議会図書館

CDNLAOニュースレター、最新号で「COVID-19パンデミック下の図書館サービス」を特集:5か国の国立図書館におけるサービスを紹介

2021年2月25日、国立国会図書館(NDL)は、NDLが編集するCDNLAO(アジア・オセアニア国立図書館長会議)の英文ニュースレター“CDNLAO Newsletter”第97号を公開しました。

特集として「COVID-19パンデミック下の図書館サービス」を取り上げており、中国、インドネシア、日本、パプアニューギニア、シンガポールの国立図書館によるサービスを紹介する以下の記事を掲載しています。

米国議会図書館(LC)、ロサンゼルス暴動のきっかけとなったロドニー・キング事件の裁判の法廷画家によるスケッチを取得:同館の法廷画コレクションに追加

2021年2月24日、米国議会図書館(LC)が、ロサンゼルス暴動のきっかけとなったロドニー・キング氏(1965年~2012年)への警察官の暴行事件に関する刑事・民事裁判の法廷画269枚を取得したと発表しています。

法廷画家のチェイニー(Mary Chaney;1927年~2005年)氏により描かれた、1992年から1994年にかけて開かれた同裁判の法廷画で、チェイニー氏の遺産管理団体から寄贈されたオリジナル作品140点と、LCが購入した129点から構成されます。今回取得したスケッチは、同館のPrints & Photographs部で所蔵される1964年以降の法廷画のコレクションに加えられます。

米国の歴史に触れるものとして法廷画を収集していること、また、同事件の裁判は、LCが収集し研究者が利用できるようにすべきものとして際立っているとの、同館のグラフィック・アート担当のキュレーターの発言も紹介されています。

米国議会図書館(LC)、「制定順法律集」の第93議会から第103議会(1973年から1994年)分がCongress.govで閲覧可能になったと発表

2021年2月19日、米国議会図書館(LC)は、「制定順法律集(United States Statutes at Large)」の第93議会から第103議会(1973年から1994年)分に収録された法律が、立法情報提供システムCongress.govから閲覧できるようになったと発表しています。

今後も、より多くの過去の法律をCongress.govに搭載していく予定としています。

Now Available on Congress.gov ー The United States Statutes at Large from 1973-1994(In Custodia Legis / LC, 2021/2/19)
https://blogs.loc.gov/law/2021/02/now-available-on-congress-gov-the-united-states-statutes-at-large-from-1973-1994/

【イベント】令和2年度児童サービス研究交流会「ウィズコロナ時代の児童サービス」(3/5-4/30・オンライン)

2021年3月5日から4月30日まで、国立国会図書館国際子ども図書館が、令和2年度児童サービス研究交流会「ウィズコロナ時代の児童サービス」をオンライン配信形式で開催します。

対象は、公共図書館・学校図書館等で児童サービスに携わる図書館員等で、開催期間中はいつでも動画の視聴が可能です。

参加費は無料であり、申し込みが必要です。

プログラムは以下の通りです。

・講演1「児童サービスの今とこれから―コロナ禍での学びと未来」
汐﨑順子氏(慶應義塾大学非常勤講師)

・講演2「ウィズコロナの経験を活かす―これからの学校図書館について考えるために」
庭井史絵氏(青山学院大学准教授)

・事例報告1「「としょ丸チャンネル」ができるまで」
岡田雅彦氏(さいたま市立中央図書館 資料サービス課 課長補佐兼係長)

・事例報告2「逆境をチャンスに―公立小学校図書館でも出来ること」
横山寿美代氏(杉並区立小学校司書)

・事例報告3「国際子ども図書館の取組」
国際子ども図書館児童サービス課

E2353 - みんなで翻刻:歴史資料の市民参加型翻刻プラットフォーム

新しい知識・情報の創造という図書館・ライブラリーが果たす役割を実現していることや,古文書を読める世代を失いつつある結果,それらを死蔵しかねない状況の図書館にとって存在意義が大きいとしてLibrary of the Year 2020 の大賞を受賞した『みんなで翻刻』は,インターネットを通じて誰もが参加できる歴史資料の翻刻プラットフォームである。「翻刻」とは歴史学の用語で,古文書や古典籍など歴史文献資料に書かれた文字を活字に起こし,史料集として刊行したり,データベース化してオンライン公開したりする作業のことを指す。日本には江戸時代以前から伝来する大量の文献資料が保存されており,近年はこれら資料のデジタル化も急速に進められている。しかしテキスト化された歴史資料は全体のごく一部に過ぎないため,全文検索が適用できないなど効果的な利活用が困難な状況にある。『みんなで翻刻』は,多数の参加者の協力を募ることでこれら文献資料の大規模なテキスト化を実現し,歴史資料の利活用促進につなげることを目的としたプロジェクトである。翻刻されたテキストはCC BY-SAライセンスで公開され,出典を明示すれば自由に利用できる。

【イベント】デジタルコレクション活用フォーラム(3/4・オンライン)

