デジタルアーカイブ

文化庁、2020年度の「メディア芸術アーカイブ推進支援事業」の採択結果を公開

文化庁が2020年度の「メディア芸術アーカイブ推進支援事業」の採択結果を公開していました。

23件の応募があり、

・一般財団法人大阪国際児童文学振興財団の「明治、大正、昭和初期の子ども向け雑誌のデジタル化」(支援予定額:330万円)
・特定非営利活動法人ゲーム保存協会の「国内レトロ PC ゲーム データベース情報入力」(支援予定額:416万円)
・森ビル株式会社の「日本特撮アーカイブ」(支援予定額:493万円)
・公益社団法人日本漫画家協会の「日本漫画家協会所蔵本及び資料の調査整理・デジタル化事業」(支援予定額:234万円)
・一般社団法人日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムの「アニメ脚本と脚本家のデータベース構築」(支援予定額:352万円)

など、15件が採択されています。

東京大学学術資産等アーカイブズポータル、同大学デジタルアーカイブズ構築事業で公開された各コレクション画像の一括ダウンロードを容易にするIIIF Image Downloaderを提供開始

2020年7月29日、東京大学学術資産等アーカイブズポータルは、東京大学デジタルアーカイブズ構築事業の画像公開支援策により公開された各コレクションの画像公開ページにおいて、画像の一括ダウンロードを容易にするツールとして、「IIIF Image Downloader」の提供を開始しました。

同事業による画像公開ページでは、従来から「全コマダウンロード」機能が用意されていましたが、コマ数が多すぎる場合にダウンロードできないことがあったため、代替ツールとしてIIIF Image Downloaderが開発されました。所定のフォームから利用を申し込みすることで、IIIF Image Downloaderのインストールファイルが提供されます。なお、対応はWindowsのみとなっています。

東京大学学術資産等アーカイブズ共用サーバ上で公開されたアイテムの詳細ページで、IIIFアイコンからIIIFマニフェストのURLをコピーし、IIIF Image Downloaderに貼り付け、出力先フォルダを選択してから実行することで、対象画像を一括取得することができます。

新型コロナウイルス感染症拡大下の社会の記憶をアーカイブするチリ大学の取り組み“Memoria COVID-19”:Ex LibrisのPrimoとAlmaを活用して構築(記事紹介)

2020年8月13日、ProQuest社傘下の図書館システムベンダEx Librisは、新型コロナウイルス感染症拡大下の社会の記憶をアーカイブするチリ大学の取り組みを紹介したブログ記事を公開しました。

チリ大学では、新型コロナウイルス感染症が社会に拡大する中で、遠隔学習・在宅勤務・必要とされるソーシャルディスタンシングやフィジカルディスタンシング・課外活動・強制的な制限事項など、人々が日常生活や活動においてどのような変化を経験しているかについて、情報を収集し公開する取り組みを実施しています。取り組みは同大学の哲学・人文科学部歴史学科と情報サービス・図書館本部が共同で進めており、新型コロナウイルス感染症に関する個人的な体験談を写真・動画・手紙・携帯電話で作成したテキスト・音声・画像などの形で広く募集しています。Ex Librisの“Primo”を用いた同大学図書館のディスカバリーサービス内に専用ページとして“Memoria COVID-19”が作成され、同ページ上でGoogleフォームから体験談を投稿したり投稿された体験談を閲覧することが可能になっています。

米国議会図書館(LC)、1790年から1870年にかけて著作権申請時に提出された標題紙のデジタルコレクションを公開:1870年著作権法150周年

2020年8月13日、米国議会図書館(LC)が、現代的な著作権法が成立した1870年著作権法の150周年を記念し、1790年の著作権法制定から1870年までの期間に、著作権申請で使用された標題紙のデジタルコレクションを公開したと発表しました。

同コレクションは、1790年著作権法および1831年著作権法に則って、著者や出版者から送付された標題紙の画像約5万件で構成され、コメディや演劇、ハウツー本等が含まれています。また、絶版となっている資料や、著作権申請が出版の前に行われていたために実際に出版された著作とは異なるものがあるとしています。

記事の中では、初期の著作権申請に関する資料はワシントンD.C.の連邦地方裁判所や政府機関に保管されていましたが、1870年の著作権改正時にまとめてLCに移管されたということが述べられています。

次のフェーズとしては、政府職員により作成、維持管理されていた手書きの著作権台帳のデジタル化が挙げられています。

ユーザー作成コンテンツの著作権に関するEuropeanaの考え方:文字起こし、アノテーション、字幕等(記事紹介)

Europeana Proに掲載された2020年8月12日付け記事で、ユーザー作成コンテンツの著作権に関するEuropeanaの考え方が紹介されています。筆者はEuropeana財団のJunior Policy AdvisorであるAriadna Matas氏です。

