韓国

韓国の読書人口が増加、20代では81.6%

韓国の統計庁が発表した「2009年社会調査」によると、過去1年間に本を1冊以上読んだ読書人口は62.1%で、2007年より3.2ポイント増加したとのことです。年齢別の読書人口では20代が最も高い81.6%で、新聞購読者は2007年より3.2ポイント増加して71.4%となっています。

韓国で若者の読書・新聞購読が増加(朝鮮日報 2009/11/24付けの記事)
http://www.chosunonline.com/news/20091124000036

E988 - セマンティックウェブにおけるダブリンコアの可能性<報告>

2009年10月12日から16日までの5日間にわたり,「2009年ダブリンコアとメタデータの応用に関する国際会議(DC2009)」が韓国国立中央 図書館で開催された。この会議は,ダブリンコア等のメタデータに関する研究発表や意見交換の場として毎年開かれ,17回目となる今年度のテーマは 「LinkedDataのセマンティックな相互運用性(Semantic Interoperability of Linked Data)」であった。会議には,日本からの11名を含む97名が参加した。...

ダブリン・コア国際会議2009(DC2009)の発表資料

2009年10月12~16日に韓国・ソウルで開催された、第9回「ダブリン・コアとメタデータ・アプリケーションに関する国際会議」の発表資料がウェブサイトで公開されています。

International Conference on Dublin Core and Metadata Applications
http://dcpapers.dublincore.org/ojs/pubs/index

DC-2009 Seoul
http://www.dc2009.kr/

参考:
Dublin Core国際会議2008の発表資料
http://current.ndl.go.jp/node/8929

E970 - 韓国で2回にわたる著作権法改正

2009年春,韓国の著作権法が2回にわたり改正された。3月25日に公布された改正法(3月改正)と,4月22日に公布された改正法(4月改正)である。...

韓国サムスン電子、電子リーダー市場に参入

韓国のサムスン電子が、5インチ型の電子ペーパーディスプレイを搭載した電子書籍端末を発売したと報じられています。価格は339,000ウォン(約2万6千円)で、大手書店チェーン「教保文庫」の電子書籍販売サイトの作品が閲覧できるようになっているとのことです。

サムスン電子が電子書籍端末「SNE-50K」を韓国で発売、大手書店チェーン「教保文庫」と提携 -- hon.jp
http://hon.jp/news/1.0/0/1243/

サムスン、5インチタッチスクリーンモデルで電子ブックリーダーに参入 -- engadget 日本版
http://japanese.engadget.com/2009/07/27/samsung-ebook-reader/

E945 - 韓国の学術・研究機関図書館における学術雑誌講読状況調査

韓国の科学技術情報研究院(KISTI)が2009年6月15日,国内の大学,研究所などに属する457図書館が2008年に購読した学術雑誌について分析し,その結果を『KISTI知識レポート第1号 学術誌の収集政策樹立のための国内現況分析』として刊行した。...

文化庁、諸外国におけるフェア・ユース等の一般規定の導入状況に関する調査結果を公表

文化庁が、『著作権制度における権利制限規定に関する調査研究』の一環として実施した、イスラエル、台湾、香港、韓国、シンガポール、フィリピン等における著作権の一般規定(フェア・ユース型、フェア・ディーリング型、スリー・ステップ・テスト型等)の導入状況に関する調査のレポート(2009年3月付け)を公開しています。

「著作物の流通・契約システムの調査研究 『著作権制度における権利制限規定に関する調査研究』報告書(平成21年3月)」別冊「その他の諸外国地域における権利制限規定に関する調査研究」-レポート-
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/pdf/houkokusho_090626.pdf

参考:
文化庁、『著作権制度における権利制限規定に関する調査研究』報告書を公開
http://current.ndl.go.jp/node/13043

韓国の大学・研究機関図書館における学術雑誌の所蔵状況調査

韓国の科学技術情報研究院(KISTI)が2009年6月15日、国内の大学、研究所などに属する457図書館が2008年に購読した学術雑誌(印刷媒体/電子ジャーナル。オープンアクセス誌も含む。科学技術分野が中心)を分析した結果をレポートで発表しました。KISTIは学術雑誌の総合目録を構築するとともに、そのデータを活用した分析サービス(WiseCat)も行っており、このサービスによる分析結果です。

主な結果としては、Ulrich's Serials Directoryに収録されている学術雑誌のうち、韓国の大学・研究図書館が購読していた学術雑誌は14.5%に過ぎなかったこと、為替レートの問題などにより海外の学術雑誌を購読する機関が減少していることなどが報告されています。

[KISTI 지식리포트 1호] 학술지 수집정책 수립을 위한 국내 현황분석
http://wisecat.ndsl.kr/servlet/presentation/view?recNo=5
(分析レポート)

韓国NaverのQ&Aサービス「知識iN」、医師・弁護士による無料回答を開始

韓国のインターネットポータルサイト“Naver”が2009年5月27日、同サイトで提供しているQ&Aサービス「知識iN」で、法律関連の質問に対し、230名あまりのソウル地方弁護士会所属弁護士による無料回答を開始したと発表しています。「信頼性の高い情報の提供」(Naver)と「公共の利益のための新しい社会還元活動」(弁護士会)ということで、両者が協約を結んで行われるものです。弁護士は実名・写真(あれば)つきで回答するようです。

なお、Naverは2009年1月から同様に、医療関連の質問(医療相談、東洋医学関連の質問、症状・疾病に関する質問)に対する医師による無料回答も実施しています。こちらも大韓医師協会などと協約を結んで行われているもので、2009年6月時点では1,477名の医師が回答しています。平均して1日600件の質問があるとのことです。

Naverは今後、このような専門家による回答を、労務関連の質問にも拡大する予定だとしています。

네이버 ‘지식iN’에 질문하면, 변호사가 답변합니다!
http://www.nhncorp.com/nhn200512/pr/p_sRead.html?board_cd=01&board_no=4644
(弁護士による回答を開始した旨のプレスリリース)
네이버 지식iN에 질문하면 의사가 직접 답변해드립니다!

E934 - 国立デジタル図書館開館(韓国)

2009年5月25日,韓国ソウル特別市瑞草区に1億1,600万件のデジタルコンテンツを提供する国立デジタル図書館(CA1641参照)が開館した。“dibrary”(ディブラリー)と名付けられた同館は,物理的な利用者空間である「情報広場」(インフォメーション・コモンズ)と,ウェブ上の「ディブラリーポータル」からなる「ハイブリッド型」図書館である...

ページ