専門図書館

【イベント】第438回機振協セミナー「ウェブサイトは閲覧室:渋沢栄一記念財団情報資源センターの事業スタイルについて」(6/22・オンライン)

2021年6月22日、第438回機械振興協会セミナーとして、「ウェブサイトは閲覧室:渋沢栄一記念財団情報資源センターの事業スタイルについて」がオンラインで開催されます。

公益財団法人渋沢栄一記念財団情報資源センターの茂原暢氏を講師とし、同センターの設立の経緯・事業スタイルを概観し、あわせて、コロナ禍における図書館サービスのヒントについて講演が行われます。

定員は90人(先着順・要事前申込)であり、参加費は無料です。

「ウェブサイトは閲覧室:渋沢栄一記念財団情報資源センターの事業スタイルについて」(機械振興協会)
http://www.jspmi.or.jp/system/seminar.php?ctid=120307&smid=195

【イベント】専門図書館協議会2021年度全国研究集会(6/8-9・オンライン)

2021年6月8日と6月9日に、専門図書館協議会2021年度全国研究集会がオンラインで開催されます。

参加には事前の申し込みが必要です(有料)。

当日の主な内容は以下の通りです。

●6月8日
・「専門図書館と著作権 最新動向 2021」(仮)
生貝直人氏(一橋大学大学院法学研究科 准教授)

・「企業の価値を高める企業図書館」
石田嘉郎氏(株式会社ニチレイフーズ研究開発部食品科学グループマネージャー)

・「専門図書館の資金調達」
廣安ゆきみ氏(READYFOR 株式会社)、武藤祥子氏(公益財団法人松竹大谷図書館)、鴨志田浩氏(公益財団法人大宅壮一文庫)

●6月9日
・「「保存管理自己点検表」実践から学ぶ資料保存」
能勢美紀氏(日本貿易振興機構アジア経済研究所図書館)、眞野節雄氏(日本図書館協会資料保存委員会委員長)

・「今すぐ始める図書館資料の水害対策」 眞野節雄氏(日本図書館協会資料保存委員会委員長)

・「繋がるデジタルアーカイブ~今、専門図書館ができること~」
奥村牧人(国立国会図書館電子情報部)、中村覚氏(東京大学史料編纂所)

明治大学米沢嘉博記念図書館、「はじめてのバンド・デシネ展」を開催:6月11日から9月20日まで

2021年6月11日から9月20日にかけて、明治大学米沢嘉博記念図書館(東京都千代田区)が、明治大学米沢嘉博記念図書館・現代マンガ図書館の1階で、「はじめてのバンド・デシネ展」を開催します。

フランス語圏のマンガ「バンド・デシネ」について、日本語に翻訳された作品を中心に、未翻訳の作品も含めつつ、初めて触れる人にもわかりやすく紹介する展示です。

はじめてのバンド・デシネ展(明治大学)
https://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-hajimetebd.html

参考:
明治大学「現代マンガ図書館」、3月19日にリニューアルオープン:明治大学米沢嘉博記念図書館とカウンターサービスや閲覧室を一体化
Posted 2021年3月16日
https://current.ndl.go.jp/node/43556

【イベント】オンライン報告会「法31条適用外の専門図書館における著作権に関する課題」(5/27・オンライン)

2021年5月27日、専門図書館協議会により、オンライン報告会「法31条適用外の専門図書館における著作権に関する課題」が開催されます。

著作権法第31条適用外の専門図書館における、実務上の困りごとや課題について、阿部麻里氏(印刷博物館 ライブラリー)、小室利恵氏(トヨタ博物館図書室)、松本美善氏(砂防図書館)から報告が行われます。

定員は70人(先着順・要事前申込)であり、参加費は、会員は無料、非会員は3,000円です。

5/27 オンライン報告会「法31条適用外の専門図書館における著作権に関する課題」開催のお知らせ(専門図書館協議会)
https://jsla.or.jp/2021-05-27-online-meeting/

参考:
図書館関係の権利制限規定の見直しを含む「著作権法の一部を改正する法律案」が閣議決定される
Posted 2021年3月8日
https://current.ndl.go.jp/node/43484

美術図書館協会北米支部(ARLIS/NA)、美術図書館の職場における多様性推進に役立つリソース“Diversity Toolkit”を公開

2021年4月8日、美術図書館協会北米支部(ARLIS/NA)は、美術図書館の職場における多様性推進に役立つリソースとして“Diversity Toolkit”を公開しました。

同ツールは、司書雇用における人種間格差の解消の取り組みをきっかけとして、作成されたものです。

同ツールでは、雇用・リーダーシップ・ワークスペース・コレクションといったカテゴリごとに、ジャーナル記事・書籍・インタビューへのリンクがまとめられています。これらのリソースは実用的なソリューションを共有することを目指して選定されました。

