中東

E1685 - アラブ諸国の機関リポジトリの評価<文献紹介>

 アラビア語圏であるアラブ諸国の機関リポジトリは,「未熟な段階」(infancy stage)にあるといわれる。それは,この地域特有のトピックに関する文献があまり公表されてないこと,アラブ諸国の研究者の多くが機関リポジトリについての知識や経験をあまりもってないこと,長期保存の方針がないこと,などが要因である。本文献は,このようなアラブ諸国の機関リポジトリを,外部利用者の視点からアクセシビリティや透明性などの点で評価する。評価対象は,11か国の25のリポジトリである。

 

Gale社、アラビア語資料の大規模なデジタル化プログラムの計画を発表

2015年3月24日、Cengage Learning傘下のGale社が、アラビア語の一次資料と参考資料の大規模なデジタル化プログラムの計画を発表しました。中東や欧州の主要な機関の何百万ページもの貴重なアラビア言語コレクションを統合するプロジェクトとのことです。最初のコレクションとして、“Early Arabic Printed Books from the British Library”が、12月に利用可能になる予定とされています。

Gale Revolutionizes Middle Eastern Research with Arabic Digitization Program(Cengage Learning, 2015/3/24)
http://news.cengage.com/library-research/gale-revolutionizes-middle-eastern-research-with-arabic-digitization-program/

東洋文庫研究部イスラーム地域研究資料室、「オスマン民法典研究関係資料データベース」を公開

2014年12月8日に、東洋文庫研究部イスラーム地域研究資料室が「オスマン民法典研究関係資料データベース」を公開しました。タイトル、著者、出版情報のほか、訳者・編者、テーマ、対象地域からの検索が可能です。

あわせて、アリー・ハイダル(Ali Haydar)によるオスマン民法典(Mecelle-i Ahkam-i Adliye、通称メジェッレ)の注解『メジェッレ注解』(Durerulhukkam/Dürerüʾl-hukkam : şerh-i Mecelletüʾl-ahkâm : şerhüʾl-kavaʿidüʾl-külliye.)(4巻)の全頁画像も公開されています。

オスマン民法典研究関係資料データベース公開のお知らせ(東洋文庫 イスラーム地域研究資料室, 2014/12/8)
http://tbias.jp/20033

オスマン民法典研究関係資料データベース
http://mgr.nihu.jp/ndp/meta_pub/G0000003OSMN

アリー・ハイダル『メジェッレ注解』(Durerulhukkam)全頁画像(東洋文庫 イスラーム地域研究資料室)
http://tbias.jp/digitalimages/durerulhukkam

参考:

大英図書館(BL)、デジタル化したペルシャ語の手稿をオンラインで公開

2014年10月23日、大英図書館(BL)が、デジタル化されたBL所蔵の手稿等を閲覧できるDIGITISED MANUSCRIPTSにペルシャ語の手稿20タイトルを追加して公開したと発表しています。

デジタル化された手稿は、芸術的、歴史的、文化的に重要で、また、図書館所蔵のペルシャ語の手稿の中でも最も貴重なものだそうです。

Twenty more Persian manuscript treasures now online
(British Library Asian and African studies blog,2014/10/23)
http://britishlibrary.typepad.co.uk/asian-and-african/2014/10/twenty-more-persian-manuscript-treasures-now-online.html

英国図書館、カタール財団と提携してデジタル化した資料をオンラインで公開

2014年10月22日、英国図書館(BL)がカタール財団と提携してデジタル化したアラブの科学やアラビア湾(ペルシア湾)湾岸地域の歴史に関する資料を、ポータルサイトである“Quatar Digital Library”で公開したと発表しています。

インド省(India Office)の記録や中世アラビア語の手稿が含まれており、教師が生徒にアラブの文化遺産やアラビア湾(ペルシア湾)湾岸地域の近代史を教える際に役立てることを目的としているようです。

Portal gives teachers gateway to Arabic studies and new research on Gulf(BL、2014/10/22)
http://pressandpolicy.bl.uk/Press-Releases/Portal-gives-teachers-gateway-to-Arabic-studies-and-new-research-on-Gulf-6d0.aspx

