データベース

国立民族学博物館、「日本民族学協会附属民族学博物館(保谷民博)人物/資料データベース」を公開

2021年10月21日、国立民族学博物館が、「日本民族学協会附属民族学博物館(保谷民博)人物/資料データベース」を公開したと発表しました。1975年に国文学研究資料館史料館(文部省史料館)から同館が受け入れた約2万1,000点の標本資料で構成される「保谷民博コレクション」のデータベースです。

同コレクションは、実業家の渋沢敬三らが収集を始め、アチックミューゼアムや日本民族学会(現在の日本文化人類学会)といった団体の手に渡る中で構築されたものです。日本民族学協会の附属博物館が保谷市(現在の西東京市)にあったことから、「保谷民博コレクション」と呼んでいるとあります。

データベースでは、コレクションに含まれる標本資料と収集した人物について紹介が行われています。資料・人物について、詳細検索および連想検索を行うことができます。

国立民族学博物館 新着情報
https://www.minpaku.ac.jp/
※2021.10.21欄に「「日本民族学協会附属民族学博物館(保谷民博)人物/資料データベース」を公開しました。」とあります。

経済情報プラットフォームSPEEDA、JDreamⅢと連携することにより「学術論文動向検索」機能を新規実装

2020年10月1日、株式会社ユーザベース、株式会社ジー・サーチ、科学技術振興機構(JST)の3者が、株式会社ユーザベースが提供するSPEEDA上に、産官学連携を促進する機能として新たに「学術論文動向検索」機能を実装したと発表しました。

実装された「学術論文動向検索」機能は、経済情報プラットフォームであるSPEEDAが保有する独自の技術分類に対して、株式会社ジー・サーチが提供する科学技術文献情報データベースJDreamⅢのデータを紐づけたものです。経営・ビジネスと技術・研究の繋がりや相互連携の機会をさらに拡大する、と説明されています。

米・セント・ジョンズ大学Hill Museum & Manuscript Library、写本の典拠データを提供するデータベースを公開

2021年10月4日、米国のセント・ジョンズ大学のHill Museum & Manuscript Library(HMML)が、写本の典拠データを提供するデータベース“HMML Authority File”(HAF)を公開したと発表しました。

“HMML Authority File”では、同館の写本のデジタルアーカイブ“HMML Reading Room”と芸術作品や写真のデジタルアーカイブ“HMML Museum”で提供されている資料に関する、人名・地名・組織名・家族名等についての典拠データが提供されています。発表時点では1万件以上のデータが公開されており、今後、5万件以上となることが見込まれています。メタデータは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BYのもと利用可能です。

また、“HMML Authority File”に登録された典拠データは、米国議会図書館(LC)が主導する名称典拠ファイルの共同作成プログラム“National Authority Cooperative Program(NACO)”にも追加されていると述べています。

文化審議会著作権分科会基本政策小委員会、「簡素で一元的な権利処理」の在り方に関する意見募集を実施中

2021年9月22日から10月14日まで、文化審議会著作権分科会基本政策小委員会が、「簡素で一元的な権利処理」の在り方に関する意見募集を実施しています。

過去の放送番組等のデジタルアーカイブ・配信をはじめとした、コンテンツの利用促進による新たな対価の創出が期待される場面を想定したものです。具体的な方策として、権利情報データベースの構築・集中管理の促進、拡大集中許諾制度による権利処理、現行の裁定制度の改善等が挙げられています。

文化審議会著作権分科会基本政策小委員会「簡素で一元的な権利処理」の在り方に関する意見募集の実施について(文化庁, 2021/9/21)
https://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/public_comment/93389201.html

フランス国立統計経済研究所、公式統計に関する電子図書館“Bibliothèque numérique de la statistique publique”を公開

2021年9月22日、フランス国立図書館(BnF)とフランス国立統計経済研究所(L’Institut national des statistiques et études économiques:Insee)が、公式統計に関する電子図書館“Bibliothèque numérique de la statistique publique”(BNSP)の公開を発表しました。

