動画

清教学園中・高等学校図書館リブラリア、休校期間中にライブ配信した、「恋愛」や「読み返したくなる本」をテーマに教員や司書が本について語るトークライブの動画を公開

大阪府河内長野市にある清教学園中・高等学校図書館リブラリアが、新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校期間中にライブ配信した、教員や司書が「本」について語るトークライブの動画を公開しています。

公開されたのは、2020年4月30日にライブ配信した「恋愛」をテーマに図書館担当の職員(司書)が本を紹介する会と、5月18日に配信した「読み返したくなる本」をテーマに図書館担当の職員(司書)が国語科の教員をゲストに迎えて配信したトークライブです。

5月18日のライブ配信では、生徒や職員50人程が視聴したとのことです。

@seikyolibraria(Twitter,2020/5/20)
https://twitter.com/seikyolibraria/status/1262955165415550987

聖学院中学校・高等学校図書館、同館スタッフが演奏に挑戦した動画「星野源「うちで踊ろう」を演奏してみた」を同館のYouTube公式チャンネルで公開

2020年5月16日、聖学院中学校・高等学校図書館が、同館スタッフ5人が星野源「うちで踊ろう」の演奏に挑戦した動画「星野源「うちで踊ろう」を演奏してみた」を、同館のYouTube公式チャンネルで公開していました。

5月28日には、聖学院中学校・高等学校の教職員14人による演奏の動画も公開されています。

『うちで踊ろう』チャレンジしました(聖学院中学校・高等学校図書館,2020/5/16)
http://library.seig-boys.org/posts/post205.html

『うちで踊ろう』教職員バージョン、公開です(聖学院中学校・高等学校図書館,2020/5/28)
http://library.seig-boys.org/posts/post207.html

八代市立図書館(熊本県)、『給食番長』の八代弁版読み聞かせ動画を公開

2020年4月29日、熊本県の八代市立図書館は、2007年に出版された絵本『給食番長』について、八代弁版の読み聞かせ動画を公開したことを発表しました。

『給食番長』の八代弁への翻訳と読み聞かせは、八代市立図書館スタッフ一同により行われました。同館ウェブサイト上で読み聞かせ動画と八代弁による『給食番長』のシナリオが公開されています。

なお、同館は絵本の著者及び出版社の許可の下で、読み聞かせ動画を作成・公開しています。

熊本初!『給食番長』が八代弁できけるごたるよ!(八代市立図書館,2020/4/29)
https://www.yatsushiro-lib.jp/topics/2020/3061/

『給食番長』[PDF:4ページ](八代市立図書館)
https://www.yatsushiro-lib.jp/files/kyuusyoku/kyuusyoku.pdf
※八代弁による絵本のシナリオです

国立国会図書館、YouTubeで公開中の遠隔研修教材として「経済社会情報の調べ方」「国立国会図書館のレファレンスツール」「レファレンス協同データベースの利活用」の3本を新規追加

2020年3月、国立国会図書館(NDL)は、YouTubeで公開中の遠隔研修教材として、新たに「経済社会情報の調べ方」「国立国会図書館のレファレンスツール」「レファレンス協同データベースの利活用」の3本の教材を追加しました。

「経済社会情報の調べ方」は、経済社会分野のレファレンスに有用な情報源の紹介や、これらの情報源の特徴と使用方法について実例を交えた解説を取り扱った内容です。

「国立国会図書館のレファレンスツール」は、国立国会図書館オンライン・国立国会図書館デジタルコレクション・国立国会図書館サーチ・リサーチナビなど、NDLがオンライン上で提供するレファレンスツールの特長や活用方法を取り扱った内容です。

「レファレンス協同データベースの利活用」は、レファレンス協同データベースの概要や事業に参加する利点、その利活用方法を取り扱った内容です。

NDLは各種図書館の職員を対象に、YouTubeの「国立国会図書館公式チャンネル」で図書館および図書館情報学に関する研修を動画で提供しています。

岡山県、「平成30年7月豪雨災害記録誌」を作成:PDF版及び関連動画を県のウェブサイトで公開

2020年3月27日、岡山県の危機管理課は、「平成30年7月豪雨災害記録誌」を作成したことを発表しました。

「平成30年7月豪雨災害記録誌」は、2018年7月に発生した平成30年7月豪雨災害を記録と記憶にとどめ、その教訓を風化させることなく次代に伝える目的で取りまとめられた記録誌です。

岡山県のウェブサイト上で、PDF版の記録誌全編、及び記録誌に関連する動画をまとめたポータルサイト「映像で見る平成30年7月豪雨災害」が公開されています。

「平成30年7月豪雨災害記録誌」を作成しました(岡山県,2020/3/27)
https://www.pref.okayama.jp/page/653529.html