2021年3月4日、国立国会図書館(NDL)が、「デジタルコレクション活用フォーラム」をオンラインで開催します。

国立国会図書館デジタルコレクションおよび図書館向けデジタル化資料送信サービスの活用に関するフォーラムであり、概要紹介や活用事例の報告、意見交換等が行われます。

定員は900人程度(要事前申込)、参加費は無料です。

当日の主な内容は以下の通りです。

・デジタルコレクションの概要説明
NDL関西館文献提供課職員

・デジタルコレクションや図書館送信を活用している図書館や団体からの活用事例報告
青木三保氏(福岡県立図書館)
泉浩氏(愛媛県立医療技術大学図書館)
きたむらきよこ氏(ししょまろはん代表)

・意見交換

デジタルコレクション活用フォーラム(NDL)
https://www.ndl.go.jp/jp/event/events/202010304digi_info.html

科学技術情報整備審議会、国立国会図書館に「第五期国立国会図書館科学技術情報整備基本計画策定に向けての提言-『人と機械が読む時代』の知識基盤の確立に向けて-」を提出

2021年2月9日、国立国会図書館(NDL)は、国立国会図書館長の諮問機関である「科学技術情報整備審議会」から提出された提言「第五期国立国会図書館科学技術情報整備基本計画策定に向けての提言-『人と機械が読む時代』の知識基盤の確立に向けて-」をNDLウェブサイト上で公開しました。

本提言は、NDLにおける今後5年間を目途とした科学技術情報の整備の在り方について、デジタル技術が生活のあらゆる面に浸透し変革が進む時代に、NDLがどのように知識基盤を確立していくべきかという観点からまとめられたものです。なお、本提言には附属資料として「学術情報流通の整備をめぐる諸外国の状況調査」等も付されています。

本提言を受け、NDLは2020年度中に、2021年度からの 5 か年を計画期間とする「第五期国立国会図書館科学技術情報整備基本計画」を策定する予定です。

国立国会図書館、関西館企画展示「議会開設百三十年記念 『議会』誕生!~我が国議会政治の原点をさぐる~」を開催

国立国会図書館(NDL)は、2021年2月18日から3月3日までの期間に、関西館地下1階の大会議室において、企画展示「議会開設百三十年記念 『議会』誕生!~我が国議会政治の原点をさぐる~」を開催します。

1890年11月29日の大日本帝国憲法施行と同日に開会されて以来、制度や運営方法を変えながら歩みを続けてきた「議会」について、その誕生の原点を3章に分けて紹介する企画です。東京本館の憲政資料室が所蔵する歴史的資料11点に関西館の所蔵資料等を加えた全40点の資料の展示が行われます。第1章及び第3章は、東京本館で2020年12月に開催された「議会開設百三十年記念議会政治展示会」をもとにした構成ですが、第2章は関西館独自の内容です。

米国議会図書館(LC)の写真コレクション“Anthony Angel Collection”(記事紹介)

2021年1月28日付で、米国議会図書館(LC)が、同館が所蔵する、米国の写真家Angelo Rizzutoが撮影した写真のコレクション“Anthony Angel Collection”に関する記事を、ブログで公開しました。

同コレクションは、1949年から1967年に撮影された、ニューヨークの写真等約60,000枚の写真により構成されており、約1,400枚の自由利用可能な画像がオンラインで公開されています。

記事の中では、同コレクションの組織化・記述を行ったプロジェクトについて紹介されています。コレクションには、コンタクトシート(写真の縮小版一覧)、印刷された写真、ネガフィルム、小冊子等が含まれており、撮影者であるAngelo Rizzutoによる記述が不足しているため、研究者向けの記述や検索システムの整備のためには課題があったと述べられています。

【イベント】ジャパンサーチを使ってみた!~教育・研究・地域情報発信の現場から~(3/3・オンライン)

2021年3月3日、国立国会図書館の主催により、イベント「ジャパンサーチを使ってみた!~教育・研究・地域情報発信の現場から~」がオンラインで開催されます。

ジャパンサーチの「プロジェクト機能」や「ワークスペース機能」の使い方の紹介、実際の活用事例の報告が行われます。

参加費は無料で、事前の申し込みが必要です。

当日のプログラムは以下の通りです。

●開会挨拶及び趣旨説明
木目沢司(電子情報部電子情報企画課長)

●ジャパンサーチ利活用機能の紹介・デモ
電子情報部電子情報企画課連携協力係

●ジャパンサーチ利活用機能の利用事例報告
(1)小・中学校での調べ学習へのジャパンサーチ活用事例
大井将生氏(東京大学大学院情報学環・学際情報学府渡邉英徳研究室)

(2)博物館学芸員実習のキュレーション演習授業へのジャパンサーチ活用事例
齊藤有里加氏(東京農工大学科学博物館 特任助教)
堀井洋氏(合同会社AMANE 代表社員)

(3)大学研究室・ゼミ等における研究プロジェクトへのジャパンサーチ活用の可能性
加納靖之氏(東京大学地震研究所地震予知研究センター 准教授)

ページ