプロジェクト、フォーラム「NPOや図書館の情報発信に効く!広報のコツ×取材のツボ ~ジャーナリスト猪谷さん&NPO広報の達人シャンティ鎌倉さんに聞く!~」を開催(東京・8/24)

2015年8月24日、東京都港区の日本財団ビルにおいて、日本財団CANPAN・NPOフォーラム「NPOや図書館の情報発信に効く!広報のコツ×取材のツボ ~ジャーナリスト猪谷さん&NPO広報の達人シャンティ鎌倉さんに聞く!~」が開催されます。講師は、シャンティ国際ボランティア会・鎌倉幸子氏と、ジャーナリストの猪谷千香氏の2名です。

フォーラムでは、「思わず行きたくなる図書館」と思ってもらえるような情報の見せ方、出し方について伝える、とのことで、図書館関係者や、NPO関係者など地域や社会のための活動・組織の関係者を主な対象となっています。

プログラムは、「広報のコツ」、「取材のツボ」といったセッションの他、講師両名によるクロストーク「伝わる情報の書き方、届く情報発信とは?」や、実際にプレスリリースを書いてみるワークショップなどが行なわれます。

定員は40名で、参加費は5,000円とのことです。
    
NPOや図書館の情報発信に効く!広報のコツ×取材のツボ (日本財団CANPAN・NPOフォーラム)
http://canpan20150824.peatix.com/

E1694 - 京都府立図書館「宵山に繰り出す前に 浴衣で図書館」報告

  京都府立図書館では,祇園祭の特別展示にあわせて,祇園祭・前祭の宵山(2015年7月16日)にカウンターの職員が浴衣で応対し,利用者へも浴衣での来館を呼びかける「宵山に繰り出す前に 浴衣で図書館」という企画を実施した。

9月の図書館カード登録促進キャンペーン月間、今年の公共公告にはスヌーピーが登場(米国)

米国図書館協会(ALA)及び米国各地の公共図書館では、9月を図書館カード登録月間(Library Card Sign-up Month)としていますが、今年の公共広告には、スヌーピーが用いられており、イラストを掲載したポスター等の公共公告(PSA)がALAのキャンペーンサイトに掲載されています。

Connect and plug in with your library card ? September is Library Card Sign-up Month(ALA,2015/8/4)
http://www.ala.org/news/press-releases/2015/08/connect-and-plug-your-library-card-september-library-card-sign-month

2015 Library Card Sign-up Month Press Kit
http://www.ala.org/news/mediapresscenter/presskits/lcsum

参考:
米国の公共図書館で、2013年の図書館カード登録促進キャンペーン月間始まる
Posted 2013年9月3日
http://current.ndl.go.jp/node/24301

ページ