公共図書館

米国図書館協会(ALA)、暴風雨の被害を受けたマリオン公共図書館が仮設図書館でサービスを実施するための資金を提供:ノートパソコン・タブレット・プリンター・Wi-Fiを購入

2020年10月5日、米国図書館協会(ALA)は、8月10日に発生した暴風雨デレチョの被害を受けた、イリノイ州・マリオン公共図書館に対し、Library Disaster Relief Fundを通じ1万ドルの資金を提供したと発表しています。

同館が設置した仮設図書館において、地域住民に対してサービスを行なえるよう、ノートパソコン、タブレット、プリンター、Wi-Fiのホットスポットを購入するために用いられます。

資金の提供は、十分なサービスを享受できていない住民の支援、暴風雨により大きな被害を受けた地域へのWi-Fiを用いたインターネットへのアクセス提供、リソースが限られた児童生徒のオンライン学習の支援、復興期間中における継続的な質の高い図書館サービスの提供、を目的としており、同館の館長による、これらサービスの必要性は当面のものだが、同地域の長期的なニーズに答えるためにも役立つと発言が紹介されています。

水戸市立図書館(茨城県)で資料を借りると水戸市立博物館で開催される特別展の招待券がもらえるコラボ企画が実施中

茨城県の水戸市立図書館(中央・東部・西部・見和・常澄・内原の各館)で本やCDを借りると、水戸市立中央図書館と同じ建物内にある水戸市立博物館で2020年10月17日から11月23日まで開催される、開館40周年記念特別展「ざんねんな 鳥&茨城のいきもの展」の招待券がもらえるコラボ企画が行なわれています。

@MitoZannen(Twitter,2020/10/6)
https://twitter.com/MitoZannen/status/1313235790097379328

ざんねんな 鳥&茨城のいきもの展(水戸市立博物館)
http://shihaku1.hs.plala.or.jp/exhibition/2783

宮城県図書館、東日本大震災文庫ミニ展示「震災と心のうた―短歌・俳句・川柳編―」を実施

宮城県図書館が、2020年10月3日から12月4日まで、同館3階の東日本大震災文庫で、東日本大震災文庫ミニ展示「震災と心のうた―短歌・俳句・川柳編―」を実施しています。

短歌や俳句、川柳により、大震災の中を生きる心情や情景を表現した資料が取り上げられています。また、被災地だけでなく、全国から寄せられた俳句を取り扱った資料の一部も展示されています。

東日本大震災文庫ミニ展示「震災と心のうた―短歌・俳句・川柳編―」
https://www.library.pref.miyagi.jp/latest/events/exhibition/1646-shinsaibunko-202012.html

参考:
宮城県図書館、東日本大震災文庫ミニ展示「震災とペット」を実施
Posted 2020年8月5日
https://current.ndl.go.jp/node/41664

長野県・信州大学、「災害アーカイブ展~令和元年東日本台風から1年~」を開催

2020年10月9日から、長野県と信州大学教育学部との共催で、「災害アーカイブ展~令和元年東日本台風から1年~」が開催されます。信州大学附属図書館も協力し、長野県立図書館が後援しています。

同展は、令和元年台風第19号による災害から1年を迎えるにあたり、災害の記憶や記憶を保存・継承し、災害を「自分事」として捉え、備えることを目的に開催されるものです。

長野県と信州大学の共同事業である「“猪(しし) の満水”災害デジタルアーカイブ」(デモサイト)や令和元年台風第19号の記録写真等が紹介されるほか、今年で6周年となる神城断層地震に関する「2014年神城断層地震アーカイブ」や2016年に発生した熊本地震に関する「熊本大学アーカイブ「ひのくに災史録」」も紹介されます。

特設ページでの展示をメインとしたものですが、一部会場を設けての展示を行われます。展示会場と開催期間は以下の通りです。

長野市役所 1F交流スペース 10月9日から10月16日

長野県庁 1F玄関ホール 10月12日から10月16日

信州大学中央図書館(松本市) 1F展示コーナー 10月19日から10月26日 ※同大学生、教員のみに公開

長野駅ビルMIDORI 3Fりんごのひろば 10月27日から10月31日

キャンパス・コンソーシアム函館(北海道)、加盟校の図書館と函館市中央図書館の連携のための組織「ライブラリーリンク」のウェブサイトをリニューアル

2020年10月1日、キャンパス・コンソーシアム函館(北海道)が、「ライブラリーリンク」のウェブサイトをリニューアルしたと発表しています。

「ライブラリーリンク」は、同コンソーシアム加盟校の図書館と函館市中央図書館による図書館連携のための組織で、メインのページでは、ライブラリーリンクが行っている図書の共同展示「LL文庫」や、市民が参加できるイベント(研修会)の情報が掲載されています。

