公共図書館

CA997 - 図書館とセキュリティ / 小林昌樹

20年間に2万8千冊もの本を盗んだ図書館員ブランバーグ(Stephen C. Blumberg)は,現在懲役6年の刑で服役中である。この事件は蔵書の保全に関する認識を高めたが,蔵書の保全だけが図書館のセキュリティではない。1980年代の半ば犯罪学者リンカン(Alan J. Lincoln)が1700館を対象に行った調査では,…

E370 - 図書館の閉鎖を回避する−米国における最近の動き

米国では図書館の運営予算が大幅に削減されており,ニューヨーク州エリー郡やカリフォルニア州サリナス市で図書館が閉鎖の危機にあることはE276で紹介したとおりであるが,その後も引き続き図書館の存続・閉鎖や運営予算の確保が課題となっている。ニューヨーク州エリー郡では,郡議会に…

E367 - 南アフリカ共和国における公共図書館の運営の現状

南アフリカ共和国の公共図書館1,240館は現在,“unfunded mandate”,すなわち財政的支援のないまま運営されている。これは,図書館の設置に責任を持つべき州政府が,中央政府から図書館関連予算を得られない状態であることを示している。1996年に成立した憲法では,それまで市町村によっていた…

CA982 - アメリカ公共図書館におけるInternet事情 / 福島三喜子

今や世界二千万人が利用しているといわれているインターネット。我が国でも今までは一部の機関でのみ利用されていたが,10月からは,JICSTがこのインターネットを通じて日本情報を発信していく計画があり,ますます我々に身近なものになりつつある。そのインターネットが果たしてアメリカ…

CA981 - ドイツ統一と公共図書館 / 戸田典子

1989年11月9日の劇的なベルリンの壁開放から5年が経過したが,社会のあらゆる領域でドイツ統一の激動は続いている。図書館界も例外ではない。1989年には東ドイツには合計13,545館の公共図書館(「国立一般図書館」が正式名称。この数字は組織体ではなくサービスポイントの数)があった。この…

E364 - もっとも効率的な図書購入方法とは?(英国)

7月29日,英国のコンサルティング会社PKFは『公共図書館:効率性と蔵書のサプライチェーンに関するレビュー』と題する報告書を公表した。これは,英国文化・メディア・スポーツ省(DCMS)と英国図書館・博物館・文書館国家評議会(MLA)から委託を受けて,全英の公共図書館サービスの効率性…

E360 - 英国公共図書館はコミュニティに貢献しているか?

7月4日,英国のレイザー財団は,図書館が地域コミュニティに対してどの程度貢献しているのかを調査するインパクト測定(impact measures)についての報告書“Libraries Impact Project”を公開した。英国ではすでに,文化・メディア・スポーツ省(DCMS)による公共図書館の全国基準に基づく評価制度(C…

E353 - 公共図書館のインターネット基盤整備状況(米国)

ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団と米国図書館協会(ALA)の助成によってフロリダ州立大学が行った,公共図書館におけるインターネット環境の整備状況に関する調査の報告書が,6月1日付で発表された。この調査は全国の図書館のうち6,865館に調査票を配布する方式で行われ,34州5,023館か…

CA953 - 同性愛関係コレクションは是か否か:公共図書館サービスと選書方針 / 岸美雪

「利用者のニーズと社会の動きとに図書館は無関係ではいられない」と言えば,誰しも総論では納得することであるが,米国で人口の10%が直面しているとされる同性愛のこととなると,米国の図書館でも反応はさまざまである。同性愛(ゲイ,レスビアン)の動きは,1969年のストーンウォール…

E330 - 英国公共図書館の利用状況−最新の統計から

これによると,公共図書館の来館者数は前年度比4.3%増と2年続けて増加を示したが,貸出者数,図書貸出冊数はそれぞれ6.5%,5.5%減少したとのこと。また,蔵書については,図書が3.3%減少したのに対して,その他の資料(雑誌,AV資料,電子資料など)は2.2%の増加を示した。CIPFAは,公共…

ページ