国立図書館

国立国会図書館デジタルコレクションに新規コンテンツ約17,600点が追加:「大久保利通関係文書」や「帝国図書館文書」も

2020年3月17日、国立国会図書館(NDL)は、国立国会図書館デジタルコレクションに新規コンテンツ約17,600点を追加したことを発表しました。

新規コンテンツには、NDLが所蔵する「大久保利通関係文書」等の憲政資料や、帝国図書館の平面図や年報草稿、閲覧統計、寄贈・購入書目など様々な資料からなる「帝国図書館文書」等も含まれており、一部はインターネット上で本文の閲覧が可能です。

今回の追加により、NDLが「国立国会図書館デジタルコレクション」で提供するデジタル化資料の総数は、約274万点となりました。

古典籍、憲政資料等約17,600点を「国立国会図書館デジタルコレクション」に追加しました(NDL, 2020/3/17)
https://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2019/200317_02.html
※新規追加資料の種別、追加数等が紹介されています。

フィンランド国立図書館、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館

2020年3月16日、フィンランド国立図書館が、3月18日から4月13日まで、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館すると発表しています。デジタルサービスは通常通り行うことを目指すとしています。電話やメールでの問い合わせにも対応します。5月31日までのイベントは中止されました。

会議はオンラインでの実施が調整され、職員は主に自宅でリモートワークを行なうとしています。

THE NATIONAL LIBRARY IS CLOSED FROM 18 MARCH TO 13 APRIL(National Library of Finland, 2020/3/16)
https://www.kansalliskirjasto.fi/en/news/the-national-library-is-closed-from-18-march-to-13-april

英国図書館(BL)・ウェールズ国立図書館(NLW)・スコットランド国立図書館(NLS)、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館

2020年3月17日、英国の、英国図書館(BL)・ウェールズ国立図書館(NLW)・スコットランド国立図書館(NLS)が、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館すると発表しました。

BLは、政府の指示に従い、3月17日からセントパンクラス館(ロンドン)・ボストンスパ館両館ともに休館し、閲覧室・ショップや展示・イベント等といった物理的な対面サービスを取り止めるとしています。休館中はデジタルコンテンツへのオンラインアクセスにより国内及び世界中にサービスを提供するとしています。

NLWは、新型コロナウイルス感染症の拡大と利用者の健康への懸念から、3月17日から無期限で休館するとしています。また今後3か月間の全イベントは中止・延期されます。休館中、同館の幅広いデジタル情報源が利用可能となるとしています。職員や業者は引き続き建物内に入れますが、自宅で勤務できるよう調整がなされています。今後についてはソーシャルメディアやウェブサイトで情報を提供するとしています。

米国国立医学図書館(NLM)、PubMedのリニューアル版“New PubMed”へ機能追加を実施:検索結果一覧画面の表示項目追加・PubMed形式による文献情報のエクスポートなど

2020年3月16日、米国国立医学図書館(NLM)は、PubMedのリニューアル版“New PubMed”へ機能追加を実施したことを発表しました。

“New PubMed”に対して、以下のような機能追加が実施されています。

・Summary形式の検索結果一覧画面で、文献の全ての著者名など表示される情報を追加
・“Send to”メニューに“Citation Manager”を追加し、現行のPubMedと同様に、多くの文献管理ソフトで利用可能なPubMed形式の文献情報として文献をエクスポートする機能の追加
・文献の保存形式からRIS形式を削除しPubMed形式に置き換え
・Advanced Search Builderの検索履歴・検索詳細欄で、入力された語句をPubMedが変換し実際の検索に使用した構文・検索語をクエリとして表示
・クリップボードに保存した文献を、Advanced Search Builderの検索履歴上で「0番目(#0)の検索」として利用できるように仕様変更

なお、NLMは記事の投稿時点で、2020年春の終わりごろに“New PubMed”が現行のPubMed(Legacy PubMed)に代わって基本システムとして稼働を開始する予定である、としています。

米・国立生物工学情報センター(NCBI)、新型コロナウイルスに関する最新学術文献をキュレーションした情報ハブとして“LitCovid”を公開

2020年3月12日付けのNature誌のVolume 579 Issue 7798の短信(Correspondence)欄で、米国国立医学図書館(NLM)傘下の国立生物工学情報センター(NCBI)計算生物学(Computational Biology)部門に所属するQingyu Chen氏らが、NCBIのウェブサイト内に開設された新型コロナウイルスに関する最新学術文献をキュレーションした情報ハブ“LitCovid”を紹介しています。

