韓国

韓国・文化体育観光部、職場内の読書文化を奨励し豊かな読書活動を推進した企業を認証する、2020年の「読書経営優秀企業」132社を発表

2020年10月22日、韓国・文化体育観光部が、2020年の「読書経営優秀企業」132社(大賞1社、最優秀賞5社、優秀賞10社)を発表しました。

同事業は、同部が、職場内の読書文化を奨励し、豊かな読書活動を推進した企業を認証することを目的に2014年に開始したもので、2020年は認証数が大幅に増加しました(2014年:20社、2015年:18社、2016年:49社、2017年:56社、2018年:78社、2019年:103社)。

2020年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大により在宅勤務が増加し、対面での読書活動は円滑に実施できなかったものの、非対面・オンラインでの読書活動等といった新しく多様な方法で職場の読書文化が継続されたと評価しています。

大賞を受賞したのは教保生命保険株式会社で、企業創設者を含め、現在のCEOまで読書活動を推進しており、営業現場においては、読書学習と職務能力の開発を支援するために、役員・職員が参加する読書討論会、読書学習を通してお互いに意見を交換する「読書工房」といった活動を実施し、読書文化の底辺を拡大することに貢献したと評価されています。

臨時休館中の韓国国会図書館(NAL)、2020年10月27日から再開館

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により臨時休館中の韓国国会図書館(NAL)が、2020年10月27日から再開館すると発表しています。

開館時間は平日の14時から17時30分までで、週末および夜間のサービスは別途お知らせがあるまで休止です。

利用には事前の予約が必要で、1日当たりの予約可能人数は200人です。
図書館内や国会内の食堂は利用できません。

국회도서관 재개관 안내(10.27. 화요일부터) (国会図書館再開館案内(10月27日火曜日から))(NAL,2020/10/22)
https://www.nanet.go.kr/usermadang/notice/noticeDetail.do?searchNoSeq=2754

韓国・坡州市の小規模読書施設「虹の小さな図書館」、移住者の協力を得て、市立図書館の会員登録申込書をベトナム語・英語・日本語・中国語に翻訳

2020年10月5日、韓国・京畿道坡州市は、同市の金村駅舎内にある公立の生活密着型小規模読書施設「虹の小さな図書館」が、市立図書館の会員登録申込書をベトナム語・英語・日本語・中国語に翻訳したと発表しています。

同館は、外国人や移住民へのサービスに特化した図書館で、韓国語の得意でない住民が容易に図書館を利用できるような様々な取組を行なっており、今回、同館の取組に共感した移住者とが共同で企画・制作したものです。

翻訳された登録申請書は市立図書館のウェブサイトに掲載される予定です。

파주시 금촌무지개작은도서관, 외국인 회원가입 문턱 낮춰 (坡州市 金村虹の小さな図書館、外国人の会員登録の敷居を低くする)(坡州市,2020/10/5)
https://www.paju.go.kr/news/user/board/BD_board.view.do?seq=20201005110738549&bbsCd=1023

韓国・坡州市橋下図書館、司書の推薦図書・ボードゲーム・レジャーシート等が入った「散策バスケット」を貸出:館内長時間滞在不可に対応

韓国・京畿道の坡州市橋下(교하)図書館が、2020年10月4日から10月31日までの週末(土・日)、「散策バスケット」の貸出を行なっています。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、館内に長時間滞在することができないことから実施するもので、「散策バスケット」の中には、司書の推薦図書、ボードゲーム、レジャーシート、虫よけスプレー、メモ帳、同館発行の雑誌「PLAY」等が入っており、近くの公園等図書館外の好きな場所で利用可能です。

推薦図書は申込者の年齢を見て司書が選定し、ボードゲームは同館所蔵のものから選ぶことができます。利用は1日10人で、貸出時間は当日の10時から5時までです。

도서관 밖 도서관 즐기기 『산책(冊)바구니』 운영 안내(10/4~)(図書館外で図書館を楽しむ『散策(冊)バスケット』運営案内(10/4~))(橋下図書館,2020/9/24)
https://lib.paju.go.kr/ghlib/20001/bbsPostDetail.do?postIdx=30203

韓国国立中央図書館(NLK)、全国の図書館に新型コロナウイルス感染症に関する情報を提供するためのウェブサイトを公開

2020年10月12日、韓国国立中央図書館(NLK)が、ウェブサイト「図書館のための参考サービス、コロナウイルス感染症(COVID-19 図書館サービス)」を公開しました。

全国の図書館に新型コロナウイルス感染症に関する情報を提供することを目的としたウェブサイトで、国内・国外の図書館の動向、NLKの対応状況、参考情報(指針・規定、研究・調査報告書、ウェブ情報)が掲載されています。

도서관 감염병 위기대응 매뉴얼, 웹에서 확인하세요(図書館感染症危機対応マニュアル、ウェブで確認してください)(NLK,2020/10/12)
https://www.nl.go.kr/NL/contents/N50603000000.do?schM=view&id=37334&schBcid=normal0302

