図書館広報

saveMLAK、「公共図書館でのSNS活用状況の調査(YouTube編)」を公開

2021年7月21日、saveMLAKが、「公共図書館でのSNS活用状況の調査(YouTube編)」を公開しました。

同調査は、非来館サービスとしてのSNS活用状況を可視化するため、6月25日から6月28日にかけて行われた「COVID-19の影響による図書館の動向調査(2021/06/28)」の付帯調査として実施されました。

調査対象の全国の公共図書館・公民館図書室等1,729館中、72館がYouTubeでの情報発信を行っていると述べられています(図書館名ではなく、図書館のウェブサイトにリンクされている自治体名でのチャンネルも含む)。

調査データは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC0で公開され、saveMLAKのウェブページからダウンロードできます。

saveMLAK:プレス(saveMLAK)
https://savemlak.jp/wiki/saveMLAK:%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9
※2021年7月21日付で、「公共図書館でのSNS活用状況の調査(YouTube編)」が掲載されています。

国際図書館連盟(IFLA)、「国際マーケティング賞2021」の受賞館を発表:1位は豪・モナシュ大学と米・ペンシルベニア州立大学の“The Monash and Penn State Great Rare Books Bake Off”

2021年6月14日、国際図書館連盟(IFLA)の管理・マーケティング分科会が、今回で18回目となる、「国際マーケティング賞2021」の受賞館を発表しました。同賞は、創造的で結果重視のマーケティングプロジェクトやキャンペーンを実施した機関を表彰するものです。

オーストラリア・ベラルーシ・ブラジル・中国・コロンビア・クロアチア・エジプト・ドイツ・ガーナ・アイルランド・カザフスタン・ケニヤ・ナイジェリア・ポ-ランド・ロシア・韓国・スペイン・台湾・ウクライナ・米国・ザンビア・ジンバブエ・ノルウェーといった国・地域からの応募の中から選ばれたもので、1位から3位までの受賞者には新しい技術を購入するための賞金が授与されます。

1位には、オーストラリア・モナシュ大学と米・ペンシルベニア州立大学による“The Monash and Penn State Great Rare Books Bake Off”が選ばれています。同取組は、両大学のコレクション内のレシピを用いて料理をして、ソーシャルメディアに投稿することを呼びかけることで、コミュニティーに貢献した取組で、コロナ禍のなかで楽しく創造的なサービスを提供したと評価されています。

E2389 - 図書館プロレスラーとしょカーン誕生:地域連携での情報発信

2020年12月27日,板橋区立グリーンホール(東京都)で行われた,いたばしプロレスリングの試合で,日本初の図書館プロレスラー「としょカーン」がデビューした。板橋区には図書館が12館あり,各館の役割や地域特性を考慮した「特色ある資料」の収集が蔵書構築指針により定められている。図書館プロレスラーの誕生は,板橋区立東板橋図書館の担当する「特色ある資料」の一つが「スポーツ」であることから,板橋区公認のプロレスリング団体「いたばしプロレスリング」(以下「いたプロ」)との連携が始まったことによる。

弘前大学附属図書館、附属図書館報『豊泉』53号を発行:本の中のおいしいレシピを図書館スタッフが作ってみる企画の第1回等を掲載

2021年5月31日、弘前大学附属図書館が、同館Twitterにおいて、附属図書館報『豊泉』53号の発行を発表しています。

同号には、完成したばかりのアカデミック・コモンズを紹介する特集や、図書館の仕事を紹介する企画「トショカンの舞台裏」、同館が舞台のショートストーリー「へば図書館さ行ぐべ」のほか、本の中に出てくる料理を図書館スタッフが作ってみる企画「本の中のおいしいレシピ」の第1回の記事が掲載されています。

第1回は、参考調査担当の職員が、西村淳『面白南極料理人笑う食卓』(新潮文庫)で紹介されている、鶏と白菜のビーフン入り椎茸鍋と中華粥を調理しています。

@HirosakiUnivLib(Twitter,2021/5/31)
https://twitter.com/HirosakiUnivLib/status/1399254974815629313

saveMLAK、「公共図書館でのSNS活用状況の調査(Facebook編)」を公開

2021年5月22日、saveMLAKが、「公共図書館でのSNS活用状況の調査(Facebook編)」を公開しました。

同調査は、非来館サービスとしてのSNS活用状況を可視化するため、5月7日から5月9日にかけて行われた「COVID-19の影響による図書館の動向調査(2021/05/09)」の付帯調査として実施されました。

