マンガ

明治大学米沢嘉博記念図書館、「はじめてのバンド・デシネ展」を開催:6月11日から9月20日まで

2021年6月11日から9月20日にかけて、明治大学米沢嘉博記念図書館(東京都千代田区)が、明治大学米沢嘉博記念図書館・現代マンガ図書館の1階で、「はじめてのバンド・デシネ展」を開催します。

フランス語圏のマンガ「バンド・デシネ」について、日本語に翻訳された作品を中心に、未翻訳の作品も含めつつ、初めて触れる人にもわかりやすく紹介する展示です。

はじめてのバンド・デシネ展(明治大学)
https://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-hajimetebd.html

参考:
明治大学「現代マンガ図書館」、3月19日にリニューアルオープン:明治大学米沢嘉博記念図書館とカウンターサービスや閲覧室を一体化
Posted 2021年3月16日
https://current.ndl.go.jp/node/43556

オーテピア高知図書館、「活用事例まんが」第1弾として、ビジネス支援サービスの事例をマンガ化:移住促進課とも連携

2021年4月22日、オーテピア高知図書館が、「活用事例まんが」第1弾として、ビジネス支援サービスの事例をマンガ化して公開しています。

「まるでオフィス!?図書館がリモートワークの強い味方に!」というタイトルで、移住促進課と連携した内容となっています。

オーテピア高知図書館「活用事例まんが」誕生!(No.1-ビジネス支援サービスの事例)(オーテピア高知図書館,2021/4/22)
https://otepia.kochi.jp/library/event.cgi?id=20210406200343qpui3i
https://otepia.kochi.jp/dataEvent/library/20210406200343qpui3i/jirei202104.pdf
※二つ目のリンクが活用事例まんがです[PDF:2ページ]。

明治大学「現代マンガ図書館」、3月19日にリニューアルオープン:明治大学米沢嘉博記念図書館とカウンターサービスや閲覧室を一体化

2021年3月16日、明治大学「現代マンガ図書館」が、3月19日にリニューアルオープンすると発表されました。

同館は、東京都新宿区から同大学駿河台キャンパス(東京都千代田区)内への移転のため、2019年12月16日から休館していました。

発表によると、リニューアルオープン後は、同大学の米沢嘉博記念図書館と複合的な運営が行われ、カウンターサービスや閲覧室が一体化されます。「現代マンガ図書館」は閉架式となり、オンラインでの蔵書検索サービス、閲覧資料の事前予約サービス、資料の郵送複写サービスも行うとしています。

お知らせ(明治大学現代マンガ図書館)
https://sites.google.com/site/naikilib/
※2021年3月16日付で、リニューアルオープンに関するお知らせが掲載されています。

明治大学米沢嘉博記念図書館・現代マンガ図書館、「現代マンガ図書館資料から生まれた書籍たち展」を開催

2021年3月19日から5月30日まで、東京都の明治大学米沢嘉博記念図書館・現代マンガ図書館の主催により、展示「現代マンガ図書館資料から生まれた書籍たち展」が開催されます。

2021年春に再開を予定している現代マンガ図書館の所蔵資料を利用して作られた書籍と、利用された同館資料の紹介が行われます。

現代マンガ図書館資料から生まれた書籍たち展(明治大学)
https://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-gendaimanga.html

参考:
CA1781 - 米沢嘉博記念図書館の現在 / 山田俊幸
カレントアウェアネス No.314 2012年12月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1781

北米の東アジア研究図書館における日本語の漫画雑誌の所蔵状況等に係る調査(文献紹介)

2021年2月に刊行された、東亜図書館協会(CEAL)の“Journal of East Asian Libraries”の172号に、米・スタンフォード大学のVictoria Rahbar氏による報告記事“Report on Japanese-Language Manga Magazine Survey 2020”が掲載されています。

本文献は、北米の東アジア研究図書館における日本語の漫画雑誌の所蔵状況や、図書館員が日本語の漫画雑誌を収集する、もしくは、収集しない要因を明らかにするために行った調査の報告記事です。

調査は、CEAL加盟館のうちの43館に対し、2020年2月24日に電子メール(8問)を送付して行われました。本文献は、2020年4月15日までに回答のあった15館のうち、スクリーニング質問に回答しなかった2館を除いた13館分の回答を用いて分析されています。

調査結果として、回答館のうち30.77%が日本語の漫画雑誌コレクションを所蔵していること、日本語の漫画雑誌コレクションを構築するプラスの要因として研究・指導上のニーズや学生からのリクエストがあること、マイナスの要因としては、整理・製本、予算、保存スペースに係る問題があることが紹介されています。

