WIPO(世界知的所有権機関)

WIPOのトップ会議、視覚障害者等の著作権保護期間中の作品へのアクセス拡大で合意

世界知的所有権機関(WIPO)の著作権及び著作隣接権に関する常設委員会(SCCR:Standing Committee on Copyright and Related Rights)は2009年12月14日から18日に開催された会議において、著作権保護期間中の作品への視覚障害者等のアクセスを高めるため、著作権の例外規定や制限について改めて検討していくことで合意したということです。

SCCR Commits to Improving Access by Visually Impaired to Copyright-Protected Works(ニュースリリース)
http://www.wipo.int/pressroom/en/articles/2009/article_0061.html

タイ、特許協力条約(PCT)に加盟

世界知的所有権機関(WIPO)は、タイ王国が特許の国際出願に関する「特許協力条約(PCT)」に加盟すると発表しています。効力発生日は2009年12月24日になる予定で、同国を加えた加盟国は合計で142か国になるとのことです。

Thailand Accedes to PCT(WIPOのニュースリリース)
http://www.wipo.int/pressroom/en/articles/2009/article_0040.html

PCT国際出願制度の概要(特許庁)
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/seido/s_tokkyo/kokusai1.htm

WIPO、aRDiプログラムを開始

世界知的所有権機関(WIPO)は、「発展と革新のための研究へのアクセス」(aRDi)プログラムを開始しています。このプログラムは、発展途上国のために科学技術情報の入手を拡大する目的で、米国物理学協会やエルゼビアといった出版業界各社と連携して行なわれるようです。

WIPO Launches On-line Tool to Facilitate Access to Targeted Scientific Information(WIPOのニュースリリース)
http://www.wipo.int/pressroom/en/articles/2009/article_0025.html

aRDi Access to Research for Development and Innovation
http://www.wipo.int/ardi/en/

2009年の「世界知的所有権の日」、テーマはエコ

WIPO(世界知的所有権機関)は毎年4月26日を「世界知的所有権の日」(World Intellectual Property Day)とし、関連する取組を実施しています。2009年の「世界知的所有権の日」のテーマは「グリーンイノベーションの促進」です。このテーマは、バランスの取れた知的所有権システムを確立することは、気候変動による影響を軽減するテクノロジーの開発を促進することにつながる、という考えに基づいています。

World Intellectual Property Day 2009 – Promoting Green Innovation
(WIPOのニュースリリース)
http://www.wipo.int/pressroom/en/articles/2009/article_0010.html

ページ