英国

デジタル情報の長期管理・保存政策に関するワークショップ(英国)

英国のデジタルキュレーションセンター(Digital Curation Centre: DCC)と、デジタル保存連合(Digital Preservation Coalition: DPC)が2006年7月に共同で開催した、デジタル情報の長期管理・保存政策に関するワークショップの資料が公開されています。一部は、ウェブキャストで見ることもできます。DCC and DPC…

JISCの“My Intute”、開始1ヶ月で登録者は2,000人超

7月13日に開始した英国情報システム合同委員会(JISC)の情報資源検索サイト“Intute”には、関心のある分野の新しい情報資源が追加された際に電子メールで知らせてくれる、Intuteでの検索履歴を保存できるなど、Intuteのサービスをパーソナライズできる“My Intute”というサービスがあります。JIS…

英国図書館統計が博物館・文書館のものと一本化

英ラフバラ大学のLISUは、英国国内の図書館をカバーする図書館統計年鑑LIST(Library Information Statistics Tables)を冊子体のほか、ウェブサイトでも提供してきましたが、今後は図書館のほか博物館、公文書館に対象機関を広げ、"LAMPOST"(Libraries Archives Museums Publishing Online Statistics Tables)という名称で…

図書館で体力作り?(英国)

英リバプール中央図書館に、英国で初めて、フィットネスジム施設が導入されることになったそうです。Council installs gym equipment in libraryhttp://www.24dash.com/content/news/viewNews.php?navID=2&newsID=8810

パフォーマンス・アートにもデジタル資料は重要!

英国では、芸術・人文科学データサービス(Arts and Humanities Data Service: AHDS)のパフォーマンス・アートセンターが、音楽、ダンス、演劇、ラジオ、映画、テレビ、パフォーマンスに関するデジタル資源を用いて、パフォーマンス・アートの研究、学習、教育を支援しています。このたび、このパ…

BL、音楽アルバムチャート50周年記念展示を開催

英国図書館(BL)は、音楽アルバムチャートが始まって50周年になることを記念して、2006年末までエントランス・ホールで音楽アルバムを展示すると発表しています。あわせて1万曲以上を試聴することができるそうです。なおBLは、これにちなんで、国会議員に最も好きなアルバムについてアン…

E520 - 図書館で,にぎやかに!−視覚障害者向けサービスの提供(英国)

2006年7月,視覚障害者へのサービスを周知するためのイベント“Make a Noise in Libraries”(MaNiL)が英国で開催された。MaNiLの目的は,視覚障害者に地元の公共図書館を訪れてもらい,どのようなサービスを受けられるのかを知ってもらうとともに,もっと視覚障害者のニーズに応えられるような図書…

UK PubMed Central、査読済み論文を無料公開へ

UK PubMed Centralはこの度、医学・生命科学分野の査読済み研究論文に利用者が無料でアクセスできるようにするそうです。英国図書館(BL)、マンチェスター大学、欧州生命情報学研究所(European Bioinformatics Institute:EBI)も協力するそうです。※上記、「英国図書館(BL)・・・も協力するそうです…

JISCの2007-2009戦略計画案(英国)

英国情報システム合同委員会(JISC)が、2007年から2009年までの戦略計画案を発表し、意見募集を行っています。Draft JISC Strategy 2007-2009http://www.jisc.ac.uk/draft_strategy0709.html

電子学位論文サービスのモデル(英国)

JISCが中心となって進めている電子学位論文プロジェクトEThOSが、電子学位論文サービスのモデルを発表し、意見募集を行っています。JISC consultation focussing on developing a national service for electronic PhD theses – Response Required by 24th Julyhttp://www.jisc.ac.uk/coll_ethos_consultation.html■E326■電子学位論文オンライ…

ページ