調査対象の全国の公共図書館・公民館図書室等1,728館中、200館がFacebookでの情報発信を行っていると述べられています。

調査データは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC0で公開され、saveMLAKのウェブページからダウンロードできます。

saveMLAK:プレス(saveMLAK)
https://savemlak.jp/wiki/saveMLAK:%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9
※2021年5月22日付で、「公共図書館でのSNS活用状況の調査(Facebook編)」が掲載されています。

小野市(兵庫県)の『広報おの』2020年10月号が「2021年全国広報コンクール」で入選:小野市立図書館の特集号

2021年4月28日、兵庫県の小野市は、公益社団法人日本広報協会が主催する「2021年全国広報コンクール」において、『広報おの』Vol.727(2020年10月)が「広報紙・市部」で「入選3席」(全国4位)を受賞したと発表しています。

『広報おの』Vol.727は、小野市立図書館を特集しており、兵庫県が主催する「兵庫県広報コンクール」で特選を受賞し、県の推薦を受けて全国広報コンクールへ出品されました。

コロナ生活でより多くの市民にとって身近になった図書館を、裏方の毎日、ルーティーンを正面に据えて取り上げたところに、独自の着想があり、特集を楽しく読むことができた点が評価されたとしています。

広報おのトピックス(小野市)
https://www.city.ono.hyogo.jp/1/8/16/3/2/
※「広報おのが全国広報コンクールで初入選! 2021年04月28日」とあります。

saveMLAK、「公共図書館でのSNS活用状況の調査(Twitter編)」を公開

2021年4月22日、saveMLAKが、「公共図書館でのSNS活用状況の調査(Twitter編)」を公開しました。

同調査は、非来館サービスとしてのSNS活用状況を可視化するため、4月9日から4月11日にかけて行われた「COVID-19の影響による図書館の動向調査(2021/04/11)」の付帯調査として実施されました。

調査対象の全国の公共図書館・公民館図書室等1,723館中、197館がTwitterアカウントを運用していると述べられています。また、次回はFacebookアカウントの運用状況の調査を行う予定としています。

調査データは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC0で公開され、saveMLAKのウェブページからダウンロードできます。

saveMLAK:プレス(saveMLAK)
https://savemlak.jp/wiki/saveMLAK:%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9
※2021年4月22日付で、「公共図書館でのSNS活用状況の調査(Twitter編)」が掲載されています。

奈良県立図書情報館、公式noteアカウントを開設:note記事と館内展示の連動企画「BBB」を開始

2021年3月23日、奈良県立図書情報館は、公式noteアカウントの開設を発表しました。

同館は「館」という空間にとらわれない情報発信を目指し、noteを開設しました。「誰か」と「誰か」、「何か」と「誰か」が出会い、巡り合える場所として、noteのプラットフォームを展開することを目的に挙げています。

また、同館はnote記事と館内展示の連動企画として、「The Bridge Between Books and ____(本と____の架け橋)」の頭文字に由来する「BBB」を実施することも発表しています。企画名は、同館の発信する情報が、本と誰かを繋ぐ架け橋になることを意図して名づけられました。「BBB」において、同館のnote記事では特定のテーマに沿って選ばれた3冊のBOOK(3つのB)の紹介が行われます。館内では、図書館とnoteの架け橋となるために、紹介された図書の展示が行われるほか、note記事上で特定のテーマに関する本を募集し、館内展示に反映することも予定しています。

同日から「リンゴ」をテーマとした第1弾の「BBB」が開始しています。

沖縄県立図書館、「沖縄県立図書館職員が本気で薄い本を作ってみた」のデータを公開

2021年3月17日、沖縄県立図書館が、同人誌「沖縄県立図書館職員が本気で薄い本を作ってみた」のデータを公開したことを発表しました。

1月11日に開催された同人誌即売会「おでかけライブin沖縄スペシャル52」で、同館がサークル参加し頒布した冊子「沖縄県立図書館職員が本気(マジ)で薄い本を作ってみた ~一般展示編~」と「沖縄県立図書館職員が本気(マジ)で薄い本を作ってみた ~郷土資料編~」、同日配布したブックリストのPDFが掲載されています。

お知らせ 2021年(沖縄県立図書館)
https://www.library.pref.okinawa.jp/notice/2021/index.html
※2021年3月17日付で、「「沖縄県立図書館職員が本気で薄い本を作ってみた」のデータ公開について」と掲載されています。

ページ