また、回答館のうち、

文化庁が主催するイベントサイト「MAGMA sessions〜マンガ・アニメーション・ゲーム・メディアアートのアーカイブの現在〜」が2月16日に公開

メディア芸術に関する情報を掲載する文化庁のウェブサイト「メディア芸術カレントコンテンツ」の2021年2月9日付記事に、文化庁主催のイベントサイト「MAGMA sessions〜マンガ・アニメーション・ゲーム・メディアアートのアーカイブの現在〜」を2月16日に公開すると掲載されています。

同イベントサイトでは、マンガ、アニメーション、ゲーム、メディアアートのメディア芸術4分野におけるアーカイブの現状について、有識者によるトークセッションやインタビュー等が、2月16日から順次公開されます。

各コンテンツは、動画、テキスト、音声の3形式で提供されます。

文化庁主催のイベントサイト「MAGMA sessions」が2月16日(火)から公開(メディア芸術カレントコンテンツ, 2021/2/9)
https://mediag.bunka.go.jp/article/article-17442/

E2347 - マンガ『夜明けの図書館』完結記念インタビュー

2010年11月に連載を開始した『夜明けの図書館』が,2020年11月に完結を迎えた。公共図書館でのレファレンスサービスをテーマとしたマンガであり,「暁月市立図書館」の新米司書「葵ひなこ」を主人公とし,利用者の様々な疑問・ニーズを出発点に「本と人」「人と人」をつなげていく様子が描かれている。また,同作品は,2020年の第23回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で,審査委員会推薦作品の一つに選出された。10年にわたる連載は完結したが,2021年1月30日に加西市立図書館(兵庫県)でのトークライブイベント,2021年2月17日には第7巻(最終巻)刊行を予定している。完結を記念して,作者の埜納タオさん,監修者として司書の立場から協力した吉田倫子さんにお話をうかがった。

八代市立図書館かがみ分館(熊本県)、マンガの蔵書冊数約1,000冊の「かがみマンガ文庫」を2021年2月1日に開設

2021年1月21日、熊本県の八代市立図書館は、同館のかがみ分館が2月1日に「かがみマンガ文庫」を開設することを発表しました。

「かがみマンガ文庫」は、リニューアル前の5倍に当たる約1,000冊のマンガの蔵書を擁して開設されます。なお、「かがみマンガ文庫」の蔵書の貸出・返却はかがみ分館のみで行われ、同館ウェブサイトからの予約等には対応していません。

「かがみマンガ文庫」 2/1(月)スタート!(八代市立図書館,2021/1/21)
https://www.yatsushiro-lib.jp/topics/2021/3101/

参考:
CA1782 - 広島市まんが図書館の現状と課題について / 吉田 宏
カレントアウェアネス No.314 2012年12月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1782

横手市増田まんが美術館(秋田県)、漫画家やくみつる氏による全てのマンガ原画の寄贈を受け同館10人目のマンガ原画の「大規模収蔵作家」として整理作業を開始

2020年12月10日、秋田県の横手市増田まんが美術館は、漫画家のやくみつる氏が全てのマンガ原画を横手市へ寄贈したことを発表しました。

寄贈を受けたマンガ原画は、これまでやく氏が約40年にわたって描いてきた挿絵などを含む全ての原画であり、点数は数万点に及ぶ見込みであることが紹介されています。やく氏はこの寄贈に伴って、数万点規模の原画を預かる同館にとって10人目の「大規模収蔵作家」となりました。

同館は、今後の整理作業において収蔵数を特定するとともに、収蔵された原画を紹介する企画展等の準備を進めることを発表しています。

お知らせ(横手市増田まんが美術館)
https://manga-museum.com/date/2020/12/10/
※2020年12月10日付のお知らせとして「やくみつるさん、大規模収蔵作家に仲間入り」とあります。

やくみつるさん、大規模収蔵作家に仲間入り(横手市増田まんが美術館)
https://manga-museum.com/3597/

明治大学米沢嘉博記念図書館、同館ウェブサイト上で「少女マンガはどこからきたの?web展~ジャンルの成立期に関する証言より~」を開催中

明治大学米沢嘉博記念図書館(東京都千代田区)が、2020年12月4日から「少女マンガはどこからきたの?web展~ジャンルの成立期に関する証言より~」を開催しています。

同展示は、1999年から2000年にかけて、少女マンガの成立期である1950年代にデビューした作家らを中心に開催された「少女マンガを語る会」の座談会の証言に基づいて構成されています。同館ウェブサイト上で、雑誌等の関連資料約170点を「少女マンガを語る会」における証言とともに展示することを通して、少女マンガジャンル成立期の様子を紹介しています。

同館1階の展示室でも資料やパネルの展示が行われています。また、2階の閲覧室では、当時の少女誌・貸本単行本などを並べた展示関連コーナーが設置されています。

ページ