公立図書館

熊本市立図書館、2019年11月1日から電子書籍の貸出と行政資料の保管・提供を行う電子図書館サービスを開始

熊本市立図書館が、2019年11月1日から電子図書館サービスを開始することを発表しています。

熊本市が2019年10月7日付で発表した報道資料「熊本市電子図書館の開館について」によると、電子書籍の貸出と行政資料の保管・提供が電子図書館サービスの内容となります。

電子書籍の貸出は、図書館カード登録済の市民を対象に、人気小説や実用本、子ども向けの絵本や図鑑等をオンライン上で無償提供し、インターネットを通して貸出・閲覧可能にするというものです。2019年度中に約6,500件(著作権有効3,000件、失効3,500件)提供し、その後毎年2,000件ずつコンテンツを増やすことが計画されています。

行政資料の保管・提供は、熊本市の重要な行政資料をデジタル化し保管するとともに、図書館のウェブサイトから誰でも閲覧可能にするというものです。行政資料の長期保管へ資するとともに、図書館蔵書と同様にオンライン蔵書目録を活用するため容易に検索が可能になる効果がある、としています。将来的には、保管する行政資料点数の拡充に加えて、郷土資料・歴史資料など行政分野以外の貴重資料のデジタル化も検討されています。

福島県立図書館、同館ウェブサイトに「令和元年台風第19号による福島県内図書館関係施設の状況について」を掲載

2019年10月17日、福島県立図書館が、同館ウェブサイトに「令和元年台風第19号による福島県内図書館関係施設の状況について(令和元年10月17日現在)」を掲載しました。

あわせて「令和元年台風第19号の影響による県内被災図書館・公民館図書室・学校図書館への支援について」も掲載し、被災支援にあたって県立図書館の支援事業を活用できることを紹介するとともに、支援内容についての相談を受け付けていると案内しています。

おしらせ バックナンバー(福島県立図書館)
https://www.library.fks.ed.jp/ippan/home/backnumber.html
※2019.10.17欄に「令和元年台風第19号の影響による県内被災図書館・公民館図書室・学校図書館への支援について」「令和元年台風第19号による福島県内図書館関係施設の状況について(令和元年10月17日現在)」とあります。

大阪市立図書館、同館のデジタルアーカイブに収録されたオープンデータコンテンツの二次利用条件をCC0ライセンスに変更

2019年10月17日、大阪市立図書館は、大阪市立図書館デジタルアーカイブに収録されたオープンデータコンテンツ(画像・メタデータ)について、同日より、二次利用条件をクリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC BY 4.0からCC0に変更したことを発表しました。

このことにより、出典(クレジット)表示を必須要件とせず、改変や商用利用を含め自由な利用が可能になったことが紹介されています。

デジタルアーカイブ オープンデータコンテンツの利用条件を変更しました(大阪市立図書館, 2019/10/17)
https://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?active_action=journal_view_main_detail&block_id=510&page_id=0&post_id=11038&comment_flag=1

石川県、新石川県立図書館整備工事起工式を実施

石川県が、2019年10月14日、新石川県立図書館整備工事起工式を実施しました。

報道によると2021年度中の建物完成が予定されています。

新石川県立図書館整備工事起工式について [PDF:1ページ]
https://www.pref.ishikawa.lg.jp/kisya/2019/documents/1010tosyokan.pdf

【石川】文化立県「新たな知の殿堂」/新県立図書館整備が起工/開架30万冊、トップクラスの規模/21年度中に建物完成(地方建設専門紙の会(北陸工業新聞社),2019/10/16) 
http://www.senmonshi.com/archive/02/02EEFLDa2H2U2A.asp

舞鶴市立西図書館(京都府)、東京オリンピック・パラリンピックのホストタウンであることにちなみ「ウズベキスタンってどんな国?」を開催:民芸品・民族衣装の紹介や郷土食の試食等

2019年11月9日、京都府の舞鶴市立西図書館が、同市がウズベキスタン共和国の2020年東京オリンピック・パラリンピックのホストタウンであることにちなみ「ウズベキスタンってどんな国?レ・アルトゥルさんを囲んで」を開催します。

ウズベキスタン共和国のお話や民芸品、民族衣装の紹介や郷土食プロフの試食が行なわれます。

レ・アルトゥルさんは、両国の調整や合宿団の受け入れ準備のほか、市民との文化交流などを担当するウズベキスタンからの国際交流員です。

西図書館だより(令和元年10月号) [PDF:2ページ]
https://www.city.maizuru.kyoto.jp/kyouiku/cmsfiles/contents/0000005/5592/nishi0110.pdf

宮城県図書館、台風19号による被害で臨時閉館中の公立図書館の情報をTwitterで発信

2019年10月16日、宮城県図書館が、台風19号による被害で臨時閉館中の県内の公立図書館の情報をTwitterで発信しています。

情報が入り次第、追加で発信するとしています。

@Miyagi_pref_Lib(Twitter,2019/10/16)
https://twitter.com/Miyagi_pref_Lib/status/1184387050893500416