Inseeは、フランスの経済・社会に関する情報の収集・作成・分析・提供を行う機関です。BNSPは、InseeがBnFと連携し、“Gallica”の技術を提供して新しい電子図書館を構築するBnFのプログラム“Gallica marque blanche”のもと構築されました。

BnFが公開したプレスリリースによると、Inseeや関係機関により作成された公式統計に関する出版物等を収集・保存し利用可能とすることが目的とされています。19世紀から現在にかけての資料3万8,000件以上にアクセスできるとあります。

抄録・引用文献データベースScopus、著者プロファイルページに社会科学分野のプレプリントサーバSSRNの文献を追加

2021年9月21日、Elsevier社が、抄録・引用文献データベースScopusの著者プロファイルページに、社会科学分野を中心としたプレプリントサーバSSRNの文献を追加すると発表しました。

2021年1月にプレプリントサーバarXiv、bioRxiv、ChemRxiv、medRxivの文献を追加したことに続くものです。現在、2017年以降のプレプリント90万件分が著者プロファイルページに搭載されていますが、今回、約17万件のSSRNのプレプリントを2021年中にScopusに追加するものです。

【イベント】2021年度アート・ドキュメンテーション学会第14回秋季研究集会(10/23・オンライン)

2021年10月23日、2021年度アート・ドキュメンテーション学会第14回秋季研究集会がオンラインで開催されます。

参加費・資料代は無料で、事前の申し込みが必要です。

主なプログラムは以下の通りです。

●研究発表
・『大阪市立東洋陶磁美術館収蔵品画像オープンデータ』サイトの公開とデジタル画像のオープンデータ化の意義と今後の展望
小林仁氏(大阪市立東洋陶磁美術館)

・画像アノテーションを活用した図像データベースの構築
永崎研宣氏(一般財団法人人文情報学研究所)、津田徹英氏(青山学院大学)、下田正弘氏(東京大学)

●萌芽研究発表
・ミュージアムのオンライン活動を考える ―ギャラリートークの配信
大坪逸貴氏(サイフォン合同会社)

・舞台芸術資料のデジタルアーカイブ--商業演劇の広報出版物を中心に
武澤里映氏(大阪大学文学研究科)、五十里翔吾氏(大阪大学基礎工学研究科)、伊藤謙氏(大阪大学総合学術博物館)

・最新Web技術による汎用WebGISの開発とオープンソース
田村賢哉氏(東京大学大学院学際情報学府)

【イベント】日本図書館研究会情報組織化研究グループ2021年10月月例研究会「図書館情報学文献目録BIBLIS PLUSの構築について」(10/23・オンライン)

2021年10月23日、日本図書館研究会情報組織化研究グループの2021年10月月例研究会「図書館情報学文献目録BIBLIS PLUSの構築について」がオンライン(Zoomミーティング)で開催されます。発表者は実践女子大学図書館の伊藤民雄氏です。

明治期から現在までに発表された図書館情報学文献の一括検索を目指して構築されたデータベース「BIBLIS PLUS」について、企画立案から実際の作業、今後の展望についての発表が行われます。

参加費用は無料ですが、事前の申込みが必要です。

2021年10月月例研究会「図書館情報学文献目録BIBLIS PLUSの構築について」(日本図書館研究会情報組織化研究グループ)
http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#202110

学術出版協会(SSP)、ハゲタカジャーナルに関するCabells社提供のデータベース“Predatory Reports”に掲載されたタイトル数が1万5,000を超えたと発表

2021年9月1日、学術出版界の部門間のコミュニケーション促進等を目的に活動する非営利団体・学術出版協会(Society for Scholarly Publishing:SSP)は、米・Cabells社提供のデータベース“Predatory Reports”に掲載されたタイトル数が1万5,000を超えたと発表しました。

“Predatory Reports”にはハゲタカジャーナル(predatory journal)のデータベースであり、2017年に提供開始されました。開始時点では4,000タイトルであったものの、現在では約4倍に増加したと述べています。

ページ