南アフリカ

E1705 - 世界図書館情報会議(WLIC):第81回IFLA年次大会<報告>

 2015年8月15日から21日にかけて,世界図書館情報会議(WLIC):第81回国際図書館連盟(IFLA)年次大会(E1214E1479等参照)が,南アフリカ・ケープタウンの国際コンベンションセンターで開催された。IFLAによれば112か国,合計3,190名の最終参加者があり,日本からも国立国会図書館(NDL)からの代表団6名を含む28名が参加した。なお同国での開催は,2007年のダーバン大会以来,8年ぶり2回目である。

アフリカの図書館に関する「ケープタウン宣言」(Cape Town Declaration)が採択

2015年8月14日、アフリカの図書館に関する「ケープタウン宣言」(Cape Town Declaration)が採択されました。

同日、IFLA・世界図書館情報会議(WLIC)年次大会に先立ち、アンゴラ、ブルキナファソ、カーボヴェルデ、コートジボワール、レソト、ギニア、マダガスカル、マラウイ、モザンビーク、ナイジェリア、南アフリカ、南スーダン、スワジランドの各国の大臣や代表が、南アフリカのケープタウンでの会合で、アフリカの図書館の現状や情報へのアクセスに関するアジェンダの実施状況などを議論しました。IFLAやアフリカ図書館協会連盟(African Library Associations & Institutions:AfLIA)の会長、各国の国立図書館長なども同席しました。それらの議論の結果が、ケープタウン宣言としてまとめられました。

Cape Town Declaration (2015)(IFLA, 2015/8/15)
http://www.ifla.org/node/9767

CAPE TOWN DECLARATION(IFLA, 2015/8/14)
http://www.ifla.org/files/assets/wlic/2015/documents/cape-town-declaration-of-ministers.pdf

国際図書館連盟(IFLA)のアジア・オセアニア分科会、2015IFLA年次大会の発表を募集

国際図書館連盟(IFLA)のアジア・オセアニア分科会が、2015年8月に南アフリカのケープタウンで開催されるIFLA年次大会の発表募集を開始しています。テーマは、“Repositioning Libraries in the Asia Pacific Region - Evolving Strategies, Innovative Services”で、図書館の効果や影響を高めるための取組についての投稿を求めています。アブストラクトの締切は2015年1月31日です。

Call for Papers - Repositioning Libraries in the Asia Pacific Region - Evolving Strategies, Innovative Services(2014/12/10付け)
http://www.ifla.org/node/9252

IFLA World Library and Information Congress 81st IFLA General Conference and Assembly (2014/12/10)
http://conference.ifla.org/ifla81/node/988

参考:
国際図書館連盟(IFLA)の国立図書館部会、2014IFLA年次大会の発表を募集 

商船三井、NPO法人「南アフリカ初等教育支援の会」の移動図書館車の海上輸送に協力(2014)

2014年5月23日、商船三井は、NPO法人Sapesi-Japan「南アフリカ初等教育支援の会」が教育支援のために南アフリカ共和国に送る移動図書館の海上輸送に協力することを発表しました。これまでに32台を輸送し、4回目となる今回は日本各地から寄贈された6台の輸送に協力するとのことです。

南アフリカ向け移動図書館車の海上輸送に協力(商船三井、2014/5/23付け)
http://www.mol.co.jp/pr/2014/14036.html

商船三井:環境・社会報告書
http://www.mol.co.jp/csr-j/report/backnumber/index.html

IFLA、第12回国際マーケティング賞の受賞図書館を発表

国際図書館連盟(IFLA)が2014年の国際マーケティング賞(IFLA International Marketing Award)の受賞館を発表しています。第1位には、トラム(路面電車)を図書館のマーケティングに活用した、Jiří Mahen Library(チェコ共和国)が選ばれています。第2位には、90秒の図書館CMを作成し、図書館サービスをアピールしたRegina Qu'Appelle Health Region Health Sciences Library (カナダ)、第3位には、Stellenbosch University Library and Information Service(南アフリカ)とシンガポールの国立図書館委員会(National Library Board)の2機関が選ばれています。

12th IFLA International Marketing Award Winners Announced(IFLAの2014/4/7付のプレスリリース)
http://www.ifla.org/files/assets/management-and-marketing/marketing-award/ifla_-_2014_press_release_draft_nm_edits_21_march_2014_2.pdf