LitCovidはNCBIの計算生物学部門で実施された研究の成果であり、NCBI・NLMの上位組織である米国国立衛生研究所(NIH)の所内研究プログラムの支援により開発されました。ウイルスの生態や感染者の診断・管理に関する学術文献から適切な知見を提供することを目的としています。

LitCovidでは、PubMedに収録された1,000件以上の新型コロナウイルスと関連する文献への一元的なアクセス提供などが行われています。また、アクセス改善のために文献情報は毎日更新されており、研究トピックや地理的条件に基づいた、より詳細な文献の分類が進められています。

ギリシャ国立図書館・バチカン図書館及びスロベニア国立・大学図書館、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館

ギリシャ国立図書館、バチカン図書館、スロベニア国立・大学図書館が、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館すると発表しています。

ギリシャ国立図書館は、2020年3月16日、法令に従い、3月27日まで休館するとしています。ISBN・ISSN登録サービスやデジタル情報資源へのリモートアクセスは可能としています。

バチカン図書館は、3月10日に、4月3日までの休館を発表しています。

スロベニア国立・大学図書館は、3月13日以降、追って通知があるまで休館するとしています。オンラインでの利用者登録、レファレンス、ILL、電子書籍・デジタルライブラリ・電子情報源へのアクセスは継続されます。

@nationallibraryofgreece(Facebook, 2020/3/16)
https://www.facebook.com/nationallibraryofgreece/photos/a.1704418219845524/2737515423202460/

カナダ国立図書館・文書館(LAC)、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館

2020年3月13日、カナダ国立図書館・文書館(LAC)が、14日から追って通知があるまで、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館すると発表しています。

対象は、オタワ・バンクーバー・ウィニペグ・ハリファックスのサービスポイントです。

オンラインと電話によるサービスは継続され、退役軍人へのサービスや情報へのアクセス、プライバシーに関する依頼は優先されます。

Our service points are closed until further notice(LAC, 2020/3/13)
http://www.bac-lac.gc.ca/eng/news/Pages/2020/service-points-closed.aspx

ポーランド国立図書館、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館

2020年3月11日、ポーランド国立図書館が、3月12日から25日まで、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館すると発表しています。

文化・国家遺産省傘下の緊急委員会による文化機関の閉鎖の決定に従ったものです。休館期間中はデジタルライブラリー“POLONA”を利用するよう案内しています。

休館を延長する場合は通知するとしています。

The National Library will be closed to readers from March 12 to 25, 2020(National Library of Poland, 2020/3/11)
https://www.bn.org.pl/en/news/3925-the-national-library-will-be-closed-to-readers-from-march-12-to-25%2C-2020.html

アイルランド国立図書館(NLI)、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館

2020年3月12日、アイルランド国立図書館(NLI)が、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、3月29日まで休館すると発表しています。

対象となる建物は、本館、写真アーカイブ、展示施設の“Seamus Heaney: Listen Now Again”です。

NOTICE: NATIONAL LIBRARY CLOSING ON 12 MARCH(NLI)
https://www.nli.ie/en/list/latest-news.aspx?article=96c0a3d9-4cd7-471e-9b4a-edd05900aa83

@NLIreland(Twitter, 2020/3/12)
https://twitter.com/NLIreland/status/1238094076723036160

クロアチアのザグレブ国立・大学図書館、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、館内の同時利用者数を100人に制限

2020年3月16日、クロアチアのザグレブ国立・大学図書館は、同日付で導入された利用規約に従い、同時に館内に所在できる利用者を100人に制限すると発表しました。同時利用者数が100人に達した場合、退館する利用者を待ってからの入館となります。その他、貸出期間を3月31日まで延長するとともに、当面の間、遅い時間帯の学習サービスの提供を中止するとしています。

また、利用者に対して自由に利用できるように配置された消毒剤を用いて頻繁に手を消毒するとともに、昇降機を3人以上で利用しないようにとしています。

同館ではウェブサイトやFacebook、Twitter、LinkedInを通じて、新型コロナウイルス感染症の影響による同館のサービスの変更について周知するとしています。

ページ