マレーシア

E1344 - ダブリンコアとメタデータの応用に関する国際会議<報告>

E1344 - ダブリンコアとメタデータの応用に関する国際会議<報告>

「2012年ダブリンコアとメタデータの応用に関する国際会議(DC-2012)」(E988E1121E1232参照)が,2012年9月3日から7日にマレーシアのサラワク州クチンで開催された。...

2011年アジア太平洋図書館・情報教育国際会議(A-LIEP 2011)の発表論文 日本からは10本

2011年6月22~24日にマレーシアで開催された、2011年アジア太平洋図書館・情報教育国際会議(A-LIEP 2011)の発表論文が同会議のウェブサイトで公開されています。2006年にスタートし、2009年には筑波でも開催されたA-LIEPは今回で4回目になるようです。プログラムによると、日本の参加者からは以下の10本の発表が行われたようです。

・Young Librarians Unite: Possibilities For Professional Transformation In Japanese Librarianship / Eriko Amano
・Evaluation on Inquiry-Based Learning through Libraries -A Case Study on Inquiry-Based Learning Competition in Japan- / Hiroyuki Ida, So-Young Kim, Takuma Asaishi, Akira Nemoto

E1082 - CDNLAO 2010カントリーレポート(3) マレーシア,シンガポール

マレーシア国立図書館(National Library of Malaysia:NLM)では,同国のコミュニケーション・マルチメディア機構と協同で,2010年3月に“U-Library(Ubiquitous Library)”というプロジェクトを開始している。「すべての家に図書館を」をスローガンに掲げるこの“U-Library”は,U-Libraryポータルや図書館管理システム,キャッシュレスでの支払い機能,ブロードバンドのインフラなど,7つの要素で構成されており,U-Libraryポータルからは,オンラインで本の貸出を申し込むことが可能である。...

マレーシア国立図書館、資料貸出のオンライン受付を開始へ

マレーシア国立図書館が、2010年7月に電子図書館“Ubiquitous”を開設し、資料の貸出をオンラインで受け付けるサービスを提供すると報じられています。資料は郵便物として利用者の元へ配送される予定とのことです。

National Library of Malaysia to Provide Online Borrowing, Service Begins in July(Resourceshelf 2010/3/21付けの記事)
http://www.resourceshelf.com/2010/03/21/national-library-of-malaysia-to-provide-online-borrowing-service-begins-in-july/

ムスリム図書館司書・情報科学者国際会議、13年ぶりに開催

1982年に米国で第1回が開催されたムスリム図書館司書・情報科学者国際会議(wCOMLIS)の第5回が、2008年11月25~27日に、マレーシアで開催されます。この会議は宗教を基盤にしたものではなく、主に、イスラムに関する情報をどのように取り扱うかが話し合われるというもので、開催されるのは実に13年ぶりとのことです。テーマは「知識の強化と情報リソースの豊潤化」で、とりわけ、イスラムに関する情報リソースには自由にアクセスできないという西洋社会からの「烙印」を取り払うべく、適切な書誌ツール、書誌コントロール、分類、主題付与、データベース構築、情報共有などの必要性について議論されるようです。

wCOMLIS
http://www.wcomlis.org/Home.html

October 6, 2008付けLISNewsの記事

ページ