公立図書館

図書館友の会全国連絡会、「公立図書館の振興・発展に関する政策」についての公開質問状を8政党に送付

図書館友の会全国連絡会が、国会に議席を有する8政党に対し、2021年10月11日付けで「公立図書館の振興・発展に関する政策」についての公開質問状を送付したことを発表しています。

衆議院総選挙にあたり、(1)公立図書館の振興・発展に関する政策、(2)「活字文化議員連盟・公共図書館プロジェクト」の「5つの提言」についての2点を訪ねるものとなっており、到着したものから回答を公開するとあります。

「公立図書館の振興・発展に関する政策」についての公開質問状を掲載しました(図書館友の会全国連絡会, 2021/10/11)
http://totomoren.net/2021/10/11/senkyo-question2021/

【2021/10/11】「公立図書館の振興・発展に関する政策」についての公開質問状(とともれん活動報告, 2021/10/11)
http://totomoren.net/blog/?p=1056

香川県内公共図書館連携企画として、展示「#つながる図書館 思い出の本~忘れられない一冊~」が開催

2021年10月19日から11月28日にかけて、香川県内初の県内公共図書館連携企画として、展示「#つながる図書館 思い出の本~忘れられない一冊~」が実施されます。

発表によると、10月27日から11月9日までの読書習慣にあわせて開催されます。香川県立図書館と同県内の公共図書館合計23館が、「思い出の本~忘れられない一冊~」をテーマとして図書館職員が選んだ図書46タイトルのうち、各館で展示可能なものをまとめて展示・貸出する企画です。なお、展示期間や展示冊数は館によって異なります。

県内初 香川県内公共図書館連携企画「#つながる図書館 思い出の本~忘れられない一冊~」を実施します(香川県立図書館, 2021/10/9)
https://www.library.pref.kagawa.lg.jp/news/topics/collaboration_2021.html

【イベント】福岡市総合図書館主催講演会「ゲームで知る歴史~ Ghost of Tsushimaと蒙古襲来 ~」(10/31・福岡)

2021年10月31日、福岡市総合図書館が、同館内で講演会「ゲームで知る歴史 ~Ghost of Tsushimaと蒙古襲来~」を開催します。

講師は九州大学名誉教授の服部英雄氏で、聞き手は高倉暁大氏です。服部氏の著書『蒙古襲来と神風』等の内容に沿って、蒙古襲来を題材にしたアクションアドベンチャーゲーム「Ghost of Tsushima」を動画やゲームプレイにより紹介しながら、関連する歴史的事柄の解説が行われます。

参加は無料ですが、申し込み(定員20人・18歳以上)が必要です。

静岡県、新県立中央図書館整備事業設計業務の委託先事業者を決める公募型プロポーザルを実施

2021年10月1日、静岡県が、新県立中央図書館整備事業に伴う基本設計と実施設計を委託する事業者を決める公募型プロポーザルの実施を発表しました。

実施要領によると、参加資格を低く抑え、参加者の負担軽減に配慮し、挑戦しやすい発注方式「静岡型プロポーザル」として幅広い提案を求めています。「文化拠点」と言えるような環境デザインを導入して、全体のありようを再定義するような建築コンペティションとなることを期待しているとあります。

参加表明の期限は11月5日で、今回行われる設計者公募ののち、設計や工事が行われ、新図書館の施設が完成するのは2026年度の予定です。

新県立中央図書館整備事業設計業務委託に係る公募型プロポーザルの実施について(静岡県, 2021/10/1)
https://www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/kk-080/sintosyokan/architecture.html

「第7回図書館レファレンス大賞」の最終審査進出の3事例および奨励賞が発表される

2021年10月1日、「第7回図書館レファレンス大賞」の最終審査に進出した3事例が以下の通り発表されています。最終審査は、図書館総合展内で11月8日にオンラインで行われます。

・ミッション!作家 島尾敏雄の足跡を探せ!
指宿市立指宿図書館(鹿児島県)

・コロナ禍における非来館型サービスの拡充とTeamsを活用した調査体制の構築
立正大学図書館品川学術情報課(東京都)

・可視化と経験でレファレンス向上~R1GP
図書館ラボプロジェクト(Code for OSAKA×大阪市立図書館)