Quatar Digital Library
http://www.qdl.qa/en

参考:
英国図書館(BL)とカタール財団が中東史関係資料50万ページ以上のデジタル化計画を発表
Posted 2012年7月19日

アジア情報室通報、「現代の中東政治・イスラームに関する研究資料-研究動向・ニーズ・出版事情-」を掲載

国立国会図書館(NDL)は、「アジア情報室通報」の第12巻第3号(2014年9月号)をウェブサイトに掲載しました。本号では、「現代の中東政治・イスラームに関する研究資料-研究動向・ニーズ・出版事情-」と題する記事が掲載されています。NDL関西館アジア情報課が蔵書構築の参考とするために実施した意見聴取の内容について、その概要をまとめたものです。

現代の中東政治・イスラームに関する研究資料--研究動向・ニーズ・出版事情:
アジア情報室通報 12巻3号
http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/bulletin12-3-1.php

アジア情報室通報 最新号
http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/asia-pub.php

ヨルダン国立図書館局、ソフトウェア違法コピー率低下に向けた戦略を策定

ヨルダンの国立図書館局(National Library Department)が、同国におけるソフトウェア違法コピー率(software piracy rate)の低下に向けた戦略を策定し、2013年から3か年にかけて実施していくと報じられています。ヨルダンの2011年におけるソフトウェア違法コピー率は58%で、前年より1ポイント上昇しているということです。また、2011年に同局は6万点の違法コピーを押収したともされています。

National library developing strategy to reduce piracy(The Jordan Times 2012/11/27付け記事)
http://jordantimes.com/national-library-developing-strategy-to-reduce-piracy

英国図書館(BL)とカタール財団が中東史関係資料50万ページ以上のデジタル化計画を発表

2012年7月18日、英国図書館(BL)とカタール財団が、英国東インド会社およびインド省(India Office)のアーカイブズ資料から50万ページ以上と中世アラビア語写本25,000ページのデジタル化計画を発表しました。これは、今後3年間、カタール国立図書館との協同に基づきBLで実施されるもので、デジタル化された資料は無料公開される予定となっています。

Transforming our understanding of Middle Eastern history: The British Library and Qatar Foundation unveil project to digitise half a million pages of archive material (British Library 2012/7/18付けの記事)

米Innovative Interfaces社のクラウド型図書館システム“Sierra”が欧州・中東・アフリカの13の図書館で導入決定

2012年1月31日付けの米Innovative Interfaces社の発表によると、同社のクラウド型図書館システム“Sierra Services Platform”が、英国・スペイン・イタリア・カタール・南アフリカの13の大学図書館等で導入が決定したとのことです。現在開発中のSierraは開発パートナー館での動作テスト等が行われているとされています。また、同日付で、米国のシンシナティ・ハミルトン郡公共図書館における導入も発表されています。

Recent Selections in Africa, Europe, and the Middle East Extend Sierra's Worldwide Success (Innovative Interfaces 2012/1/31付けプレスリリース)
http://www.iii.com/news/pr_display.php?id=517

Cincinnati Public Library (OH) Selects Sierra Services Platform, Encore, and More to Support Strategic Plan (Innovative Interfaces 2012/1/31付けプレスリリース)

QScience.comを運営するBQFJがオープンアクセス出版に関するホワイトペーパーを公開(カタール)

カタールのBloomsbury Qatar Foundation Journals(BQFJ)が、2011年11月付けの“Open Access Publishing”と題したホワイトペーパーを公開しています。BQFJは、カタール財団(Qatar Foundation)とBloomsbury Publishing社によって2009年に設立されたもので、オープンアクセス誌のプラットフォーム“QScience.com”を運営しています。

Open Access Publishing: A Bloomsbury Qatar Foundation Journals White Paper (2011/11付けPDF文書)
http://www.qscience.com/userimages/ContentEditor/1322148977938/oa-whitepaper.pdf

QScience.com
http://www.qscience.com/

ページ