オーストリア

オーストリア国立図書館、新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する当局からの要請を受けて2020年11月3日から11月末まで同館の大広間と全ての博物館を閉鎖

2020年11月2日、オーストリア国立図書館は、新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する当局からの要請を受けて、2020年11月3日から11月末まで、同館の大広間(Prunksaal)と全ての博物館を閉鎖することを発表しました。

ヘルデン広場(Heldenplatz)内の閲覧室や同館内のコレクション閲覧室は引き続き利用が可能ですが、午後8時から午前6時まで外出規制が実施されるため、ヘルデン広場内の閲覧室の開室時間が午前9時から午後7時までに短縮されます。

オーストリアのクルツ首相は2020年10月31日付で、欧州各国が新型コロナウイルス感染症の第二波に直面し、オーストリア国内でも感染者が急激に増加していることから、2020年11月3日から二度目の全国的なロックダウンを実施することを発表しました。

@nationalbibliothek(Facebook,2020/11/2)
https://www.facebook.com/nationalbibliothek/posts/3444470992302272

材料科学・工学分野における研究データの検索・再利用・共有の実態に関する13人の研究者へのインタビュー調査(文献紹介)

オープンアクセス(OA)の査読誌PLOS ONEに、2020年9月15日付けで、材料科学・工学分野における研究データの検索・再利用・共有の実態に関する13人の研究者へのインタビュー調査について報告した論文が掲載されています。

同論文は仮想車両・自動運転等に関するオーストリアの研究センター“Virtual Vehicle Research GmbH”に所属する3人の著者が共著で執筆しました。著者らは、研究データのオープン化の実践について、材料科学・工学分野に焦点を当て、研究データの検索・再利用・共有の全体像を描き出すための調査を実施しました。調査のために同分野の研究者13人への深層面接法によるインタビューを行い、テキスト化・コード化されたインタビュー記録の内容分析を行っています。

国・大学レベルのオープンアクセス状況の調査(文献紹介)

2020年5月21日、英Open Universityの機関リポジトリにおいて、国・大学レベルのオープンアクセス(OA)状況調査の論文”Open Access 2007 - 2017: Country and University Level Perspective”のプレプリントが公開されました。著者は同大学のBikash Gyawali氏ら3名です。同論文は2020年8月開催のACM/IEEE Joint Conference on Digital Libraries (JCDL)に採択されています。

調査は8カ国(オーストリア, ブラジル, ドイツ, インド, ポルトガル, ロシア, 英国, 米国)と、それらの国の約400大学を対象とし、Microsoft Academic Graph(MAG)と英国の機関リポジトリアグリゲーターであるCOREのデータを使用して実施されました。

オーストリア図書館協会(BVÖ)、新型コロナウイルス感染症拡大下における図書の貸出・返却時に図書館が順守すべき衛生対策を公表

2020年4月20日、オーストリア図書館協会(Büchereiverband Österreichs:BVÖ)は、新型コロナウイルスから利用者と職員を守るため、図書の貸出・返却時に図書館が順守すべき衛生対策をウェブサイト上で公表しました。

オーストリアでは、4月30日に新型コロナウイルス感染症拡大に関連した外出規制を緩和する連邦社会・保健・介護・消費者保護省(Bundesministeriums für Soziales, Gesundheit, Pflege und Konsumentenschutz)の省令が発令されています。5月1日の同省令発効後も、図書館は入館禁止対象の施設となっていますが、連邦芸術・文化・公共サービス・スポーツ省(Bundesministerium für Kunst, Kultur, öffentlichen Dienst und Sport)はソーシャル・ディスタンシングや衛生面の規定の順守、図書館サービスを資料の貸出返却のみに限定することを条件に、5月15日から図書館が再開できる可能性について言及しています。

BVÖが公表した衛生対策では、4月28日付けの更新を含め主として以下のようなことが示されています。

オーストリア・ウィーンミュージアム、新型コロナウイルス流行下におけるウィーンの状況を示す写真の提供を呼びかけ

オーストリアのウィーンミュージアムが、新型コロナウイルス流行下におけるウィーンの状況を示す私生活及び職業生活の写真の提供を呼びかけています。

新型コロナウイルス感染症による危機が、ウィーンにとってどういう意味を持ったのか、将来の世代が理解できるようにすることを目的としており、提供されたものの中から選択が行なわれ、ミュージアムのコレクションとなります。

全ての地域・言語が対象で、電子メールで送信する際には、提供者にとってのそのものの意味を簡単に教えるよう求めています。

CORONA IN VIENNA: A HISTORICAL COLLECTION PROJECT (Wien Museum)
https://www.wienmuseum.at/en/corona-collection-project

