公共図書館

【イベント】日本図書館研究会第360回研究例会「国立国会図書館令和元年度図書館及び図書館情報学に関する調査研究「地域の拠点形成を意図した図書館の施設と機能に関する調査研究」について」(9/25・大阪)

2020年9月25日、大阪市立難波市民学習センター(大阪市浪速区)において、日本図書館研究会第360回研究例会「国立国会図書館令和元年度図書館及び図書館情報学に関する調査研究「地域の拠点形成を意図した図書館の施設と機能に関する調査研究」について」が開催されます。

国立国会図書館は、2019年度に「地域の拠点形成を意図した図書館の施設と機能に関する調査研究」を実施しました。同調査研究では、図書館施設に関する文献調査のほか、気仙沼図書館(宮城県)・大和市立図書館(神奈川県)・田原市中央図書館(愛知県)・瀬戸内市民図書館(岡山県)・伊万里市民図書館(佐賀県)を対象館とした事例調査により、各館が地域の拠点としてどのように機能しているかを施設面から分析しており、その概要の報告が行われます。発表者は国立国会図書館関西館図書館協力課の木下雅弘です。

日本図書館研究会の会員以外も参加可能ですが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、先着順に20人の定員が設けられ、参加を希望する場合には2020年9月23日までに所定のフォームから申し込みする必要があります。

韓国国立中央図書館(NLK)、データ駆動型の図書館政策実現のため、韓国文化観光研究院と業務協約を締結

2020年9月16日、韓国国立中央図書館(NLK)と韓国文化観光研究院が業務協約の締結を発表しました。

持続可能な図書館データの活用および図書館政策策定の基盤を整備する事を目的としており、図書館に関するデータの共有、図書館データ・統計の改善、データ駆動型の図書館政策の研究、データの活用に関する広報、に関して協力を行ないます。

文化の分野では、データの生産者と分析主体が断絶していたことにより、データが有用に活用されてこなかったとし、データの生産者であるNLKとデータの分析者である韓国文化観光研究院が協力することで、同分野においても、政府のデジタルニューディール政策に沿った、データの収集・流通・活用のサイクルを活性化する模範事例が形成されることが期待されています。

岩手県花巻市、新花巻図書館整備に係る市民と議会との意見交換会の実施結果を公開

岩手県花巻市が、2020年9月10日付で、新花巻図書館整備に係る市民と議会との意見交換会の実施結果を同市のウェブサイト上で公開しています。

花巻市では、2020年3月18日に市議会に設置された「新花巻図書館整備特別委員会」が、新花巻図書館の整備に関する調査検討を行っています。同委員会は2020年8月に地域及び関係団体と建設場所や図書館に欲しい施設や設備、複合化などに関する意見交換会を実施しました。

花巻市は、意見交換会の参加者数、アンケート集計結果、会場ごとの質問・意見の要約等を実施結果として報告しています。

新花巻図書館整備に係る市民と議会との意見交換会の実施結果を報告します(花巻市,2020/9/10)
https://www.city.hanamaki.iwate.jp/shigikai/1012601/1012603.html

北米の都市図書館協議会(ULC)、新型コロナウイルス感染拡大下でのデジタルデバイドの問題に対処するための行動戦略を提供するブリーフィング“Digital Equity in the Age of COVID-19”を公表

2020年9月11日、北米の都市図書館協議会(ULC)が、新型コロナウイルス感染拡大下でのデジタルデバイドの問題に対処するための行動戦略を提供するブリーフィング“Digital Equity in the Age of COVID-19”を公開しました。

すべての世帯におけるブロードバンドを通じたデジタルエクイティの推奨と、コミュニティ全体のデジタルリテラシーの保障において、図書館の管理職が、より積極的な役割を果たすために公表されたものです。

@UrbanLibCouncil(Twitter,2020/9/11)
https://twitter.com/UrbanLibCouncil/status/1304179802820227074

周南市立徳山駅前図書館(山口県)、オンラインで水彩画や親子ヨガに関する講座を開催

山口県の周南市立徳山駅前図書館が、オンラインで水彩画や親子ヨガに関する講座を開催します。ウェブ会議サービスZoomを用いて行われるものです。

2020年9月16日に開催される「誰でも描ける楽しい水彩画」は同館で実施する同イベント(参加費500円、定員5人)と同時に行われるもので、参加費は無料で定員はありませんが、パソコン・スマートフォン・インターネット環境や画材代は参加者自身で用意する必要があります。

9月29日に開催される「親子ヨガ」は、 オンラインのみの開催で、こちらも参加費は無料で定員はありませんが、パソコン・スマートフォン・インターネット環境やヨガマット(バスタオルで代用可)は参加者自身で用意します。

