公共図書館

韓国・ソウル図書館、社会問題の解決のための活動を支援する図書館の新たな役割・サービスを検討するイシューペーパー“Voice Of Citizen”を発刊

2021年7月21日、韓国・ソウル図書館は、イシューペーパー“Voice Of Citizen”を試験的に発刊すると発表しています。社会が直面する懸案事項や問題を発掘し、その解決を支援することができる図書館の新しい役割・サービスを検討するためのものです。専門家・当事者・司書が共同で企画・刊行します。

2020年からのコロナ禍により、「コロナブルー」「孤立」「生活の格差」が深刻化していることや、学業・職業・生活と全般にわたってデジタル機器と技術を保有していることの重要度が高まったことから、“Voice Of Citizen”では、このような変化に適用しなければならない青少年にとって重要な3つの問題(青少年心理・将来の職業環境・デジタルメディア)を選定し、各問題に関する、専門家の意見・青少年(当事者)のニーズ・司書が提案するサービスについての“Voice Of Citizen”を各々発刊します。

7月に専門家による3つの問題に関する“Voice Of Citizen”が順次発行された後、3週間の間隔で、同テーマでの青少年と司書による“Voice Of Citizen”が発刊されます。

東京子ども図書館、ボローニャ絵本館を併設する板橋区立中央図書館と連携協定を締結

2021年7月28日、東京子ども図書館が、ボローニャ絵本館を併設する板橋区立中央図書館と連携協定を締結したと発表しています。

両館ではこれまでも交流がありましたが、より積極的に連携を図ることを目的に連携協定を締結したとしています。

ニュース(東京子ども図書館)
https://www.tcl.or.jp/%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0/
※「板橋区立中央図書館と連携協定を結びました! 2021年7月28日」とあります。

日本図書館協会(JLA)、総務大臣・文部科学大臣等宛に「令和4 (2022)年度予算における図書館関係地方交付税について(要望)」を提出

日本図書館協会(JLA)が、2021年7月28日付で、総務大臣・文部科学大臣・図書議員連盟会長・学校図書館議員連盟会長宛に「令和4 (2022)年度予算における図書館関係地方交付税について(要望)」を提出しています。

感染症等による新たな生活様式対応の維持経費、公立図書館関係経費の改善、
学校図書館関係費の改善、会計年度任用職員の適正な任用、が要望されています。

令和4 (2022)年度予算における図書館関係地方交付税について(要望)(JLA,2021/7/28)
http://www.jla.or.jp/demand/tabid/78/Default.aspx?itemid=5895

E2406 - 佐賀県における「チーム司書ネットワーク等推進事業」の取組

佐賀県では,2020年度から「県立図書館司書が中心となって市町立図書館司書(市町立図書館には,公民館図書室も含む。以下同じ。)とのネットワークを強化し,市町立図書館支援の充実および県内司書のレベルアップを図ることにより,県民が本に親しむ環境づくりの充実を図る」ことを目的とした「チーム司書ネットワーク等推進事業」に取り組んでいる。

E2410 - デンマークの公共図書館による新たな図書館評価手法の提案

緊縮財政下において継続的に公共図書館を運営するにあたり図書館評価が重視されている。そのような中,2020年の秋,デンマークのロスキレ中央図書館,およびコンサルタント会社のSeismonautが新たな図書館評価手法による調査“The Impact of Public Libraries in Denmark: A Haven in Our Community”を実施した。調査結果は同名の報告書に示されている。本稿では,ロスキレ中央図書館による調査および報告書について概要を紹介する。

大阪府立中之島図書館、「おおさかeコレクション」にて「森田文庫」の一部、「三井文庫」の一部、「近世活字本」を公開

2021年7月20日、大阪府立中之島図書館が、「おおさかeコレクション」にて、特別コレクション「森田文庫」の一部、「三井文庫」の一部、「近世活字本」を公開したと発表しています。

森田文庫は、大阪市内で開業していた漢方医・森田幸門氏の旧蔵書で、診察、治療、漢方、本草など医学の各分野に関する資料が含まれます。

三井文庫は、大阪大学医学部助教授を経て国立大阪南病院長をつとめた三井駿一氏の旧蔵書で、中国の医学書が多く含まれます。

近世活字本は、江戸末期から明治初年にかけての近世活字本のコレクションです。

大阪府立中之島図書館 お知らせ
https://www.library.pref.osaka.jp/site/nakato/
※「「おおさかeコレクション」で当館所蔵の特別コレクション「森田文庫」(一部)、「三井文庫」(一部)、「近世活字本」を公開しました。 (2021年7月20日更新)」とあります。

船橋市西図書館(千葉県)、「ツイッターで!図書館DEゲーム部」を実施中

2021年19日から8月31日まで、千葉県の船橋市西図書館が「ツイッターで!図書館DEゲーム部」を実施しています。

種目は手元の本の中からお題に合ったフレーズを抜き出す「BringYourOwnBook」です。今回のお題である「#崖に追い詰められた犯人の一言」と、「#図書館DEゲーム部」のハッシュタグをつけて、本のフレーズとタイトル・作者名をTwitterに投稿することで参加できます。電子書籍は可ですが、マンガは不可とあります。

「いいね」が一番多い人がチャンプとなり、チャンプ作品は船橋市図書館のウェブページで紹介されます。

@nishi_library(Twitter, 2021/7/19)
https://twitter.com/nishi_library/status/1416945527837446146

【イベント】第1回未来型図書館を考える講演会「いきいきと生きるための図書館」(9/5・小松)

2021年9月5日、石川県小松市の小松市公会堂大ホールで、第1回未来型図書館を考える講演会「いきいきと生きるための図書館」が開催されます。

森田秀之氏(株式会社マナビノタネ 代表取締役)を講師とし、「未来型図書館」のあり方について学ぶイベントです。

定員は300人(要事前申込・先着順)で、参加費は無料です。

未来型図書館を考える講演会(小松市, 2021/7/27)
https://www.city.komatsu.lg.jp/kanko_bunka/1/4/12700.html

鳥取県立図書館、「とっとりデジタルコレクション」の子ども向けマニュアルを公開

2021年7月28日、鳥取県立図書館が、「とっとりデジタルコレクション」の子ども向けマニュアルを公開しました。

マニュアルでは「とっとりデジタルコレクション」のデータを自由研究や宿題で利用した際に出典の書き方についても説明されています。

お知らせ(鳥取県立図書館)
http://www.library.pref.tottori.jp/info/
※2021年07月28日欄に「【お知らせ】「とっとりデジタルコレクション」の子ども向けマニュアルを作成しました!」とあります。

板橋区立図書館(東京都)、小中学生に配付されたChromebookをインターネットに接続するためのフリーWi-Fiの提供を開始

東京都の板橋区立図書館が、小中学生に配付されたChromebookをインターネットに接続するためのフリーWi-Fiの提供を2021年7月21日から、同区立図書館の各館(清水図書館以外)で開始したと発表しています。

Chromebook接続用フリーWi-Fi使用について(板橋区立図書館,2021/7/26)
https://www.city.itabashi.tokyo.jp/library/oshirase/2000526.html

【GIGAスクール】区立教育施設の一部でChromebookが使用できます(板橋区,2021/7/21)
https://www.city.itabashi.tokyo.jp/kyoikuiinkai/houshin/ict/1033752.html

ページ