参考:
栃木県立図書館、同館ウェブサイトに台風19号接近による県内市町立図書館等の臨時休館・開館時間変更等の情報を掲載
Posted 2019年10月11日
https://current.ndl.go.jp/node/39249

第13回「朝の読書大賞」「文字・活字文化推進大賞」が発表:やまなし読書活動促進事業実行委員会(山梨県)等が受賞

2019年9月25日、公益財団法人高橋松之助記念顕彰財団は、同財団が主催する第13回高橋松之助記念「朝の読書大賞」「文字・活字文化推進大賞」の受賞者を発表しました。

同賞は、文字・活字文化振興法の理念に則り、読書推進と文字・活字文化振興に貢献し、顕著な業績をあげた学校及び地方自治体・団体・個人を顕彰する事を目的としています。

「朝の読書大賞」には、南越前町立南条小学校(福井県南条郡南越前町)、学校法人明照学園 樹徳高等学校・樹徳中学校(群馬県桐生市)、出水市立出水商業高等学校(鹿児島県出水市)、岐阜県立東濃特別支援学校(岐阜県土岐市)が、「文字・活字文化推進大賞」にはやまなし読書活動促進事業実行委員会(山梨県)が選ばれています。

やまなし読書活動促進事業実行委員会の受賞理由として、山梨県立図書館の「本を贈る習慣を山梨県に根付かせ、全国にモデルケースとして発信したい」という意向を踏まえて、公共図書館や書店有志等が実行委員会を組織し、官民一体で活発な活動を行っている点が高く評価されたことが挙げられています。

さいたま市、テレビ広報番組で同市の最新の図書館事情を紹介:YouTubeでも配信

さいたま市が、2019年10月6日にテレビ埼玉で放送した同市のテレビ広報番組「のびのびシティ さいたま市」で、同市の最新の図書館事情を紹介しています。

ボビー・オロゴンさんと石澤美和さんが、テレビ番組制作会社(近田通信社)の社員に扮してさいたま市をPRする番組を制作するという設定のドラマ仕立ての情報番組で、浦和駅東口・コムナーレにあるさいたま市立中央図書館や5月にオープンしたさいたま市立大宮図書館を訪れ、最新の図書館事情を取材しています。

動画はYouTubeでも配信されています。

あなたが最後に図書館に行ったのはいつですか?最新図書館事情!/テレビ広報番組動画配信中(さいたま市,2019/10/15)
https://www.city.saitama.jp/006/014/013/001/009/008/p067312.html

沖縄県立図書館、「読書するための椅子」をテーマに県産木材を使って県内の木工業者が製作した椅子の中から気に入った椅子を見つけて投票する展示を開催中

沖縄県立図書館が、2019年10月16日から11月11日まで、来館者が気に入った椅子を見つけて投票する展示「おきなわの木「いす展」」を開催中です。

県の農林水産部森林管理課の主催で、「読書するための椅子」をテーマに県産木材を使って県内の木工業者によって作られた椅子を館内3階・4階に設置しており、来館者が気に入った椅子を館内に設置した投票箱に投票する企画です。

11月4日には、関連ワークショップとして「親子で学ぶおきなわの木」が実施されます。

@OkinawaPrefLib(Twitter,2019/10/12)
https://twitter.com/OkinawaPrefLib/status/1183002653233573889

10.16(水) おきなわの木「いす展」 開催のお知らせ(沖縄県立図書館)
https://www.library.pref.okinawa.jp/gyoji/1016.html

「第5回図書館レファレンス大賞」の最終審査候補3事例及び奨励賞が発表される

2019年11月21日に第21回図書館総合展のフォーラム内で最終審査が行われる、「第5回図書館レファレンス大賞」の最終審査候補に選ばれた3事例が発表されています。

「図書館レファレンス大賞」は昨年までの「地方創生レファレンス大賞」の要項に大改訂を加えて今年から開催されるもので、募集内容を「何らかの成果に結びついたレファレンスサービス実施事例」だけでなく、「レファレンスサービス利用を促進する取り組み事例」にも拡大するともに、「ビジネス支援」のレファレンスだけでなく、レファレンスサービス全体に対象を拡大(公共図書館だけでなく全館種が応募可能)したものです。

締切までにあった22件の応募から選ばれた最終審査候補は以下の3事例です。

・田原市図書館(愛知県)
「まちづくりにつながる行政・議会支援サービス」

・近畿大学中央図書館
「すべてのカウンターにレファレンスを! -年間登録件数1万2千件 レファレンス統計システムの活用-」

・九州大学附属図書館
「Web学習ガイド「Cute.Guides」による課題解決支援」

また、奨励賞として以下の5件が発表されています。

ページ