議会図書館

【イベント】デジタルアーカイブ学会第6回研究大会第2部(10/15-16・仙台、オンライン)

2021年10月15日から10月16日にかけて、デジタルアーカイブ学会第 6 回研究大会の第2部が開催されます。

参加方法は、東北大学災害科学国際研究所(宮城県仙台市)での会場参加とオンライン参加の2種類であり、参加費は無料で、事前の申し込みが必要です。

主なプログラムは以下の通りです。

●10月15日
・東日本大震災アーカイブシンポジウム(仮) -リアルとデジタルのアーカイブの意義と未来-
司会:加藤諭氏(東北大学学術資源研究公開センター史料館)

【伝承館事例報告】
青森県八戸市みなと体験学習館(前澤時廣氏)
岩手県東日本大震災津波伝承館(藤澤修氏)
みやぎ東日本大震災津波伝承館(登壇者未定)
福島県東日本大震災・原子力災害伝承館(瀬戸真之氏)

【デジタルアーカイブ事例報告】
岩手県(いわて震災津波アーカイブ〜希望)(高杉大祐氏)
宮城県図書館(アーカイブ宮城)(加藤奈津江氏)

・パネルディスカッション
国立国会図書館(中川透)
東北大学(柴山明寛氏,コーディネーター)

【イベント】JEPA Webセミナー 出版・電子出版著作権総講義第2回「出版・電子出版に起こる今後の変化」(10/1・オンライン)

2021年10月1日、日本電子出版協会(JEPA)の主催により、「出版・電子出版著作権総講義」の第2回「出版・電子出版界に起こる今後の変化」がオンラインで開催されます。

弁護士の松田政行氏を講師とし、以下の内容について講演が行われます。

(1)国立国会図書館における利用
(2)拡大集中許諾制度の導入
(3)利用へのシフトによる管理団体による権利処理のジャスティス

参加費は無料であり、事前の申し込みが必要です。Zoomでの参加(定員100人)、Youtube Liveによるライブ配信(定員なし)の2通りの参加方法があります。

2021年10月1日 JEPA Webセミナー「出版・電子出版著作権総講義 第2回」(JEPA, 2021/9/16)
https://www.jepa.or.jp/seminar/20211001/

国立国会図書館国際子ども図書館、公式Twitterアカウントを開設

2021年9月15日、国立国会図書館国際子ども図書館は、公式Twitterアカウントの開設を発表しました。

国際子ども図書館のサービスや活動に関する情報、「子どもと本に関するニュース」の更新に関する情報等を発信します。また、提供するサービスに不測の変更が生じた場合のお知らせも行います。

国立国会図書館国際子ども図書館公式Twitterアカウントを開設しました(国際子ども図書館, 2021/9/15)
https://www.kodomo.go.jp/news/2021-02.html

@NDLKODOMO(Twitter)
https://twitter.com/NDLKODOMO

関連:
子どもの読書に関する情報提供
https://www.kodomo.go.jp/info/index.html

国立国会図書館、こども霞が関見学デーの体験プログラム「電子展示を作ってみよう!」で案内した制作マニュアルや当日の作品をジャパンサーチで公開

2021年9月8日、国立国会図書館は、8月18日(水)・19日(木)の「こども霞が関見学デー」で実施したオンラインの体験プログラム「電子展示を作ってみよう!」のページをジャパンサーチで公開しました。

同プログラムは、ジャパンサーチの利活用機能である、マイノート、ワークスペースを使って、参加者のテーマや興味・関心に沿った、電子展示(ギャラリー)を制作するというものです。

公開したページでは、イベント趣旨や概要に加え、当日に参加者が制作した作品や運営側で作成したサンプル素材集を掲載しています。また、今後イベントなどで活用してもらえるように、参加者に案内した制作マニュアルをCC BYで公開しています。

こども霞が関見学デー「電子展示を作ってみよう!」(ジャパンサーチ、2021/9/8)
https://jpsearch.go.jp/gallery/jpsutilization-kasumigasekiday2021