現在は雇用のカテゴリが公開されており、今後その他のカテゴリが公開予定です。

メタデータの拡充によりオープンアクセス出版の機能強化を図るOPTIMETA(文献紹介)

2021年4月14日、Research Ideas and Outcomes誌に“OPTIMETA – Strengthening the Open Access publishing system through open citations and spatiotemporal metadata”と題された文献の初稿が公開されました。著者はドイツ国立科学技術図書館(TIB)のChristian Hauschke氏ら4人です。文献では、ドイツ連邦教育研究省(BMBF)から助成されているオープンアクセス(OA)ジャーナルのメタデータ拡充等を目的としたプロジェクトOPTIMETA(Stärkung des Open-Access-Publikationssystems durch offene Zitationen und raumzeitliche Metadaten)について述べられています。

県立長野図書館のOPACから長野県立美術館「アートライブラリー」所蔵資料の検索が可能に

県立長野図書館が、2021年4月9日から、同館OPACを通じて、長野県立美術館「アートライブラリー」の所蔵資料の検索が可能になると発表しています。

「アートライブラリー」は、4月10日に開館する長野県立美術館において、新たに設置される美術に関する専門図書館です。

2019年7月23日に締結された、長野県文化振興事業団信濃美術館(当時)と県立長野図書館の連携協定における主な事項のうち「蔵書管理の統一化に関すること」に基づき、同ライブラリーに備えられている展覧会カタログ、雑誌・新聞等に関する情報を、県立長野図書館の業務システムに統合し、検索できるようにしたものです。

検索結果画面において、「所蔵館」が「県立美術館」となっている資料が、アートライブラリーに所蔵されている資料です。

オーストラリア図書館協会(ALIA)、専門図書館に関するワーキンググループの報告書を公開

2021年4月1日、オーストラリア図書館協会(ALIA)が、専門図書館に関するワーキンググループの2016年から2021年にかけての報告書“ALIA working for special libraries 2016-2021”を公開したことを発表しました。

報告の中では、同グループの活動における優先事項である、「アドヴォカシー」「相互支援」「調査とベストプラクティス」ごとの成果の紹介等が行われています。

Supporting Australian special libraries(ALIA, 2021/4/1)
https://www.alia.org.au/news/22017/supporting-australian-special-libraries

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館、「秩父宮記念スポーツ博物館・図書館資料収集方針」を策定

2021年4月2日、秩父宮記念スポーツ博物館・図書館が、「秩父宮記念スポーツ博物館・図書館資料収集方針」(3月30日付)を策定したと発表しています。

2019年10月に設置された「資料の価値づけ及び収集方針策定等検討ワーキンググループ」が2020年12月23日に提出した最終報告書を踏まえ館内で検討し策定されたものです。

指針では、同館において収集する「スポーツ資料」は、日本のスポーツに関し、①日本におけるスポーツ及び競技の発展、また、②日本におけるスポーツと社会とのつながりやスポーツ文化の拡がりを示す、日本のスポーツ研究(スポーツ史及びスポーツ科学、体育・スポーツ教育など)及び競技の理解のために欠くことができないものであり、これまでのコレクションの継続を図るとともに、特に散逸等のおそれが高く、国において保全する必要のあるものを対象とするとしており、以下の4つのテーマを掲げています。

(1)スポーツイベント: 日本のスポーツ史上の画期となる顕著な大会・事象
(2)競技: 伝統的な身体文化と近代スポーツ受容後の競技の発展を示すもの
(3)人物: 日本のスポーツ史上注目される顕著な個人
(4)デジタル情報: 上記(1)~(3)を包含する要素

板橋区立中央図書館(東京)の新館がオープン:いたばしボローニャ絵本館を併設

2021年3月28日、東京都の板橋区立中央図書館の新館がオープンしました。同区の平和公園内に移転・開館したものです。

同館は「未来をはぐくみ、心の豊かさと新しい価値を創造し、“緑と文化”を象徴する図書館」を基本理念とし、「生涯を通じ、こころの豊かさを支える図書館」「課題解決型図書館」「学校・家庭と連携する図書館」「地域のコミュニティ形成を支援する図書館」「板橋の魅力“緑と文化”を象徴する図書館」を掲げています。

また、同館には、いたばしボローニャ絵本館が併設されています。同区では、「ボローニャ児童図書展」事務局より1993年から寄贈された海外絵本をもとに2004年に絵本館を設置しましたが、今回、新しい中央図書館に移転・併設したものです。絵本館には、世界約100か国、3万冊、70言語の絵本が所蔵されています。

3月28日に新中央図書館・ボローニャ絵本館がオープンします!(板橋区立図書館,2021/3/25)
https://www.city.itabashi.tokyo.jp/library/oshirase/2000487.html

ページ