Wien Museum
https://www.wienmuseum.at/en

オーストリア国立図書館、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための当局からの要請により休館

オーストリア国立図書館が、新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する当局からの要請により休館しています。同館の博物館も対象です。館内ツアーやガイダンス、イベントも中止されます。

貸出中の資料は貸出期間が延長され(延滞料は発生せず)、郵送による返却はしないよう要請しています。OPACやデータベースといったオンラインサービスは継続されるほか、チャットや電話・FAX・メールでのコンタクトは可能です。

Austrian National Library (Österreichische Nationalbibliothek)
https://www.onb.ac.at/en/
※Closing Austrian National Library、とあります。

英・ケンブリッジ大学出版局(CUP)とオーストリア学術図書館コンソーシアム(KEMÖ)、3年間の“Read & Publish”契約を締結

2020年3月2日、英・ケンブリッジ大学出版局(CUP)とオーストリア学術図書館コンソーシアム(Kooperation E-Medien Österreich:KEMÖ)は、2020年1月から2022年12月までの3年間を契約期間とする“Read & Publish”契約を締結したことを発表しました。

契約期間中、オーストリアの9大学・1研究所に所属する研究者は、公的資金で助成を受けた自身の論文について、論文処理費用(APC)を支払うことなくCUPの刊行するハイブリッドジャーナル、及び完全オープンアクセス(OA)ジャーナルでOAにより出版することができます。また、CUPの刊行するジャーナルへのアクセスが可能になります。契約の対象となるジャーナルの範囲は機関によって異なっています。

Open Access Vereinbarung mit Cambridge University Press(KEMÖ,2020/3/2)
https://www.konsortien.at/meldungen-Details.asp?meldungenid=931

米国化学会(ACS)の出版部門とオーストリア学術図書館コンソーシアム(KEMÖ)、3年間の“Read & Publish”契約を締結

2020年2月21日、米国化学会(ACS)は、ACSの出版部門とオーストリア学術図書館コンソーシアム(Kooperation E-Medien Österreich : KEMÖ)が試験的なオープンアクセス(OA)出版への「転換契約(transformative agreement)」として、“Read & Publish”契約を締結したことを発表しました。

契約期間は2020年1月1日から2022年12月31日までの3年間です。契約期間中、オーストリア国内の11研究機関に所属する著者は、自身が責任著者である査読済論文を無料でACSの60タイトル以上の雑誌でOAにより公開することができます。またこれらの機関に所属する研究者は、ACSの刊行する学術誌、及びACSが発行する最新の化学ニュースに関する情報誌“Chemical & Engineering News”に掲載された全ての記事へアクセス可能になります。

オーストリア学術図書館コンソーシアム(KEMÖ)、Springer Nature社との“Read & Publish”契約を更新

2019年9月3日、オーストリア学術図書館コンソーシアム(Kooperation E-Medien Österreich : KEMÖ)は、Springer Nature社と契約中のSpringer系のジャーナルに関する“Read & Publish”契約を更新したことを発表しました。

更新後の現在の契約は2019年1月から2021年12月の3年間を契約期間とし、オーストリア国内の34の研究機関(大学・応用科学大学等)、及びオーストリア科学財団(FWF Der Wissenschaftsfonds)が参加しています。この契約によりオーストリアの研究者等は追加料金の支払いなしに1,900以上のSpringer系のジャーナルへ研究成果をオープンアクセス(OA)で出版することが可能になります。また、コンソーシアムの構成員はSpringer、Palgrave Macmillan、Adisのジャーナル2,000誌以上にアクセスすることも可能です。

【イベント】写真史料をめぐる国際研究集会「在外写真史料の研究と歴史学」(6/27・東京)

2019年6月27日、東京都文京区の東京大学史料編纂所において、同所の古写真研究プロジェクト主催による、写真史料をめぐる国際研究集会「在外写真史料の研究と歴史学」が開催されます。

同所が進めている、国内外の写真史料(古写真)を対象とした調査・研究に係わって、在外日本関係写真史料の調査・研究成果を発表するとともに、来日中の写真史研究者ルーク・ガートラン氏による講演が行われます。

参加費は無料ですが、事前の申し込みが必要です。

内容は以下の通りです。

報告1
保谷 徹氏(東京大学史料編纂所)
「高精細画像でみる幕末・明治初期日本―ブルガー&モーザーのガラス原板コレクション」

報告2
谷 昭佳氏(東京大学史料編纂所)
「写真による幕末維新期の日本イメージの形成-英・仏・独・瑞・伊・墺・露のオリジナルコレクションから」

ページ