英国

英国の機関リポジトリアグリゲーターCORE、Plan Sへの支持を表明

2019年12月9日、英国の機関リポジトリアグリゲーターCOREは、Plan Sに対する賛意を表した声明“CORE welcomes Plan S”を発表しました。

COREは、多数の学術コミュニティから支持されたPlan S原則に賛同し、様々なリポジトリや雑誌からオープンアクセス(OA)の研究成果を集約し広く利用可能なものにするという自らの使命によって、次の点でPlan Sの実現に貢献可能であることを表明しています。

E2211 - 第16回電子情報保存に関する国際会議(iPRES2019)<報告>

2019年9月16日から20日までの5日間にわたり,第16回電子情報保存に関する国際会議(iPRES2019;E2085ほか参照)がオランダ・アムステルダムのアイ映画博物館(Eye Filmmuseum)で開催された。2004年に「中国・欧州電子情報保存ワークショップ」として始まったiPRESは,電子情報の保存に係る政策や具体的な事例の紹介,国際組織からNPO団体のような比較的小さな組織の活動まで,様々なトピックを幅広く扱っており,参加者の属性も,図書館員やアーキビスト,研究者のほか,大学関係者やシステム開発者など多様である。今回の会議の参加者は,開催国オランダをはじめ,欧州や北米を中心に400人以上を数えた。日本からの参加者は4人で,国立国会図書館からは筆者が参加した。

変な書名に与えられる賞“Diagram prize”、2019年の受賞作を発表

2019年11月29日、英国の出版業界誌“The Bookseller”のウェブサイトにおいて、変な書名に与えられる賞“Diagram prize”の2019年の受賞作が発表されていました。

受賞作は罠を用いた狩猟ガイド“The Dirt Hole and its Variations”(ダートホールとそのバリエーション)であり、アルコールフリー・ドリンクのレシピを紹介した“How to Drink Without Drinking”(飲酒せずに飲む方法)など6つの候補作のなかから一般投票を経て決定されました。

同賞は1978年にフランクフルト国際ブックフェアでの余興として創設されたものであり、2018年はケトルを用いた料理ガイド“Joy of Waterboiling”(楽しい湯沸かし)が受賞しました。

英国図書館(BL)、国内10機関との連携事業“Unlocking Our Sound Heritage”でデジタル化保存した再生できなくなる恐れがある音声記録が1万点を達成したと発表

2019年12月10日、英国図書館(BL)は、記録媒体の物理的劣化や旧式化により再生できなくなる恐れがある音声記録の保存を目的に国内10機関と連携して取り組んでいる事業“Unlocking Our Sound Heritage(UOSH)”でデジタル化保存した音声記録が今週1万点になったことを発表しています。

多くの参加機関は今年から事業を本格的に始めており、宝くじ基金(National Lottery grant)の助成を得て、今後5年間で、同事業の対象となる50万点の音声記録のうち、5万点の保存を実施する予定です。

BLの“同日付のSound and vision blog”では、同事業に参加している、ウェールズ国立図書館、北アイルランド国立美術館、スコットランド国立図書館、レスター大学、サセックス大学のKeep、Bristol Culture、アーカイブズ+、ロンドン市公文書館、ノーフォーク・レコードオフィス、タインアンドウィア文書館・博物館での取組内容が紹介されています。

英・マンチェスター大学、14世紀イタリアの詩人ペトラルカに関するデジタルコレクションを公開

2019年12月10日、英・マンチェスター大学は、14世紀イタリアの詩人・人文主義者として知られるフランチェスコ・ペトラルカに関するデジタルコレクション“Petrarch” (ペトラルカ)の公開を発表しました。

“Petrarch”の公開は同大学図書館のデジタルアーカイブ“Manchester Digital Collections”内で行われています。“Petrarch”の紹介ページによれば、同大学のJohn Rylands Library が所蔵する、1470年から1650年頃にかけて印刷されたペトラルカの詩集とその注釈80点以上が収録されているとあります。