ともに参加には事前の申し込みが必要です。

【オンライン】誰でも描ける楽しい水彩画(周南市立徳山駅前図書館)
https://shunan.ekimae-library.jp/ja/event_page/6795

愛知県図書館、愛知県内横断検索『愛蔵くん』に東海北陸地区の県立図書館を追加

2020年9月11日、愛知県図書館が、愛知県内横断検索『愛蔵くん』に、東海北陸地区の県立図書館(岐阜県図書館、三重県立図書館、富山県立図書館、石川県立図書館、福井県立図書館)を追加したと発表しました。

『愛蔵くん』に東海北陸5県の県立図書館が加わりました(愛知県図書館,2020/9/11)
https://www.aichi-pref-library.jp/index.php?key=bb4rbafjw-218#_218

『愛蔵くん』(愛知県図書館)
https://www.aichi-pref-library.jp/?page_id=72

文部科学省、「各教科等の指導におけるICTの効果的な活用に関する参考資料」を公表

2020年9月11日、文部科学省が、「各教科等の指導におけるICTの効果的な活用に関する参考資料」を公表しています。

学校における各教科等の指導にあたり、新学習指導要領に基づき資質・能力をバランスよく育成するため、子どもや学校等の実態に応じ、各教科等の特質や学習過程を踏まえ、教材・教具や学習ツールの一つとしてICTを積極的に活用し、主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善につなげることが重要であるとして作成されたものです。

博物館・美術館・公文書館や図書館などのデジタル資料の利用(社会科,地理歴史科,公民科の指導におけるICTの活用について)、公立図書館等におけるオンラインを活用した電子書籍サービスを利用して、専門的な情報を確実に収集する(生活科・総合的な学習(探究)の時間の指導におけるICTの活用について)等の記載があります。

今後、各教科等の指導におけるICTの活用に関する解説動画についても順次作して公開するとしています。

名古屋市鶴舞中央図書館、サイエンスカフェ「図書館サイエンス夜話」をオンラインで開催

名古屋市鶴舞中央図書館が、2020年10月13日と10月30日、「図書館サイエンス夜話」を開催します。

同館が例年実施している、語り手と聞き手が打ち解けた雰囲気の中で科学について語らう「サイエンスカフェ」を、同館からの中継で、オンライン(Zoomウェビナー)で開催するものです。

内容は以下の通りです。

10月13日 第一夜「オーロラと夜間大気光の科学」
10月30日 第二夜「巨大地震から地域を早期に復旧させるために考えておきたいこと」

対象は高校生・一般で、参加費は無料ですが、定員が各回100人(先着順)です。

鶴舞中央図書館 「図書館サイエンス夜話 オンライン開催!」≪開催日:10月13日(火)、10月30日(金)≫(名古屋市図書館,2020/9/12)
https://www.library.city.nagoya.jp/oshirase/topics_event/entries/20200912_03.html

Library of the Year 2020の優秀賞・ライブラリアンシップ賞・特別賞の受賞機関が発表

2020年9月14日、NPO法人知的資源イニシアティブ(IRI)は、9月2日に実施したLibrary of the Year 2020(LoY2020)の二次選考会の結果を発表しています。

二次選考の結果、以下の機関が、優秀賞・ライブラリアンシップ賞・特別賞を受賞しています。

・LoY2020 優秀賞
安城市中心市街地拠点施設アンフォーレ及び中核施設安城市図書情報館
生駒市図書館
須賀川市民交流センターtette
みんなで翻刻

・ライブラリアンシップ賞
saveMLAK
一般社団法人北海道ブックシェアリング

・LoY2020 特別賞
新潟市学校図書館支援センター

LoY2020 二次選考結果発表!(IRI,2020/9/14)
https://www.iri-net.org/loy/loy2020-second-result/

薩摩川内市立中央図書館(鹿児島県)、同館の本を参考に作った・できた作品を募集する企画「図書館の本を読んでつくりました!」を開催

鹿児島県の薩摩川内市立中央図書館が、2020年10月12日から26日までを募集期間として、同館の本を参考に作った・できた作品を募集する企画「図書館の本を読んでつくりました!」を開催します。

洋服・布小物・アクセサリーや絵手紙・イラスト、自分で撮った写真、折り紙・消しゴムはんこ・エコクラフトなど同館の本を参考にして、「作ったもの」、「できたもの」、「できたこと」を募集する企画です。ガーデニング・釣った魚・料理などの場合には、それらを撮影した写真の形で応募することができます。

応募された作品は「秋の読書週間」にあたる10月27日から11月9日まで、同館内で展示される予定です。

図書館の本を読んでつくりました! [PDF:429KB](薩摩川内市立図書館)
http://lib.satsumasendai.jp/c1/bib/pdf10592.pdf

ページ