ライブラリーリンクのホームページをリニューアルしました(キャンパス・コンソーシアム函館,2020/10/1)
https://www.cc-hakodate.jp/cch_info/6030

ライブラリーリンク
https://www.cc-hakodate.jp/librarylink

前橋市立図書館(群馬県)、令和2年度展示室企画展示「WRAPPING Paper Exhibition」を開催中:同館所蔵の市内の商店で配布されていた包装紙を展示

群馬県の前橋市立図書館が、2020年9月27日から11月29日まで、令和2年度展示室企画展示「WRAPPING Paper Exhibition」を開催しています。

同館等で所蔵する、旧町名時代から現在までの、前橋市や周辺地域に存在した商店において配布されていた包装紙を展示するものです。

同館では、図書や視聴覚資料、古文書のみにとどまらず、さまざまな形態の資料を収集・保存し、後世に残していくための取り組みを行っていると説明されています。

埼玉県立図書館、「埼玉サーチ」を公開:同館のデジタル化資料、県内の博物館・美術館等の所蔵資料約13万点の検索が可能

2020年10月1日、埼玉県立図書館が、同館のデジタル化資料、県内の博物館・美術館等を一度に検索できるシステム「埼玉サーチ」を公開したことを発表しました。

同館の資料検索システムの機能を活用したもので、発表によると、埼玉県立図書館のデジタル画像データ、埼玉県立歴史と民俗の博物館、埼玉県立近代美術館、さいたま文学館等の所蔵資料約13万点以上の資料を検索できます。

資料の「タイトル」、「作者/人物」等のメタデータ項目やキーワード、検索対象館が独自に設定している資料コードでの検索が行えます。

図書館からのお知らせ/2020年(埼玉県立図書館)
https://www.lib.pref.saitama.jp/information/2020/index.html
※2020年10月1日付で、「「埼玉サーチ」を公開しました」と掲載されています。

2020年度グッドデザイン賞発表:図書館・美術館等も受賞

2020年10月1日、公益財団法人日本デザイン振興会(JDP)が、グッドデザイン賞の2020年度受賞結果を発表しました。

あわせて、「独自性、提案性、審美性、完成度などの面において、今日のデザイン水準を高めるに相応しく、これからのモデルとなるデザイン」として位置づけられる「グッドデザイン・ベスト100」も発表されています。

「グッドデザイン・ベスト100」から選ばれる「グッドデザイン大賞」等の特別賞は10月30日に発表されます。

受賞者には以下のような図書館、美術館等も含まれ、そのうち、京都市美術館(京都市京セラ美術館)の改修増築計画が「グッドデザイン・ベスト100」に選ばれています。

2020年度グッドデザイン賞受賞結果を発表(JSP,2020/10/1)
https://www.jidp.or.jp/2020/10/01/news1001

金沢市立泉野図書館(石川県)、同館キッズフロアにDAISY図書の視聴コーナーを開設

2020年9月26日、石川県の金沢市立泉野図書館は、同館キッズフロアにDAISY図書の視聴コーナーを開設したことを発表しました。

石川県視覚障害者協会から同館へ寄贈されたDAISY図書として、「人魚姫」や「くまのパディントン」などの児童向けのタイトルの視聴が可能です。中学生以下の利用者は、同館キッズフロアの職員に申し出て再生機器を貸出することで、DAISY図書を視聴することができます。また、高校生以上の利用者も公開ホールのカウンターで職員に申し出ることで、同館の公開ホール内で視聴することができます。

岡山シティミュージアム(岡山市)、企画展「歴史家・山田貞芳の旧蔵書 ~岡山市立図書館に伝わった藩政期の学問と文化~」を開催

岡山市の岡山シティミュージアムが、2020年10月3日から11月1日まで、企画展「歴史家・山田貞芳の旧蔵書 ~岡山市立図書館に伝わった藩政期の学問と文化~」を開催しています。

山田貞芳は第一期の岡山市史の編集委員長を務めた歴史家で、1920年に亡くなった際に、教え子が旧蔵書約3,500冊を私財で買い取り、1928年には岡山市立岡山図書館(当時)に「特設山田文庫」として寄贈されました。

同企画展は、岡山空襲の直前に同館が疎開をさせて罹災を免れた約300冊の蔵書の中に、山田貞芳の旧蔵書88冊が含まれていることが近年分かったことから、その中に含まれる、岡山藩で活躍した学者や文化人の著作等や山田貞芳に関する資料を展示するものです。

企画展「歴史家・山田貞芳の旧蔵書 ~岡山市立図書館に伝わった藩政期の学問と文化~」(岡山シティミュージアム,2020/10/3)
https://www.city.okayama.jp/okayama-city-museum/0000025263.html

ページ