なお、これらの資料のデジタル化は、英国芸術・人文科学研究会議(AHRC)に助成を受けたプロジェクト“Petrarch Commentary and Exegesis in Renaissance Italy, c.1350-c.1650”の一部として行われました。

英・Jisc、英国を拠点とする学会の出版部門5部門とオープンアクセス(OA)出版への転換を目指す試験契約署名を完了

2019年12月9日、英・Jiscは、英国を拠点とする学会の出版部門5部門とオープンアクセス(OA)出版への転換を目指す試験的契約への署名を完了したことを発表しました。

一連の契約はJisc collectionによる、小規模出版社との持続可能なOAへの転換を目指した交渉の最初の成果です。英国微生物学会・英国生化学会(Biochemical Society)の完全子会社であるPortland Press社・国際水協会(IWA)出版部門・英国発生生物学会(Company of Biologists)・欧州呼吸器学会(European Respiratory Society)の学術雑誌について、Jiscによるコンソーシアムを通してOAへの転換を含む契約の署名が行われています。これらの2年間の試験契約により、個別のAPC支払ではなく契約による固定価格で、英国の学術成果が全て学会発行の学術雑誌上でOAにより公表可能になっています。

英・電子情報保存連合(DPC)に米国議会図書館(LC)が加盟

米国議会図書館(LC)による2019年12月10日付けのブログ記事で、同館が英・電子情報保存連合(DPC)にfull memberとして加盟したことが紹介されています。

記事中では、2018年10月、デジタル技術を活用したサービス強化を目指すデジタル戦略を策定・公表したこともあり、LCにとってデジタル保存への取組が優先事項となっていること等が述べられています。

The Library of Congress joins the Digital Preservation Coalition(LC, 2019/12/10)
https://blogs.loc.gov/thesignal/2019/12/the-library-of-congress-joins-the-digital-preservation-coalition/

英国国立・大学図書館協会(SCONUL)、“Library Design Award 2019”を発表:バーミンガム大学図書館・アイルランド王立外科医学院図書館

2019年11月29日、英国国立・大学図書館協会(SCONUL)が、“Library Design Award 2019”の受賞館を発表しています。

同賞は、1973年に設立されたもので、純粋な建築的価値よりも、建物の機能性や転換をもたらした機能に基づいて授与されます。

中大規模図書館部門で選ばれた、バーミンガム大学図書館は、革新的な設計が、学習スペースと研究スペースの魅力的な融合を最大化するとともに、コレクション管理への革新的な新しいアプローチをもたらしたこと等が評価されています。

小規模図書館部門で選ばれたアイルランド王立外科医学院図書館は、図書館の空間と機能がキャンパス内の建物に広がっていることが、図書館が学生・教員・研究者・医師等の要求に応えることができる柔軟性と適応性をもたらしている点等が評価されています。

英・Jisc、国際水協会(IWA)出版部門との間で2年間の”Read & Publish”契約を締結

国際水協会(IWA)の出版部門IWA Publishingが、英・Jiscとの間で2020年から2年間の”Read & Publish”契約を締結したことを発表しました。

IWA Publishingは17の査読誌を刊行するIWAの完全子会社です。今回締結した契約により、Jisc参加機関に所属する研究者は、所属機関のメールアドレスを用い、所属機関を明記している限り、自動的にAPCを免除されます。

IWA Publishingの発表では、同社は積極的に完全OAへの移行を模索していくつもりであり、今回の契約はOA出版の持続可能なモデルを実現する大きな一歩であるとされています。

オックスフォード大学出版局(OUP)と米アイオワ州立大学がRead & Publish契約について原則合意

2019年12月2日付けで、英オックスフォード大学出版局(OUP)と米アイオワ州立大学がRead & Publish契約について原則合意に至ったことが発表されました。

両者の発表によれば、OUPが米国の機関とRead & Publish契約を結ぶのは初めてで、欧州外の機関との同契約自体、初であるとされています。契約にはOUPが刊行するOA雑誌への投稿権に加え、約300の購読型雑誌へのアクセス権およびオープンアクセスオプションの利用権が含まれます。

詳細事項も含めた最終的な合意は年内にもなされる予定とのことです。

ページ