また、奨励賞として以下の2件が選ばれています。

・コロナ禍における 「開架で古書」「古書に親しむ講座」の実践から広がるレファレンスサービス
立正大学図書館古書資料館

・電子版「小学校社会科副読本・北広島」活用の実践的調査研究
北海道北広島市図書館

安城市図書情報館(愛知県)、Instagram上で「アンフォーレフォトコンテスト2021「#本のある毎日」」を開催

2021年10月1日から11月30日まで、愛知県の安城市図書情報館がInstagram上でフォトコンテストを開催します。毎年10月27日から11月9日に実施される読書週間にちなんで実施される取り組みで、おすすめの本や同館での過ごし方を共有することを呼びかけています。

安城市アンフォーレ課公式Instagramアカウントをフォローの上、同館内で撮影した写真や、同館や公民館図書室等サービスポイントの蔵書が写っている写真に、「#本のある毎日」「#アンフォーレフォトコン2021」のハッシュタグをつけて投稿することで、応募をすることができます。なお、コンテスト規約等詳細を必ず確認の上応募するよう案内されています。

最優秀賞(1人)、優秀賞(2人)には図書カードが贈呈される予定です。

アンフォーレフォトコンテスト2021「#本のある毎日」開催(安城市図書情報館, 2021/10/1)
https://www.library.city.anjo.aichi.jp/anforet_photo_2021.html

大牟田市立図書館(福岡県)と大牟田市立三池カルタ・歴史資料館(福岡県)、ADEACで「大牟田市三池炭鉱歴史資料デジタルアーカイブ」を公開

2021年10月1日、福岡県の大牟田市立図書館が、同館Twitterアカウントで、「大牟田市三池炭鉱歴史資料デジタルアーカイブ」の公開を発表しました。

同館と大牟田市立三池カルタ・歴史資料館の所蔵する労使紛争「三池争議」の渦中に発行されたビラ類等の画像データ約600件など、三池炭鉱関連の各種資料が公開されています。

また、一部資料の画像については、プライバシー保護の観点で閲覧制限がされており、閲覧希望者は大牟田市立図書館に問い合わせをするよう案内されています。

@omuta_library(Twitter,2021/10/1)
https://twitter.com/omuta_library/status/1443802859728871430

大阪市立図書館、Twitter連動企画!「もふもふ選手権」を開催中

2021年10月1日、大阪市立図書館が、同館デジタルアーカイブで公開されている引札や古文書に描かれている動物の画像を用いた、Twitter連動企画!「もふもふ選手権」を開催すると発表しました。

Twitterから応募する場合は、画像、画像の管理番号、その「もふもふ」が好きな理由を記載し、ハッシュタグ「#OML推しもふ」を付けて投稿を行います。その他、同館ホームページのアンケートフォームからも投稿を受け付けているとあります。

応募期間は10月1日から31日までです。

Twitter連動企画!「もふもふ選手権」を開催します!(大阪市立図書館, 2021/10/1)
https://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jo855gqsl-510#_510

指宿市立指宿図書館(鹿児島県)、結婚式の前撮り希望を受け、閉館後撮影会場に変身

鹿児島県の指宿市立指宿図書館が、2021年9月7日付けの同館公式Facebookにおいて、読書が共通の趣味で同館に来館したりお互いに本の紹介を行ったりしていた指宿市民のカップルからの要望を受け、館内で結婚式の前撮りを行ったことを報告しています。

同館から結婚生活の歴史に本の記録は彩りとなると提案して読書通帳を作成したほか前撮り証明書の発行を行ったとしています。

@ibusukitosyo(Facebook,2021/9/7)
https://www.facebook.com/ibusukitosyo/posts/2026215364192908

参考:
筑後市立図書館(福岡県)、同館の恋活イベント「本de恋活」で出逢った二 人 の 特典として「図書館de前撮り」を実施
Posted 2021年4月1日
https://current.ndl.go.jp/node/43714

E2427 - 箕面市立船場図書館の開館:指定管理者としての取り組みから

   2021年5月1日,箕面市立船場図書館が開館した(ただし,新型コロナウイルス感染症感染拡大に伴う緊急事態宣言発出のため6月20日まで臨時休館した)。大学図書館機能を兼ね備えた市立図書館を国立大学法人が運営するという国内初の事例である。本稿では,開館に至る経緯や開館後の状況を報告する。

ページ