ジャパンリンクセンター(JaLC)がDataCiteの会員に

2014年3月31日、ジャパンリンクセンター(Japan Link Center: JaLC)を含む4機関が、新たに、研究データの共有と活用の向上にむけて活動を行っている国際コンソーシアムであるDataCiteの会員となったとのことです。

今回参加したのは、それぞれの国や地域でDOI登録の活動を行っている機関で、JaLCのほか、エストニアのUniversity of Tartu (UT) 、the South African Environmental Observation Network (SAEON)、 European Organisation for Nuclear Research (CERN) の4つです。

これにより、DataCiteは、15か国の計22の会員と8の連携機関から構成されることとなりました。

DataCite General Assembly welcomes 4 new full member(DataCite, 2014/3/31付)
http://www.datacite.org/node/116

Japan Link Center
http://japanlinkcenter.org/jalc/

Members(DataCite)
http://www.datacite.org/members

ゲイツ財団、南アフリカの公共図書館を支援

2014年3月17日、南アフリカの芸術文化省が、、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団より3,200万ランドの資金提供を受け、“Gates Foundation Global Libraries' Project”を開始することを発表しています。公共図書館の強化を図るもので、資金は、国内の公共図書館におけるインターネット設備を充実させるために使われるようです。

Web of KnowledgeにブラジルのSciELOの引用文献データベースが追加

2013年10月24日に、トムソン・ロイター(Thomson Reuters)社が、SciELO(Scientific Electronic Library Online)のSciELO Citation IndexをWeb of Knowledgeに追加すると発表しました。

トムソン・ロイター社のニュースによると、SciELO Citation Indexには、アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、コスタリカ、キューバ、スペイン、メキシコ、ポルトガル、南アフリカ、ベネズエラのオープンアクセス誌約650タイトルと400万件以上の引用文献が収録されているとのことです。

Thomson Reuters Collaborates with SciELO to Showcase Emerging Research Centers within Web of Knowledge(Research Information 2013/10/24付け)
http://thomsonreuters.com/press-releases/102013/SciELO-Collaboration

Thomson Reuters collaborates with SciELO(Thomson Reuters)

南アフリカの電話会社が携帯電話で図書のフルテキストデータを配信するキャンペーン(記事紹介)

2013年10月3日、広告、デザイン、技術産業等に関するニュースを扱うウェブサイトPSFKに、南アフリカに拠点をもつ電話会社であるMTN Groupが、広告代理店であるMetropolitanRepublic Groupと提携して行った、ウガンダでの図書へのアクセス増加のためのキャンペーンについての記事が掲載されています。これは、ウガンダの新聞の印刷広告と、携帯電話を使った"The Everywhere Library"と呼ばれるキャンペーンで、新聞に掲載された図書の写真に書かれているコード番号を利用者が携帯電話に入力すると、キャンペーン期間中、無料で図書のフルテキストデータを受信できたとのことです。このキャンペーンは4週間行われ、アフリカと中東地域の情報産業界における賞であるLoerie awardsで複数の賞を受賞したとのことです。

Cell Phone Libraries Offer Books To Every Ugandan Home And School(psfk 2013/10/3)
http://www.psfk.com/2013/10/virtual-libraries-uganda.html

MTN’s Project Uganda scoops a Loeries Grand Prix (adlip)

南アフリカのケープタウン中央図書館、本を使ったドミノ倒しで米国のシアトル公共図書館を上回る

南アフリカのケープタウンで行われているフェスティバル“Open Book Cape Town”のプレイベントとして、本を使ったドミノ倒しの世界記録への挑戦が行われました。このイベントは、2013年8月28日にケープタウン中央図書館で開催されたもので、2回目の挑戦で、2,586冊を倒すことに成功したとのことです。

ギネス認定はまだとのことですが、米国のシアトル公共図書館の記録2,131冊を上回り、世界記録となるようです。Books Liveというサイトで、シアトル公共図書館の記録を意識して作られた動画や、1度目の失敗の後も参加したフェスティバルのスタッフや図書館員があきらめず再挑戦したとのストーリーが、掲載されています。

Open Book and Cape Town Central Library Break World Record for Longest Book Domino Chain(Books Live, 2013/8/27付け)
http://bookslive.co.za/blog/2013/08/27/open-book-and-cape-town-central-library-break-world-record-for-longest-book-domino-chain/
※動画あり

ページ