大学図書館

EBSCO社、オーストラリア・メルボルン大学出版と提携し期限付きで同大学出版が刊行する電子書籍を同時アクセス数無制限・DRMフリーで提供

2019年10月14日、EBSCO社は、オーストラリアのメルボルン大学出版(MUP)と図書館向け電子書籍のオプションを充実させるために提携したことを発表しました。

この提携により、EBSCO社から期限付きで同時アクセス数無制限・DRMフリーの条件によりMUPが刊行する電子書籍を購入することができるようになります。DRMフリーのタイトルは、印刷・保存・ダウンロードに関する制限なく利用することが可能です。

図書館は対象タイトルの購入にあたって、同時アクセス数無制限・DRMフリーもしくは同時アクセス数制限有(1人または3人)・標準的なDRM付のいずれかの条件を選択することができます。EBSCO社は、このことにより、図書館が利用者の要求に合わせて自館のコレクションをカスタマイズすることで資料費を最大限執行可能になる、としています。

筑波大学附属図書館、「令和元年度附属図書館特別展~東京1964と日本文化について考える~」を開催

筑波大学附属図書館が、中央図書館貴重書展示室において、2019年11月1日から12月6日まで「令和元年度附属図書館特別展~東京1964と日本文化について考える~」を開催します。

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の参画プログラム」として、同館と筑波大学体育系との共催により実施されるもので、日本がどのようにオリンピックを受容し実現しようとしていたのか、さらに日本文化との関わりについて、真田久教授(筑波大学体育系)の指導のもと、同館所蔵のオリンピック関連資料を中心に展示されます。

11月10日と11月27日には、集会室において真田教授による講演会「文化としての東京オリンピック」も行われます。

「令和元年度附属図書館特別展~東京1964と日本文化について考える~」(11/1~12/6) (筑波大学附属図書館)
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/lib/ja/information/20191017

カナダ研究図書館協会(CARL)とカナダ国立図書館・文書館(LAC)、カナダ国内で出版された冊子体資料の共同管理プロジェクトを実施

2019年10月10日、カナダ研究図書館協会(CARL)とカナダ国立図書館・文書館(LAC)は、カナダ国内で出版された冊子体資料の共同管理プロジェクトの実施を発表しました。

冊子体出版物の共同保存管理の必要性がますます高まっていることを背景として、現在の状況の調査と今後の取り組みを提言するために、CARLとLACはカナダの冊子体出版物の共同管理とアクセスに関する国家戦略の設計と実施を目的としたワーキンググループを設立しました。CARLとLACは、デジタル化についても冊子体資料の保存要件やアクセス提供に影響を与えることから関連事業である、としています。また、国家戦略が他の国々の類似した取り組みを活用し補完することができるように、ワーキンググループは、国際的な冊子体資料共同管理のイニシアチブと連携・協調する予定です。

明治大学中央図書館、ギャラリー展示「城市郎文庫展—出版検閲とその処分」を開催

明治大学中央図書館(東京都千代田区)は、2019年10月18日(金)から11月17日(日)までの休館日を除く期間、同館のギャラリーで入場無料の展示「城市郎文庫展—出版検閲とその処分」を開催することを発表しています。

同館のコレクションである城市郎文庫所蔵資料の中から、戦前の出版検閲により発売禁止などの処分を受けた貴重な資料、戦後の刑法175条(猥褻文書関係)により摘発された資料等の展示が行われます。

また、展示関連企画として、2019年10月26日(土)に記念講演会「城市郎文庫と出版検閲」(仮)が同館で開催されます。講演会の内容(予定)は次のとおりであり、事前予約は不要とあります。

・講演1 城市郎文庫の特徴と出版検閲の処分
講師:浅岡邦雄氏(城市郎文庫研究会・元中京大学教授)

・講演2 大逆事件後の出版検閲
講師:山泉進氏(城市郎文庫研究会・明治大学名誉教授)

・ゲストトーク 城市郎と「発禁本」
講師:湯原公浩氏(株式会社平凡社) 聞き手・須川善行氏(城市郎文庫研究会)

【イベント】九州大学統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻・附属図書館共催シンポジウム・ワークショップ「大学における研究データサービス」(12/5-6・福岡)

2019年12月5日及び6日に、九州大学中央図書館(福岡県福岡市)4階きゅうとコモンズにおいて、九州大学統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻と九州大学附属図書館の共催によるシンポジウム・ワークショップ「大学における研究データサービス」が開催されます。

同イベントは九州大学と米国イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校との戦略的パートナーシップの一環として開催されます。シンポジウムでは、イリノイ大学から招へいされた図書館職員による、図書館の研究データサービス部門におけるサービスやサブジェクトライブラリアンによる研究者への研究データ支援の実際の紹介と、日本の大学における研究データサービスの方向性についての議論が行われる予定です。ワークショップはシンポジウムの翌日に開催され、研究データとは何か、データキュレーションに必要なチェック項目は何か、学術雑誌のデータポリシーの確認の重要性に関する演習を通して、研究データサービスとして何が必要かを理解することを目標とした内容です。

