韓国

韓国国立中央図書館(NLK)、同館所蔵の貴重書約200点のデジタル画像を「NAVER知識百科」に提供

2018年9月21日、韓国国立中央図書館(NLK)が、9月10日から、同館が所蔵する貴重書約200点のデジタル画像を「NAVER知識百科」から公開していると発表しました。

NLKでは、2015年から「NAVER知識百科」から同館の所蔵資料に関する情報を提供しています。

국립중앙도서관 소장 희귀본 콘텐츠 네이버 지식백과에 제공(NLK,2018/9/21)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/article_view.jsp?board_no=9768&notice_type_code=3&cate_no=4

韓国図書館協会(NLK)、Wikipediaの編集方針を学ぶ「図書館と一緒にWikipediaプロジェクト」への参加館を募集中

2018年9月13日、韓国図書館協会(NLK)が、「図書館と一緒にWikipediaプロジェクト」への参加館(国立・公共・大学・専門・学校図書館)の募集を開始しました。〆切は10月5日です。

韓国ウィキメディア協会との共催により、9月から12月にかけて、希望する館において、司書及び住民を対象に、Wikipediaの編集方針を学ぶエディタソンを実施するプロジェクトです。

すべての図書館員がウィキペディアにひとつずつ参照文献を加えるキャンペーン“#1Librarian 1Reference”プロジェクトの紹介なども行われる予定です。

[안내]‘도서관과 함께하는 위키백과 프로젝트’ 도서관 모집 공고(~10/5 마감)(NLK,2018/9/13)
http://www.kla.kr/jsp/info/association.do?procType=view&f_board_seq=55721

韓国図書館協会・文化体育観光部、ワークライフバランスの定着を目的に職場で人文学系プログラムを実施する事業の対象企業・団体を発表

2018年9月12日、韓国図書館協会(KLA)と文化体育観光部は、忙しい社会人のために職場で人文学系プログラムを実施する事業「訪問社会人人文学」事業の対象企業・団体15か所を発表しました。

同事業は「図書館道の上の人文学」事業の一環として2016年から中小企業・団体を対象に行われているもので、2018年度は、日々の生活で疲れているものの、繁忙のために文化系のプログラムに参加して仕事や生活の価値を見出し、再充電のための時間を過ごすことができない社会人を対象にカスタマイズしたプログラムも実施されます。

プログラムでは、電話相談室員を対象とした対話方法に関する講演や、コールセンターに勤務する外国籍の従業員を対象としたラップによるストレス発散といった内容のほか、建築・広告・音楽・食文化・対人関係・健康といったワークライフバランスに資するための講演や体験型イベントが行われます。

また、文化体育観光部では、ワークライフバランスに取り組む社会人を対象に、余暇時間に参加できる「図書館道の上の人文学」事業の社会人プログラムを今年度後半に全国7つの図書館で実施するとしています。

韓国・延世大学校、Googleブックスプロジェクトに参加

2018年9月12日、韓国・延世大学校が、Googleブックスプロジェクトへの参加を発表しました。

韓国の機関として初めての参加で、同大学が所蔵する資料から、朝鮮王朝後期の歴史・文化に関する資料や開化期以降のキリスト教関連資料など、著作権保護期間が満了した約2,400冊を優先的にGoogleブックスから公開するとしています。

同大学の発表によると、Googleブックスプロジェクトには、現在、約60の図書館が参加しており、約40言語の3千万点の図書が公開されています。

연세대, 국내 최초로 구글 북스 도서관 프로젝트 참여(연세대학교,2018/9/12)
http://www.yonsei.ac.kr/sc/intro/pressrel.jsp?mode=view&article_no=165906

韓国・富川上洞図書館内に「沖縄特別館」が開設

2018年9月14日、韓国・京畿道富川市の富川上洞図書館内に「沖縄特別館」が開設されます。

沖縄県・榕樹書林、鳥取県・てぃんさぐぬ花文庫、岡山大学名誉教授・上原兼善氏から同市への、沖縄及び人権・平和研究関連資料6千500冊の寄贈を受けて開設されたものです。

当日は開館式に加え、琉球・沖縄国際学術大会も開催されます。

부천시 보도자료(2018.9.4.)(전체)(부천시,2018/9/4)
https://www.bucheon.go.kr/epubview/epub.jsp?filepath=/board/700&fileid=2539913
※4件目のプレスリリースに「부천 상동도서관 내 오키나와특별관 개관(富川上洞図書館内沖縄特別館開館)」とあります。

韓国国立中央図書館(NLK)、ポータルサイトNAVERを通じた、公共図書館に関する詳細情報の提供を開始:館別貸出ランキング・新着図書リスト、時間別・曜日別貸出数グラフなどを表示

