英国

JISCの2007-2009戦略計画案(英国)

英国情報システム合同委員会(JISC)が、2007年から2009年までの戦略計画案を発表し、意見募集を行っています。Draft JISC Strategy 2007-2009http://www.jisc.ac.uk/draft_strategy0709.html

電子学位論文サービスのモデル(英国)

JISCが中心となって進めている電子学位論文プロジェクトEThOSが、電子学位論文サービスのモデルを発表し、意見募集を行っています。JISC consultation focussing on developing a national service for electronic PhD theses – Response Required by 24th Julyhttp://www.jisc.ac.uk/coll_ethos_consultation.html■E326■電子学位論文オンライ…

BLの閲覧サービスは大評判−2005/06年報から

英国図書館(BL)の年報が20日に発行されました。その中で利用者サービスについてアンケートをとった結果が示されていますが、BLの閲覧室を利用した人のうち、閲覧サービスを“excellent”又は“good”と評価した人が合わせて96%にも上ったそうです。このほか、閲覧室の利用者が前年比17%増…

国際援助でアフガニスタンに図書館オープン

アフガニスタンのタカハル州に、英国や米国、NGOの援助で26館の図書館が建設されたそうです。26 libraries open in Takharhttp://www.pajhwak.com/viewstory.asp?lng=eng&id=20903

英国のInternational Information Industry Awards、今年の受賞者は?

英国で毎年開催されているデータベースに関する国際展示会”Online Information”では、「国際情報産業賞」(The International Information Industry Awards)というものを選定しています。今年も11月29日に受賞者が発表される予定ですが、これに先立ち、Online Informationのウェブサイトでは受賞にふさわしい人の…

JISCの機関リポジトリプロジェクトに関する資料の日本語訳(NII)

英国情報システム合同委員会(JISC)の機関リポジトリに関するプロジェクト資料を日本語訳したものが、NIIのウェブサイトで公開されています。・JISC情報システム合同委員会・ラフバラ大学 権利・報酬プロジェクト大学教職員調査:最終報告書 および 付録:混合型機関リポジトリにおける権…

教育と研究の情報資源を検索できる"Intute"がオープン(英国)

英国情報システム合同委員会(JISC)は7月13日、教育と研究に関するインターネット上の情報資源を検索できるサイト"Intute"の開設を発表しました。JISCのほか、芸術人文科学研究委員会(AHRC)、経済社会学術評議会(ESRC)の援助により開設されました。The best of the web: Intute launched todayhttp://www.jisc.…

ナチの略奪品を返還できるのか?(英国)

英国では2000年に略奪品諮問委員会(Spoliation Advisory Panel)が創設されました。1938〜45年までのナチ時代に略奪に遭い、現在は英国政府のコレクションとなっている文化財について、元の所有者またはその相続人からの異議の申し立てを受け付け、審査をおこない、必要に応じて勧告を行っていま…英国では2000年に略奪品諮問委員会(Spoliation Advisory Panel)が創設されました。1938〜45年までのナチ時代に略奪に遭い、現在は英国政府のコレクションとなっている文化財について、元の所有者またはその相続人からの異議の申し立てを受け付け、審査をおこない、必要に応じて勧告を行っています。
ところが元の所有者(またはその相続人)に返還するように勧告がおこなわれても、その法的根拠が存在しないようで、2005年には返還の対象として認めるように法律を改正すべきと、委員会が勧告をおこないました。
このたび英国文化・メディア・スポーツ省(DCMS)は、略奪品として認定を受けた文化財を返還することが、法的に問題がないかどうかの意見徴収を行うと発表しました。

Should UK National Museums Be Able To Return Works Of Art Spoliated By The Nazis?

北アイルランド国立公文書館の建て替え計画

英国北アイルランド国立公文書館(PRONI)ではすでに旧式となってしまった現在の建物に代わり、新しい建物への建替え計画が持ち上がっているそうですが、約3,000万ポンド(約63億円)の費用がかかるとのことで、政府は頭を痛めているとのことです。
PRONIは、英国に3か所設置されている国立公文書館の一つで、政府文書ばかりではなく個人が寄付した記録なども保管され、歴史研究者やジャーナリストのほか、家系の調査にもよく利用されています。所蔵する資料は数百万点におよび、総延長に換算すると、約53キロメートルに及ぶとのことです。

Public records office unfit
http://www.belfasttelegraph.co.uk/news/story.jsp?story=697636

JISC、デジタル権利表現言語(DRELs)に関する報告書を作成

英国情報システム合同委員会(JISC)は7月7日、デジタル権利表現言語(Digital Rights Expression Languages:DRELs)に関する報告書を公表しました。この報告書では、DRM(Digital Rights Management)との相違点や技術的な視点を含むDRELsの紹介がなさているとのことです。Managing rights in the digital age: TechWatch publishe…

ページ