英国

研究図書館のインパクト分析における困難さ(英国)

英国の“Lirg/Sconul Impact Initiative”の事例をもとに、研究図書館が行っているサービスの「インパクト分析」を行う際の困難さを報告している論考が、Library + Information Update誌に掲載されています。この論考によると、インパクト分析によって、図書館が研究プロセスをどのように支えているかをよ…

デジタル情報の長期的キュレーション・保存に関する標準の概説資料(英国)

英国のデジタルキュレーションセンター(Digital Curation Centre: DCC)が、デジタル資料の長期的キュレーション・保存に有益な公的/デファクト標準(standard)について概説する“Standards Watch Papers”をシリーズとして提供すると発表しました。第一弾はメタデータ標準についての概説です。Standards Wa…

ニュース受容に関する調査(英国)

インターネットを使っている人が、よく利用しているニュース情報源、また「最も信頼できる」と考えているニュース情報源は何か。このようなニュース受容についての調査が、2006年4月、英国で行われました。詳細な結果はまだ出ていないようですが、実施した研究者による概要紹介が、Library …

家系図作成のススメ?(英国)

英国ではテレビ番組"Who Do You Think You Are?"の影響で、家系図作成がブームとなっていたようですが、同番組の新シリーズ開始にあたり、家系図作成にはぜひ文書館を利用してくださいと、英国博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)がアピールをしています。9月7日付けプレス・リリースによる…

「危機にある文化遺産」を守る−Endangered Archives Programmeの資金援助

英国図書館(BL)では、自然災害や人的要因により滅失の危機にさらされている文化遺産を守るためのプロジェクト“Endangered Archives Programme”を実施しています。この度同プロジェクトは、写真、イスラム社会の手稿、音楽コレクション、裁判記録などを保存する19のプロジェクトに対し、合計で4…

E528 - 北アイルランドの公共図書館拡充政策

英国北アイルランドの文化・芸術・レジャー省(DCAL)は,2001年から公共図書館サービスの将来像を描く枠組みを作成している。DCALは2002年の段階で,当時の図書館の現状と将来像をレビューした報告書を作成したものの,この報告書に寄せられた意見なども取り込む必要があるとして,2005年,…

E530 - 大学図書館における資料収集費の推移は?(英国)

英国の大学で年間費やされる図書・雑誌購入費は増加を示しているのか,また諸外国と比較すると多いのか,それとも少ないのか,英国の出版社協会(Publishers Association: PA)は,英国の大学図書館における資料購入費の推移を調査した報告書“University Library Spending Report”を毎年刊行しており,こ…

リポジトリ及びオープンアクセス関係資料の日本語訳(NII)

英国のリポジトリ横断型サービスを支援する技術・組織モデルに関するレポートと、「セルフアーカイビングに関する機関の方針表明」を日本語訳したものが、NIIのウェブサイトで公開されています。・英国のリポジトリをリンクする: 機関リポジトリおよびその他のデジタルリポジトリを対象…

親の同意なしの指紋採取が問題に(英国)

英国では、本の貸し出し管理に指紋認証を用いる学校図書館システムのために、それを採用している多くの学校が児童の指紋を採取しているようですが、親に十分な説明がないまま指紋が採取されている例もあり、問題になっています。Merseyside schoolchildren are being fingerprintedhttp://icliverpool.icnetwork.c

デジタル情報の長期管理・保存政策に関するワークショップ(英国)

英国のデジタルキュレーションセンター(Digital Curation Centre: DCC)と、デジタル保存連合(Digital Preservation Coalition: DPC)が2006年7月に共同で開催した、デジタル情報の長期管理・保存政策に関するワークショップの資料が公開されています。一部は、ウェブキャストで見ることもできます。DCC and DPC…

ページ