2018年8月30日、韓国国立中央図書館(NLK)が、ポータルサイトNAVERを通じた、国内の公共図書館に関する詳細情報の提供を開始したと発表しました。

同ポータルで図書館名で検索すると、住所、開館時間、休館日、蔵書数といった基本情報のほか、“도서관 정보나루”(図書館情報の渡し場)で提供されている公共図書館に関するビックデータを活用した、各館の年代別(乳幼児・小学生・青少年・成人)の貸出しランキング・新着図書情報、時間別・曜日別の貸出冊数の折れ線グラフなどが表示されます。

국립중앙도서관 빅데이터 기반 공공도서관 상세정보 서비스 제공(NLK,2018/8/30)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/article_view.jsp?board_no=9737&notice_type_code=3&cate_no=4

韓国・漢拏図書館、ゲームに対する保護者と子どもの間の認識の差を解消し、適切なゲーム文化を促進すること目的とした「2018年グッドゲーマーファミリー」プログラムを実施

2018年8月25日、韓国・済州特別自治道の漢拏図書館が、「2018年グッドゲーマーファミリー」プログラムを実施しました。

小学3年生から小学6年生までの子どもとその保護者からなる4人以内の家族30組を対象に、ゲームに対する保護者と子どもの間の認識のギャップを解消し、適切なゲーム文化を促進すること目的に、ゲーム物管理委員会・ゲーム利用者保護センターとの共催で実施されました。

プログラムは、適切なゲーム利用法(保護者と子どもは別教室)、家族全員でのゲーム体験、健康なゲーム利用のための時間管理法などといった内容で構成されています。

한라도서관 ‘2018 굿 게이머 패밀리’ 개최(済州特別自治道,2018/8/20)
http://www.jeju.go.kr/news/bodo/list.htm?qType=title&q=%EB%8F%84%EC%84%9C%EA%B4%80&act=view&seq=1113313

韓国・文化体育観光部、読書振興を目的とした野外図書館「ライフラリー(Lifrary)」を釜山・済州島・ソウルで実施

2018年8月16日、韓国・文化体育観光部が、「2018年本の年組織委員会」と共同で実施する、野外図書館「ライフラリー(Lifrary)」キャンペーンの開始を発表しています。

「ライフラリー」は“Life”と“Library”の造語で、「2018年 本の年」にあわせ、生活のなかで本に出会えるよう屋外に書架を設置することで読書文化を振興することを目的としたものです。

2018年8月に釜山・映画の殿堂(Lifrary X THEATER)、9月に済州島・挟才海水浴場(Lifrary X ISLAND)、10月にソウル・ソウルの森(Lifrary X FOREST)とソウル・光化門広場(Lifrary X PARK)で開催され、「本と映画」をテーマに、8月17日から19日かけて釜山・海雲台の映画の殿堂で開催された「ライフラリー」では、芝生の上に26メートル×20メートルの移動式書架と4,000冊の図書、テーブルや椅子が配置されたほか、有名人が選んだ本を並べた本棚、300冊の本を積んだ移動書店、原作・原案等が本である映画の上映会などが開催されました。

韓国国立中央図書館(NLK)、出版予定の図書や既刊本を紹介する動画(ブックトレーラー)を作成する講座を開催

韓国国立中央図書館(NLK)が、2018年9月5日・7日・12日・19日の5日間、出版予定の図書の予告編動画や既刊本を紹介する動画(ブックトレーラー)を作成する講座を開催します。

対象は16歳以上の35人です。本と映像制作に関心がある人は誰でも申込みが可能ですが、参加可能な人数が少ないため、事前に提出された申請書に基づき参加者の選考が行なわれます。

북트레일러 제작 실습 – 독서, 영상의 날개를 달다!(NLK,2018/8/17)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/notice_view.jsp?board_no=9714&notice_type_code=1&cate_no=3&site_code=nl

韓国・国会図書館、「第1回国会図書館ハッカソン大会」を開催

韓国・国会図書館が、2018年9月14日、「第1回国会図書館ハッカソン大会」を開催します。

参加者は「国家学術情報OpenAPI及びデータセット」「国会電子図書館OpenAPI」等国会図書館のデータと公共データポータルで提供されている公共データを活用・融合させたサービスの開発を行なうこととされています。

大会で実施される開発成果の試演に対する図書館利用者の反応も審査に反映されます。

国会図書館 プレスリリース
http://www.nanet.go.kr/libintroduce/bododata/selectBodoDataList.do
※「「제1회 국회도서관 해커톤 대회」 접수 시작 - 파스-타(PaaS-TA) 기반 공공데이터 활용 응용서비스 개발 경연 2018-08-08」(「第1回国会図書館ハッカソン大会」受付開始ーPaaS-TA基盤公共データ活用アプリケーションサービス開発コンテスト)とあります。

ページ