デジタルアーカイブ

火災により焼失した首里城のデジタル復元を目指す「みんなの首里城デジタル復元プロジェクト」、首里城正殿の3Dモデルを公開

2019年12月23日、2019年10月に発生した火災により焼失した首里城のデジタル復元を目指す「みんなの首里城デジタル復元プロジェクト」が、首里城正殿の3Dモデル公開を発表しました。

同プロジェクトでは、異なる視点から撮影された写真やビデオを用いて三次元形状を復元する技術であるStructure from Motion(SfM)を活用し、首里城のデジタル復元に取り組んでいます。

みんなの首里城デジタル復元プロジェクト
https://www.our-shurijo.org/
※ウェブサイト下部の「更新履歴」に、2019年12月23日付けの更新情報として「正殿のモデルの追加(2,128枚使用)」とあります。

@our_shurijo(Twitter, 2019/12/24)
https://twitter.com/our_shurijo/status/1209337326620434435

東京大学附属図書館、デジタルアーカイブ「石本コレクション」の一部資料への解説及び翻刻テキストデータ追加を発表:展示会図録の情報を利用

2019年12月27日、東京大学附属図書館は、地震・火災などのかわら版や鯰絵などから成る「石本コレクション」のデジタルアーカイブ「東京大学総合図書館所蔵 石本コレクション」の一部資料への解説及び翻刻テキストデータ追加を発表しました。

2008年開催の東京大学附属図書館特別展示「かわら版・鯰絵にみる江戸・明治の災害情報-石本コレクションから」の展示図録のインターネット公開にあわせ、図録に掲載されている約40点の資料解説及び翻刻テキストを各画像公開ページに追加したものです。なお、これらのデータの利用条件はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC BYとなっています。

「石本コレクション」の展示会図録にある解説・翻刻データを公開しました(東京大学附属図書館, 2019/12/27)
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/contents/news/20191227

インド文化に関するポータルサイト“Indian Culture Portal”が公開される(インド)

インドの連邦政府情報放送省報道情報局(Press Information Bureau: PIB)のウェブサイトに掲載されている2019年12月10日付けのプレスリリースにおいて、同日、インド文化に関するポータルサイト“Indian Culture Portal”を公開したことが発表されています。

同ポータルはインド国内の図書館、ミュージアム、アーカイブ等が所蔵する文書・画像・視聴覚資料等をホストするものであり、同国文化省の構想の下、インド工科大学ボンベイ校のチームが構築を、国立インディラ・ガンディー・オープン大学がデータのキュレーションを担当しました。現在、ポータルのコンテンツは英語及びヒンディー語の表示に対応しているほか、将来的には他の地域言語でも利用可能となる予定です。

同ポータル上の記載によれば、同ポータルは“National Virtual Library of India project”の一部を成すものであり、文化省による資金助成を受けています。

関西大学デジタルアーカイブ、関西大学図書館の貴重資料『廣瀬本萬葉集』『槙檜群鹿図屏風』を含む340点余りを追加公開

2019年12月25日、関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)は、関西大学図書館の貴重資料である『廣瀬本萬葉集』や『槙檜群鹿図屏風』等を含む資料群を関西大学デジタルアーカイブ上で追加公開したことを発表しました。

関西大学デジタルアーカイブのうち、東アジアデジタルアーカイブに約340点、大坂(阪)画壇デジタルアーカイブに6点の資料が追加されました。

関西大学図書館の貴重資料である廣瀬本『萬葉集』や『槙檜群鹿図屏風』を含む340点あまりを追加公開しました(KU-ORCAS, 2019/12/25)
https://www.iiif.ku-orcas.kansai-u.ac.jp/news/20191225

関西大学東アジアデジタルアーカイブ
https://www.iiif.ku-orcas.kansai-u.ac.jp/books/about

法政大学、2020年4月に「HOSEIミュージアム」を開設予定:デジタルアーカイブも構築

2019年12月20日、法政大学は、創設140周年となる2020年の4月に、同大学創設以来の学術・文化資源を保存、展示するとともに、新たな教育・研究のコラボレーションを創造する場として「HOSEIミュージアム」を開設予定であることを発表しました。

