図書館広報

E2426 - 「らしくない図書館」をまじめにめざしています

「図書館ってどこにあるんですか?」「昔の場所なら知っています。」(2011年にリニューアルこそしたが、昔の場所と一緒である……涙)数年前,ブックスタートでお母さんたちとお話ししている際に実際に多くあった質問。これは,大変だ!とにかく「トショカン」を知ってもらうために動かなければ!! 

東京工業大学附属図書館、大岡山図書館10周年記念動画を公開:設計者へのインタビューを収録

2021年9月15日、東京工業大学附属図書館は、2021年7月に開館10周年を迎えた同館大岡山図書館について、図書館サポーターが記念動画を制作したことを紹介しています。

動画はYouTube上で公開されており、大岡山図書館を設計した同大学の安田幸一教授が語る、図書館建設の経緯・裏話が収録されています。また、動画の後半では「あまり知られていない図書館おすすめスポット」が紹介されています。

大岡山図書館10周年記念動画公開のお知らせ(東京工業大学附属図書館, 2021/9/15)
https://www.libra.titech.ac.jp/info/news/20210915

祝10周年! 大岡山図書館の誕生秘話を安田先生に聞いてみよう(東京工業大学附属図書館)
https://www.libra.titech.ac.jp/supp-blog-0
※記念動画が埋め込み形式で掲載されています。

国立国会図書館国際子ども図書館、公式Twitterアカウントを開設

2021年9月15日、国立国会図書館国際子ども図書館は、公式Twitterアカウントの開設を発表しました。

国際子ども図書館のサービスや活動に関する情報、「子どもと本に関するニュース」の更新に関する情報等を発信します。また、提供するサービスに不測の変更が生じた場合のお知らせも行います。

国立国会図書館国際子ども図書館公式Twitterアカウントを開設しました(国際子ども図書館, 2021/9/15)
https://www.kodomo.go.jp/news/2021-02.html

@NDLKODOMO(Twitter)
https://twitter.com/NDLKODOMO

関連:
子どもの読書に関する情報提供
https://www.kodomo.go.jp/info/index.html

E2415 - 新規利用開拓の試みを評価するIFLA国際マーケティング賞

2021年6月14日,国際図書館連盟(IFLA)の経営・マネジメント分科会が,2021年度の国際マーケティング賞の受賞館10館を発表した。今年で18回目を迎える同賞は,創造的なマーケティングプロジェクトやキャンペーンにより成果をあげた図書館・関連団体等に対して贈られるものである。

沖縄県立図書館、「お誕生日小説タイトル対応表」を参考に沖縄っぽい小説のあらすじを考えるTwitter投稿イベント「#OPL140字文学大賞」を開催中

沖縄県立図書館が、2021年8月5日から、Twitter投稿イベント「#OPL140字文学大賞」を開催しています。

同館が作成した「お誕生日小説タイトル対応表」を確認し、自身の誕生日から小説のタイトルを導いた後、そのタイトルに合う沖縄っぽい小説のあらすじを、タイトルとともに#OPL140字文学 のハッシュタグを含めて140字以内でつぶやくイベントです。

何回でも参加可能で、締切は8月31日です。

最優秀賞に選ばれた1人には、同館特製トートバッグが送られます。

@OkinawaPrefLib(Twitter,2021/8/5)
https://twitter.com/OkinawaPrefLib/status/1423185755329863681

韓国・ソウル特別市、市民サービスの改善と地域の図書館支援のため『開かれた図書館政策叢書』を刊行すると発表:研究調査機能の強化等のためソウル図書館の司書が執筆

2021年8月3日、韓国・ソウル特別市は、『開かれた図書館政策叢書』を刊行し、同市およびソウル図書館のウェブサイトで公開すると発表しました。より多様な市民が図書館サービスを享受できるよう市民サービスの改善と地域の図書館を支援することを目的としたものです。

同叢書は『ソウル市公共図書館サービス環境』『小さな図書館政策の現状』『公共図書館感情労働保護制度の現状』『公共図書館非対面プログラムの手引き』の4冊で構成されており、同館の研究調査機能の強化や現場への実質的な支援を提供するため、ソウル図書館の司書が関係者と面談し、関連資料を調査して執筆したものです。

叢書の内容と関連し、公共図書館の利用が相対的に少ない10代と30代前半の市民が図書館サービスを立体的に理解できるよう、インフォグラフィック「図書館 IN ソウル」も公開するとしています。

2021年の下半期にも『より豊かな地域サービスのための図書館協力ガイド』『市民の生活の中で新たな価値を提供する図書館支援活動プログラム』『図書館を革新するための組織開発、今日から1日』を刊行する予定です。

saveMLAK、「公共図書館でのSNS活用状況の調査(YouTube編)」を公開

2021年7月21日、saveMLAKが、「公共図書館でのSNS活用状況の調査(YouTube編)」を公開しました。

同調査は、非来館サービスとしてのSNS活用状況を可視化するため、6月25日から6月28日にかけて行われた「COVID-19の影響による図書館の動向調査(2021/06/28)」の付帯調査として実施されました。

調査対象の全国の公共図書館・公民館図書室等1,729館中、72館がYouTubeでの情報発信を行っていると述べられています(図書館名ではなく、図書館のウェブサイトにリンクされている自治体名でのチャンネルも含む)。

調査データは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC0で公開され、saveMLAKのウェブページからダウンロードできます。

saveMLAK:プレス(saveMLAK)
https://savemlak.jp/wiki/saveMLAK:%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9
※2021年7月21日付で、「公共図書館でのSNS活用状況の調査(YouTube編)」が掲載されています。

国際図書館連盟(IFLA)、「国際マーケティング賞2021」の受賞館を発表:1位は豪・モナシュ大学と米・ペンシルベニア州立大学の“The Monash and Penn State Great Rare Books Bake Off”

2021年6月14日、国際図書館連盟(IFLA)の管理・マーケティング分科会が、今回で18回目となる、「国際マーケティング賞2021」の受賞館を発表しました。同賞は、創造的で結果重視のマーケティングプロジェクトやキャンペーンを実施した機関を表彰するものです。

オーストラリア・ベラルーシ・ブラジル・中国・コロンビア・クロアチア・エジプト・ドイツ・ガーナ・アイルランド・カザフスタン・ケニヤ・ナイジェリア・ポ-ランド・ロシア・韓国・スペイン・台湾・ウクライナ・米国・ザンビア・ジンバブエ・ノルウェーといった国・地域からの応募の中から選ばれたもので、1位から3位までの受賞者には新しい技術を購入するための賞金が授与されます。

1位には、オーストラリア・モナシュ大学と米・ペンシルベニア州立大学による“The Monash and Penn State Great Rare Books Bake Off”が選ばれています。同取組は、両大学のコレクション内のレシピを用いて料理をして、ソーシャルメディアに投稿することを呼びかけることで、コミュニティーに貢献した取組で、コロナ禍のなかで楽しく創造的なサービスを提供したと評価されています。

E2389 - 図書館プロレスラーとしょカーン誕生:地域連携での情報発信

2020年12月27日,板橋区立グリーンホール(東京都)で行われた,いたばしプロレスリングの試合で,日本初の図書館プロレスラー「としょカーン」がデビューした。板橋区には図書館が12館あり,各館の役割や地域特性を考慮した「特色ある資料」の収集が蔵書構築指針により定められている。図書館プロレスラーの誕生は,板橋区立東板橋図書館の担当する「特色ある資料」の一つが「スポーツ」であることから,板橋区公認のプロレスリング団体「いたばしプロレスリング」(以下「いたプロ」)との連携が始まったことによる。

ページ