Europeanaが、クラウドソーシングのプロジェクト等を通じてユーザーによるコンテンツの文字起こし、アノテーション付与、エンリッチメントを進めてきたことに触れつつ、これらのユーザー作成コンテンツの著作権をどう扱うかについてEuropeanaとしての考え方を示しています。

アノテーションとエンリッチメントについては、Europeanaのデータパートナーから提供されるメタデータと同じ扱いとし、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC0での提供とすべきとしています。一方、文字起こしと字幕については、それらが基づくコンテンツの知的財産権を尊重し、データパートナーがコンテンツに設定した権利ステートメントと同条件での提供としています。

秩父宮記念スポーツ博物館、デジタルアーカイブを公開

2020年8月1日、独立行政法人日本スポーツ振興センターが運営する秩父宮記念スポーツ博物館は、デジタルアーカイブの公開を発表しました。

同館が所蔵するスポーツ関係資料の周知を目的として開設されたものであり、所蔵資料の目録が検索できるほか、一部、デジタル化された資料については画像を掲載しています。

秩父宮記念スポーツ博物館、デジタルアーカイブ
https://www.i-repository.net/il/meta_pub/G0000672Chichibu
※2020年8月1日付けの新着情報に「秩父宮記念スポーツ博物館 デジタルアーカイブを公開しました」とあります。

米・ハーバード大学による#MeToo運動のアーカイブ(記事紹介)

2020年8月11付で、米国のハーバード大学の公式ニュースサイトである“The Harvard Gazette”に、同大学のアーサー・アンド・エリザベス・シュレジンガー図書館による#MeToo運動に関するアーカイブについての記事が掲載されました。

同館は米国における女性の生活やレガシーに関する多様な資料を収集しています。2017年10月に始まった、男性からの女性に対するハラスメントや暴力への抗議運動#MeTooについて、同館はウェブサイトやツイート、オンラインの記事をはじめとしたコンテンツを収集し、オンラインのアーカイブ“#metoo Digital Media Collection”を通して研究者向けに公開しています。

記事によると、アーカイブでは3,200万以上のツイートと1,100以上のウェブページ、数千の記事が提供されています。ツイートについては「#metoo」や「#timesup」等の同運動に関連する71のハッシュタグが付された、同運動に対して賛成・反対両方の立場のツイートIDのデータをダウンロードできます。

また、プライバシーやアクセス権に関する懸念から、データ利用原則に関する勧告や、ソーシャルメディアの提供者が提示する利用規約を遵守するということの周知を含んだ倫理声明文の作成を行ったことが述べられています。

国立教育政策研究所教育図書館、戦後教育資料デジタルアーカイブを公開

2020年8月6日、国立教育政策研究所教育図書館が、戦後教育資料デジタルアーカイブを公開したことを発表しました。

同デジタルアーカイブでは、1945年の第二次世界大戦終戦から1952年の講和条約までの教育改革に関する資料のうち、著作権調査等が完了した約1,200点の資料が公開されています。

ニュース(国立教育政策研究所教育図書館)
https://www.nier.go.jp/library/
※2020年8月6日付で、戦後教育資料デジタルアーカイブの公開に関するお知らせが掲載されています。

戦後教育資料デジタルアーカイブ
https://www.nier.go.jp/library/sengo/index.html

米・コーネル大学図書館、ヒップホップに関する写真のアーカイブ“Ernie Paniccioli Photo Archive”を公開

2020年8月4日、米国のコーネル大学のニュースサイトである“Cornell Chronicle”で、同大学図書館が、写真家のアーニー・パニッチョーリ(Ernie Paniccioli)氏が撮影したヒップホップに関する写真のアーカイブ“Ernie Paniccioli Photo Archive”を公開したと発表されました。

1980年代から2000年代初期にかけてのヒップホップミュージックと文化を記録した約2万枚の写真の画像が提供されています。発表によると、ヒップホップ文化に関する資料を収集した同大学のコレクション“Cornell Hip Hop Collection”で提供されている10万以上のコンテンツのうち、同氏が撮影した写真のデジタル化コンテンツがまとめられたものです。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスが付与された約500件の教育に関する画像が公開(記事紹介)

2020年8月4日付で、クリエイティブ・コモンズ(Creative Commons:CC)が、教育に関する写真のデジタルコレクション“American Education: Images of Teachers and Students in Action”に関するブログ記事を公開しました。

同コレクションは、高等学校の教育の改善に関する米国の組織“Alliance for Excellent Education”により提供されているものであり、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC BY-NC 4.0のライセンスで、約500枚の教師や生徒の写真が公開されています。

記事の中で、CCでは、これらの写真をオープンエデュケーションの活動の中で活用していきたいと述べられています。

ページ