映像で見る平成30年7月豪雨災害
http://kikikanri.pref.okayama.jp/saigai2018/

横浜市立図書館、横浜に伝わるむかし話や民話などの紙芝居の動画を公開

2020年4月15日、横浜市立図書館が、「おうちで楽しめるコンテンツ(動画、ぬりえなど)」のページに、横浜に伝わるむかし話や民話などの紙芝居の動画を公開しました。動画はYouTubeに掲載されてます。

紙芝居の制作者(団体)が、演じています。

新着情報一覧(横浜市立図書館)
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kyodo-manabi/library/allNewsList.html
※2020年4月15日欄に「「おうちで楽しめるコンテンツ」に横浜の紙芝居の動画を2作品掲載しました」とあります。

名取市図書館(宮城県)、赤ちゃん向けお話会「ピヨピヨおはなしタイム」のYouTubeによる動画配信を実施

2020年4月15日の午前10時から12時に、宮城県の名取市図書館が、新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止している赤ちゃん向けお話会「ピヨピヨおはなしタイム」について、YouTubeを利用した動画配信を実施しました。

同館職員による手遊びや絵本の読み聞かせなどの15分間の動画がYouTube経由で配信されました。なお、同館は絵本の著者から許諾を取得してこの動画配信を実施しています。

「ピヨピヨおはなしタイム」動画配信【お知らせ】(名取市図書館)
https://lib.city.natori.miyagi.jp/web/event/1675

「ピヨピヨおはなしタイム」動画配信中【現在は終了しています】(名取市図書館)
https://lib.city.natori.miyagi.jp/web/event/1682

京都女子大学図書館学研究会KWUICLS、Twitter上で勝負を決めないビブリオバトル「#バーチャル図書基地」を実施中

2020年4月11日から、京都女子大学の学生サークル「京都女子大学図書館学研究会KWUICLS」がTwitter上で「#バーチャル図書基地」を実施しています。

KWUICLSは、勝負を決めないビブリオバトルとして、あるテーマに沿った本を部員それぞれ持ち寄って紹介しあう「図書基地」をメイン活動のひとつとして実施しています。「#バーチャル図書基地」はこの活動をTwitter上で、全ての本好きの人々が参加可能な形で実施するものです。

4月11日の最初の投稿では、KWUICLSの部員によって、新入生におすすめしたい本をテーマとして、ポプラ社のポプラポケット文庫として刊行されたカナダの作家・モンゴメリーによる『赤毛のアン』シリーズが動画で紹介されました。

「#バーチャル図書基地」へは部員が投稿した動画つきツイートにリプライすることで参加することができます。

@kwuicls(Twitter,2020/4/7)
https://twitter.com/kwuicls/status/1247482779282968576

ニュージーランド国立図書館(NLNZ)による新型コロナウイルス感染拡大下のオンライン情報収集の取組:政府サイト・新聞記事・ブログ・Twitter等

2019年4月7日、ニュージーランド国立図書館(NLNZ)が、同館による新型コロナウイルス感染拡大下の同国のオンライン情報収集の取組を紹介しています。

同館では可能な限り遠隔サービスを提供し続けるために在宅勤務をしており、同館のデジタル収集と法定納本チームの担当者は、将来の調査研究に資するために、法的義務に基づいて、新型コロナウイルス感染拡大下のボーンデジタル資料やオンラインコンテンツを収集・保存できるよう取り組んでいるとし、政府サイト、新聞記事、ブログ、 Twitter(APIを用いて関連ハッシュタグが付いたツイートを収集)、インターネット・ミーム等が収集されている事が紹介されています。

また、有益な情報としてミュージシャンやコメディアン等によるパフォーマンスの動画やポッドキャストをあげ、そのような情報の収集方法を検討しているとし、動画制作者の収集への協力を求めているほか、同館未収集のウェブサイトやオンライン出版物、Twitterハッシュタグを見つけた場合はメールやウェブフォームで知らせるよう依頼しています。

新型コロナウイルス流行下の社会の記憶を収集・アーカイブするプロジェクト“coronarchiv”(ドイツ)

2020年3月26日、ドイツのハンブルク大学は、同大学及びボーフム大学・ギーセン大学の研究者らが共同して、“coronarchiv”プロジェクトを開始したことを発表しました。

新型コロナウイルスとこれに対する政治的反応は、市民社会の生活全般を根本的に変革しつつあり、ウイルスの大流行とそれがもたらす帰結はすでに歴史的な重要性を帯びています。新型コロナウイルスの大流行は、報道やソーシャルメディア上で、画像・音声・動画等の形で広く流通しており、“coronarchiv”はこれらの記録を電子的な形で収集・アーカイブするプロジェクトです。

ページ