米国議会図書館(LC)、2021年の“Library of Congress Literacy Awards”受賞団体を発表

2021年9月8日、米国議会図書館(LC)が、2021年の“Library of Congress Literacy Awards”の各賞の受賞団体を発表しました。

同賞は、模範的で、革新的で、反復可能な、米国内外でのリテラシーや読書の振興・促進に関する取組を表彰するもので、2013年に開始されました。

2021年の受賞団体は以下の3つです。

・David M. Rubenstein賞(15万ドル):Dolly Parton's Imagination Library(テネシー州ピジョンフォージ)
英国・オーストラリア・米国・カナダ・アイルランド・先住民コミュニティ等の子どもに無料で本を配布する取組

・American賞(5万ドル):The Parents as Teachers National Center(ミズーリ州セントルイス)
乳幼児の保護者向けにリテラシー・健康・福祉等に関する教育を行い、家庭における教育を支援

・International賞(5万ドル):The Luminos Fund(マサチューセッツ州ボストン)
エチオピア・リベリア・レバノンで学校に通っていない子ども対象とした教育プログラムを提供

韓国国会図書館(NAL)、AI日本法自動翻訳サービスの提供開始

2021年9月7日、韓国国会図書館(NAL)が、9月8日から同館ウェブサイトを通じて、AI日本法自動翻訳サービスの提供を開始すると発表しています。NAVER社の翻訳アプリPapagoと共同開発したもので、2020年7月20日に両者が締結した覚書にもとづくものです。

同サービスは、日本の法体系と法律用語を学習しており、参議院規則の「常会」は「정기회(定期会)」、「先取特権」は「우선변제권(優先弁済権)」のように、一般的な翻訳より正確な翻訳結果を算出すると説明されています。

今回のサービス開始により、翻訳予算の削減効果や、法曹界や研究者の利用が期待されているほか、公開構築された法律分野のAI学習データは人工知能の産業生態系構築のインフラとしても活用される予定としています。

米国議会図書館(LC)、一括ダウンロード可能なMARCデータ20万件以上を追加

2021年9月1日、米国議会図書館(LC)が、無料で一括ダウンロード可能なMARCデータ20万件以上を追加したと発表しました。

3回目の目録データの公開・追加であり、これまでに2,500万件のデータが提供されています。データには、書籍・逐次刊行物・電子ファイル・手稿・音楽等の多様な資料が含まれているとあります。

Library of Congress Releases Data for Free Download and Discovery(LC, 2021/09/01)
https://www.loc.gov/item/prn-21-047/library-of-congress-releases-data-for-free-download-and-discovery/2021-09-01/

韓国国会図書館(NAL)、「国会会議録ビッグデータ」サービスの提供を開始

2021年9月1日、韓国国会図書館(NAL)が、「国会会議録ビックデータ」サービスの提供を開始しました。

第16代から第21代までの約2万件の国家会議録の原文を議員別に分離して構築した発言データ約1,200万件が提供されており、発言者やキーワードでの検索のほか、議員の発言内容を分析しての視覚化サービスも提供しています。

同館では年内に制憲国会から第15代までの本会議の議事録の提供を予定しており、今後は、国会会議録全体のデータセットの提供も計画されています。

국회도서관,「국회회의록 빅데이터」서비스 시작(国会図書館、「国会会議録ビッグデータ」サービス開始)(韓国国会,2021/9/1)
https://www.assembly.go.kr/assm/notification/news/news01/bodo/bodoView.do?bbs_num=51838&bbs_id=&no=8288

E2417 - Japan Open Science Summit 2021<報告>

2021年6月14日から19日までJapan Open Science Summit 2021(JOSS2021)がオンラインで開催された。オープンサイエンスに関する日本最大のカンファレンスであり,市民科学,テクノロジー,政策・ポリシー,図書館・大学のデータ管理,分野におけるデータ公開・管理等をテーマに,オープンサイエンスの動向や研究データの共有・利活用等に関する23のセッションが行われた。本報告では,これらのうち,国立国会図書館(NDL)が主催したセッションとそれ以外の3つのセッションの概要を報告する。

ページ