「HOSEIミュージアム」は、中心的機能を有する「ミュージアム・コア」、各キャンパスに設置される「ミュージアム・サテライト」、学内各所でミュージアムと学生や卒業生・市民との接点をつくる「インフォメーション・スペース」、学内資源をアーカイブ化しウェブサイト上で展示公開する「デジタルアーカイブ」の4つの機能からなります。

2020年4月に同大学市ケ谷キャンパスに「ミュージアム・コア」を、その後各キャンパスに「ミュージアム・サテライト」を順次開設すること、2020年3月下旬にはウェブサイト(デジタルアーカイブ)の開設を予定していることも紹介されています。

2020年4月HOSEIミュージアムができます(法政大学, 2019/12/20)
https://www.hosei.ac.jp/NEWS/gaiyo/191220.html

米・デューク大学図書館が2019年に公開したデジタルコレクション:占領期日本で撮影された写真のアルバムも(記事紹介)

米・デューク大学図書館のデジタルプロジェクトチームによる2019年12月15日付けの記事で、同館が2019年に公開したデジタルコレクションの一覧が掲載されています。

アフリカ系米国人兵士の写真アルバムも公開対象となっており、その中には占領期日本で撮影された写真のアルバム“Henry Heyliger photograph album of occupied Japan”、“Maynard Miller photograph album of occupied Japan”も含まれています。

Digital Collections 2019(デューク大学図書館, 2019/12/15)
https://blogs.library.duke.edu/bitstreams/2019/12/15/2019-in-digital-collections/

Europeanaなどのデジタルコレクション活用を図るプロジェクト“TuEuropeana”(ポーランド)

Europeana の2019年12月19日付けの記事で、ポーランドのFINA(National Film Archive - Audiovisual Institute)に所属するMaria Drabczyk氏へのインタビューが掲載されており、FINAが調整役を担っているプロジェクト“TuEuropeana”が紹介されています。

Europeanaを中心とするデジタルコレクションの認知度向上や、二次利用促進のための戦略・手段について話し合うことを目的としたプロジェクトであり、2015年にポーランドの文化・国家遺産省が開催した一連の会合で生まれた、Europeanaのコレクションを広めるためのイニシアチブを立ち上げるというアイデアに端を発しています。

プロジェクト開始4年目となる2019年は、アーティストを対象とした年次プログラムを実施しており、その一環としてデジタルコレクションの収録資料を素材としたポスターのデザインコンテストを開催したことが紹介されています。

Europeana、産業遺産に関する絵画・ポスター等を用いた塗り絵本をオンラインで公開

Europeanaの2019年12月19日付けの記事で、欧州の博物館、美術館、図書館8館が所蔵する絵画・ポスター等を用いた塗り絵本“Europe at Work”のDropbox上での公開が紹介されています。

Europeanaは2019年の秋、欧州の文化機関と協力し、欧州の産業遺産で働いた人々のストーリーを共有・記録する取組み“Europe at Work”を開催していましたが、今回の公開はそれを受けてのものです。

Colouring Europe at Work: download our industrial heritage colouring book(Europeana Blog, 2019/12/19)
https://blog.europeana.eu/2019/12/colouring-europe-at-work-download-our-industrial-heritage-colouring-book/

バチカン図書館、デジタル化した資料のキュレーションページ“Thematic Pathways on the Web”を公開:資料には26,000点超のアノテーションを追加

2019年12月18日、米・スタンフォード大学図書館は、バチカン図書館が“Thematic Pathways on the Web”を公開したことを報じています。バチカン図書館がデジタル化した資料のキュレーションページであり、“Latin Classics”、“Greek Paleography”など5つのテーマ別展示を収録し、英語・イタリア語での表示に対応しています。

画像データ相互運用のための国際的な枠組であるIIIFに対応しており、採用しているIIIF準拠のビューワー“Mirador”の機能を活用して、アノテーションが数多く付与されている点が特徴です。同ページの検索オプション内の項目“Resource type”記載の数値によれば、現時点で“Manuscript”244点、“Annotation”26,233点が収録されています。

なお、“Thematic Pathways on the Web”はアンドリュー・W・メロン財団の助成を受けた3年間のプロジェクトの成果であり、同プロジェクトにはスタンフォード大学図書館も技術パートナーとして参加しました。

ページ