中東

アジア情報室通報、「現代の中東政治・イスラームに関する研究資料-研究動向・ニーズ・出版事情-」を掲載

国立国会図書館(NDL)は、「アジア情報室通報」の第12巻第3号(2014年9月号)をウェブサイトに掲載しました。本号では、「現代の中東政治・イスラームに関する研究資料-研究動向・ニーズ・出版事情-」と題する記事が掲載されています。NDL関西館アジア情報課が蔵書構築の参考とするために実施した意見聴取の内容について、その概要をまとめたものです。

現代の中東政治・イスラームに関する研究資料--研究動向・ニーズ・出版事情:
アジア情報室通報 12巻3号
http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/bulletin12-3-1.php

アジア情報室通報 最新号
http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/asia-pub.php

ヨルダン国立図書館局、ソフトウェア違法コピー率低下に向けた戦略を策定

ヨルダンの国立図書館局(National Library Department)が、同国におけるソフトウェア違法コピー率(software piracy rate)の低下に向けた戦略を策定し、2013年から3か年にかけて実施していくと報じられています。ヨルダンの2011年におけるソフトウェア違法コピー率は58%で、前年より1ポイント上昇しているということです。また、2011年に同局は6万点の違法コピーを押収したともされています。

National library developing strategy to reduce piracy(The Jordan Times 2012/11/27付け記事)
http://jordantimes.com/national-library-developing-strategy-to-reduce-piracy

英国図書館(BL)とカタール財団が中東史関係資料50万ページ以上のデジタル化計画を発表

2012年7月18日、英国図書館(BL)とカタール財団が、英国東インド会社およびインド省(India Office)のアーカイブズ資料から50万ページ以上と中世アラビア語写本25,000ページのデジタル化計画を発表しました。これは、今後3年間、カタール国立図書館との協同に基づきBLで実施されるもので、デジタル化された資料は無料公開される予定となっています。

Transforming our understanding of Middle Eastern history: The British Library and Qatar Foundation unveil project to digitise half a million pages of archive material (British Library 2012/7/18付けの記事)

米Innovative Interfaces社のクラウド型図書館システム“Sierra”が欧州・中東・アフリカの13の図書館で導入決定

2012年1月31日付けの米Innovative Interfaces社の発表によると、同社のクラウド型図書館システム“Sierra Services Platform”が、英国・スペイン・イタリア・カタール・南アフリカの13の大学図書館等で導入が決定したとのことです。現在開発中のSierraは開発パートナー館での動作テスト等が行われているとされています。また、同日付で、米国のシンシナティ・ハミルトン郡公共図書館における導入も発表されています。

Recent Selections in Africa, Europe, and the Middle East Extend Sierra's Worldwide Success (Innovative Interfaces 2012/1/31付けプレスリリース)
http://www.iii.com/news/pr_display.php?id=517

Cincinnati Public Library (OH) Selects Sierra Services Platform, Encore, and More to Support Strategic Plan (Innovative Interfaces 2012/1/31付けプレスリリース)

QScience.comを運営するBQFJがオープンアクセス出版に関するホワイトペーパーを公開(カタール)

カタールのBloomsbury Qatar Foundation Journals(BQFJ)が、2011年11月付けの“Open Access Publishing”と題したホワイトペーパーを公開しています。BQFJは、カタール財団(Qatar Foundation)とBloomsbury Publishing社によって2009年に設立されたもので、オープンアクセス誌のプラットフォーム“QScience.com”を運営しています。

Open Access Publishing: A Bloomsbury Qatar Foundation Journals White Paper (2011/11付けPDF文書)
http://www.qscience.com/userimages/ContentEditor/1322148977938/oa-whitepaper.pdf

QScience.com
http://www.qscience.com/

OCLC、サウジアラビアの図書館との提携によりアラビア語資料の総合目録のレコードをWorldCat.orgに追加

OCLCは、サウジアラビアのアブドルアジーズ国王公共図書館との提携により、同館の主導によるアラビア語資料の総合目録Arabic Union Catalog(AUC)の書誌レコード120万点がWorldCat.orgに追加されたと発表しています。

OCLC partners with King Abdulaziz Public Library in Saudi Arabia to make Arabic-language resources available through WorldCat.org(OCLC 2011/11/29付けのニュースリリース)
http://www.oclc.org/news/releases/2011/201169.htm

Arabic Union Catalog(英語ページ)
http://www.aruc.org/main.aspx

フランス国立図書館(BNF)、バーレーンの電子図書館構築の支援に合意

フランス国立図書館(BNF)が、同館の館長とバーレーンの教育大臣との間で協定が交わされ、バーレーンの電子図書館の構築を支援することで合意したと発表しています。電子図書館は、研究者及び若者向けのコンテンツを2本柱として提供するほか、バーレーンや中東に関するデータバンクとしての役割もあるようです。

Signature d'une convention pour la réalisation de la Bibliothèque numérique du Royaume de Bahreïn(BNFのプレスリリース)
http://www.bnf.fr/documents/cp_bahrein.pdf

英国図書館(BL)がカタール財団と提携を発表、アラビア湾関係の歴史資料のオンライン提供へ

2010年10月28日、英国図書館(BL)がカタール財団(Qatar Foundation)と提携を発表しました。これは、BLが所蔵している中東関係のコレクション“India Office Records”のうちの、アラビア湾(ペルシア湾)に関する18世紀半ばから1951年までの歴史資料と、中世期に科学および医学分野でイスラム世界へ影響を与えた手稿資料のデジタル化とそのオンライン提供を行う、4年間のプロジェクトのようです。

Long-term partnership aims to transform online resources for Gulf history (2010/10/28付け BLのプレスリリース)
http://pressandpolicy.bl.uk/Press-Releases/Long-term-partnership-aims-to-transform-online-resources-for-Gulf-history-468.aspx

ユネスコ、アラビア古典文学の電子図書館を公開

ユネスコが、アラビア古典文学の電子図書館“Majaliss”を公開しています。オンライン版と3枚組のCD-ROM版があり、CD-ROM版の1枚には音声ファイルを伴った北アフリカ地域の書籍が収録され視覚障害者も利用できるようになっています。

UNESCO Digital Library Majaliss opens up classical Arabic literature to public(ユネスコのニュースリリース)
http://portal.unesco.org/ci/en/ev.php-URL_ID=29118&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html

Majaliss(アラビア語)
http://rabat.unesco.org/majaliss/

バーレーン国立図書館がオープン

2008年12月18日、バーレーンでShaikh Isa文化センター・国立図書館がオープンしました。湾岸協力会議(GCC)加盟国の中では最大の文化建造物で、総工費は2,000万バーレーンディナール(約47億円)とのことです。蔵書数は、このために閉館したマナマ公共図書館から移管したものなど75,000冊で、今後250,000冊まで拡大していく予定とのことです。

A new chapter in nation's progress - Gulf Daily News
http://www.gulf-daily-news.com/Story.asp?Article=237978&Sn=BNEW&IssueID=31273

HM OPENS ISA CULTURAL CENTRE - Bahrain News Agency

ページ