韓国国立中央図書館(NLK)、カザフスタン国立図書館に韓国資料室(Window on Korea)を設置

2020年10月8日、韓国国立中央図書館(NLK)が、カザフスタン国立図書館に韓国資料室(Window on Korea)を設置したと発表しています。

韓国資料室(Window on Korea)は、世界の主要図書館に韓国資料室を設置し、良質の韓国関連資料を提供することで韓国へのイメージを向上させ、韓国学の研究を支援することを目的に2007年に開始された取組で、今回のカザフスタン国立図書館への設置は31か所目です。

韓国資料室は、カザフスタン国立図書館の3階、世界資料室内に設置され、韓国語学習教材、韓国の歴史・文学関連の図書、映画、音楽資料等3,214点の資料が所蔵されています。今後もNLKでは、カザフスタン国立図書館に対し、毎年200点、5年間で約1,000点の韓国関連資料を提供する予定です。

大阪大学附属図書館、韓国国立中央図書館デジタル化資料送信サービスを導入

2020年10月1日、大阪大学附属図書館が、韓国国立中央図書館(NLK)のデジタル化資料送信サービスを導入したと発表しています。

NLKがデジタル化した資料の画像閲覧と複写(画像の印刷)ができるサービスで、大阪大学附属図書館が協定を結んだことにより利用できるようになりました。

同館の外国学図書館の1階カウンターにある専用端末1台から利用できます。

韓国国立中央図書館デジタル化資料送信サービスの利用開始について(大阪大学附属図書館,2020/10/1)
https://www.library.osaka-u.ac.jp/news/20201001_gaikoku/

外国学図書館 韓国国立中央図書館デジタル化資料送信サービス利用案内(大阪大学附属図書館)
https://www.library.osaka-u.ac.jp/gaikoku/nlk_digital/

韓国国立中央図書館(NLK)、ロシア・エリツィン大統領図書館と業務協約を締結:大統領図書館のデジタル化資料を閲覧できる専用席を設置

2020年9月29日、韓国国立中央図書館(NLK)が、韓・露修好30周年を記念して、ロシア・エリツィン大統領図書館と業務協約を締結したと発表しています。

今回の業務協約により、エリツィン大統領図書館のデジタル資料約87万の検索およびロシア関連資料のデジタルデータへの無料アクセスが可能となります。NLKでは、国立デジタル図書館の「情報広場」内にエリツィン大統領図書館のデジタル化された蔵書を閲覧できる専用席3席を設ける計画です。

エリツィン大統領図書館のプレスリリースによると、韓国で最初にエリツィン大統領図書館の遠隔電子閲覧室が設けられたのは、2017年の高麗大学校とのことです。

국립중앙도서관, 러시아 문헌의 디지털 서비스 제공(国立中央図書館、ロシア文献のデジタルサービス提供)(NLK,2020/9/29)
https://www.nl.go.kr/NL/contents/N50603000000.do?schM=view&id=37230&schBcid=normal0302

韓国国立中央図書館(NLK)を含む文化体育観光部所管の国立図書館・博物館・美術館等が2020年9月28日から再開

韓国・文化体育観光部が、2020年9月28日から、韓国国立中央図書館(NLK)を含む、所管する国立図書館・博物館・美術館等の国立文化芸術施設のサービスを再開しています。

同部所管の国立文化芸術施設は新型コロナウイルス感染症の感染の再拡大をうけ、8月19日から8月23日にかけて順次休館となりましたが、9月25日の国公立施設の運営を可能とする中央災難安全対策本部の決定を受け、所管する23の博物館・美術館・図書館および11の劇場が、施設の消毒および事前予約制等により再開します。ただし、国立慶州博物館と国立済州博物館は地方公共団体の要請により再開対象から除外されています。

図書館では、国立中央図書館、国立世宗図書館、子ども青少年図書館、国立障害者図書館が再開の対象です。

各館では利用者を収容可能人員の最大30%に制限し、利用者間の間隔を2メートル(最小1メートル以上)保てる環境を整備しています。

韓国・ソウル特別市教育庁、梨花女子大学校中央図書館外国学術誌支援センターと業務協約を締結:研究に関心のある市民の支援を目的に「外国学術誌原文複写サービス」を開始

2020年9月28日、韓国・ソウル特別市教育庁が、梨花女子大学校中央図書館外国学術誌支援センターと、相互の知識情報資源の共有と外国学術誌の原文資料の利用に関し、業務協約を締結したと発表しています。今回の締結により、外国学術誌のコピーを宅配で受け取ることができる「外国学術誌原文複写サービス」が開始されます。

教育部の支援を受けて進められており、同市の市民・学生・教職員は、同庁が運営する電子図書館を通じ、同大学が保有する約2,500件の教育・社会・芸術・体育分野の外国語雑誌を利用することができます。複写申込の翌日には発送されます。複写費用や宅配費用は同大学が全額負担するとしています。

ソウル教育庁では、これまで、電子図書館において、電子書籍・オンライン講座・電子雑誌・オーディオブックを提供していましたが、今回の業務協約の締結は、学術研究に関心のある市民・学生・教職員の研究を支援することを意図しています。

ページ