無料で参加可能ですが事前に申し込みが必要です。また、シンポジウムの定員は80人、ワークショップの定員は40人となっています。

主なプログラムは以下のとおりです。

【イベント】第3回東京大学学術資産アーカイブ化推進室主催セミナー「東京大学デジタル万華鏡 ~デジタルアーカイブズ構築事業の成果紹介とこれからの活用を考える~」(11/29・東京)

2019年11月29日、東京大学弥生講堂一条ホールにおいて、第3回東京大学学術資産アーカイブ化推進室主催セミナー「東京大学デジタル万華鏡 ~デジタルアーカイブズ構築事業の成果紹介とこれからの活用を考える~」が開催されます。

東京大学が2017年度から取り組む「東京大学デジタルアーカイブズ構築事業」の成果報告、及び今後のデジタルコレクションの活用方法などについて考えることを目的に企画されたセミナーです。講演やライトニングトーク等を通して、東京大学で公開されている多種多様なデジタルコレクション、様々なデジタルアーカイブシステムを一度に知ることができる内容である、としています。東京大学の学内者・学外者を問わず参加可能ですが、事前に専用の申込フォームから参加申込する必要があります。

主なプログラムは以下のとおりです。

・開会の辞
 熊野純彦氏(東京大学附属図書館長/学術資産等アーカイブズ委員会委員長)

【デジタルアーカイブズ構築事業の成果から】
・東京大学学術資産等アーカイブズポータルの紹介
 東京大学学術資産アーカイブ化推進室

「第5回図書館レファレンス大賞」の最終審査候補3事例及び奨励賞が発表される

2019年11月21日に第21回図書館総合展のフォーラム内で最終審査が行われる、「第5回図書館レファレンス大賞」の最終審査候補に選ばれた3事例が発表されています。

「図書館レファレンス大賞」は昨年までの「地方創生レファレンス大賞」の要項に大改訂を加えて今年から開催されるもので、募集内容を「何らかの成果に結びついたレファレンスサービス実施事例」だけでなく、「レファレンスサービス利用を促進する取り組み事例」にも拡大するともに、「ビジネス支援」のレファレンスだけでなく、レファレンスサービス全体に対象を拡大(公共図書館だけでなく全館種が応募可能)したものです。

締切までにあった22件の応募から選ばれた最終審査候補は以下の3事例です。

・田原市図書館(愛知県)
「まちづくりにつながる行政・議会支援サービス」

・近畿大学中央図書館
「すべてのカウンターにレファレンスを! -年間登録件数1万2千件 レファレンス統計システムの活用-」

・九州大学附属図書館
「Web学習ガイド「Cute.Guides」による課題解決支援」

また、奨励賞として以下の5件が発表されています。

令和元年台風第19号による図書館への影響

令和元年台風第19号の影響により、臨時休館中もしくは復旧未定の図書館や、一部エリアやサービスが利用できなくなっている図書館があります。また、道路状況により移動図書館の運行を休止している図書館もあります。
※今後、情報を追加する場合があります。

・公共図書館
【宮城県】
岩沼市民図書館
https://www.city.iwanuma.miyagi.jp/kyoiku-sports/kyoiku/simintosyokanrinzi.html
※「台風19号の影響により、施設1階が浸水したため、当面の間、『 臨時休館 』とさせていただきます」とあります。

独・De Gruyter社、大学出版局の新刊電子書籍の完全なコレクションをDRMフリーかつ同時アクセス数制限なしで学術図書館等に提供するビジネスモデル“University Press Library”を立ち上げ

2019年10月7日、独・De Gruyter社は、大学出版局の新刊電子書籍の完全なコレクションをDRMフリーかつ同時アクセス数制限なしで、学術図書館等に提供する持続可能なビジネスモデルとして、“University Press Library”を立ち上げたことを発表しました。

“University Press Library”は、De Gruyter社主導の下、米国の大学出版局3社と米国の図書館等のネットワークLYRASIS及び10の学術図書館が参加して、2014年から5年間行われた試験プロジェクトの成果です。

立ち上げ時点で“University Press Library”に参加する大学出版局として、以下の10社が挙げられています。

佛教大学附属図書館、Ex Librisのクラウド型図書館システム“Alma”の採用を決定

2019年10月8日付のProQuest社のお知らせで、佛教大学附属図書館(京都市)がProQuest社傘下Ex Librisのクラウド型図書館システム“Alma”の採用を決定したことが発表されています。

佛教大学附属図書館は、すでに導入済のEx Librisのウェブスケールディスカバリサービス“Summon”とともに“Alma”を利用する予定です。現在、ローカルの統合図書館システム(ILS)を“Alma”へ置き換える作業が進められています。

ProQuest社は、佛教大学が“Alma”の採用により、従来のILSでは不可能であった電子ジャーナル・電子書籍・デジタル資料・紙資料等の効率的な管理を実現できる、としています。

ページ