件名

米国議会図書館(LC)、米・オクラホマ大学図書館のタスクフォースによる提案へ合意しLCSHの件名標目“Tulsa Race Riot”を“Tulsa Race Massacre”に変更

2021年3月23日、米国のオクラホマ大学は、米国議会図書館(LC)が同大学図書館のタスクフォースによる提案を受け入れて、米国議会図書館件名標目表(LCSH)の件名標目“Tulsa Race Riot”(「タルサ人種暴動」)を“Tulsa Race Massacre”(「タルサ人種虐殺」)に変更したことを発表しました。

「タルサ人種虐殺」は1921年の5月31日から6月1日にかけて、オクラホマ州タルサのグリーンウッド地区で、白人の暴徒が黒人住民に対する襲撃、家屋・店舗の破壊等を行った事件です。多数の黒人住民が犠牲になり、数千人が家屋等に被害を受け、米国史上でも最大規模の特定人種への暴力事件であるにもかかわらず、当時の報道ではほとんど扱われていませんでした。

同大学図書館の情報専門家らで構成するLCSHの件名標目の変更提案に関するタスクフォースは、この事件について歴史的に正確で文化的に適切な名称を与えるべきであるという立場から、2020年にLCへ件名標目の変更に関する提案書を提出していました。タスクフォースは提案の正当性を裏付けるために、既存のLCのリサーチガイドや議会の記録、Google検索におけるヒット数等の多様な情報源から、「虐殺」が歴史的により正確であり、現在も主に用いられている用語であることを示しています。

米国議会図書館(LC)の新たなLGBTQ+関連リソース(記事紹介)

2021年3月11日、米国議会図書館(LC)のブログに、同館の音楽部(Music Division)による、新たなLGBTQ+関連リソースに関する記事が掲載されました。

在宅勤務中に、音楽部のAcquisitions & Processing Sectionでは、所蔵コレクションについて複数の調査が実施され、そのうちの一つとして、LCの舞台芸術特別コレクションにおけるLGBTQ+のクリエーター・アーティストに焦点を当てた調査が行われました。

記事では、2021年初めの時点で、舞台芸術特別コレクションのうち119件(約25%)がLGBTQ+コミュニティとの関わりを持つものであること等が述べられ、数人のアーティストの紹介が行われています。

調査の結果作成されたリソースについては、各資料に付与された件名標目を用いており、件名標目の付与状況によって漏れがある可能性があるとされています。加えて、二次資料や参考資料を用いて編集したものであり、LCおよび音楽部は、所蔵コレクションに関連する個人のセクシュアリティや、関係、その他の個人的事項についていかなる立場もとらず、示唆も行わないと述べています。

米・ハーバード大学図書館、件名標目“illegal alien”の使用終了を発表

2021年3月9日付で、米国のハーバード大学の公式ニュースサイトである“The Harvard Gazette”に、同大学図書館が、不法在留外国人を指す米国議会図書館件名標目表(LCSH)の件名標目“illegal alien”の使用を終了することに関する記事が掲載されました。

理由として、同様の対応を実施している他の図書館やAP通信社と同様に、人ではなく行動が不法となり得ること、“alien”という単語はこの文脈では紛らわしいこと等が挙げられています。以前は“alien”や“illegal alien”という件名標目が付与されていた8,000件以上の資料について、現在は“noncitizen”や“undocumented immigrant”という件名標目を付与していると述べられています。

記事の中では、件名標目“illegal alien”について、2016年にLCSHを変更する動きがあったものの、米国連邦議会下院で米国議会図書館(LC)に同標目の使用を求める法案が可決されたこと等、これまでの経緯が記載されています。

ブリティッシュコロンビア大学図書館(カナダ)の件名標目における先住民族「脱植民地化」に向けた取り組み(記事紹介)

2020年6月25日付で、カナダのブリティッシュコロンビア大学図書館が、先住民族の「脱植民地化」を意図して、近年同館が件名標目に対して実施している取り組みを紹介した記事を公開しています。

ブリティッシュコロンビア大学図書館のXwi7xwa図書館では、かつて“First Nations”を件名標目に設定していた書誌レコードの多数について、より広い概念を表す“Aboriginal Canadians”への置き換えを行っています。また、長年にわたって、米国議会図書館件名標目表(LCSH)の標目“Indians of North America”について、同館独自のシソーラスでは使用しないようにしています。

フィンランド国立図書館、自動で件名を付与するサービス“Finto AI”が公開されたことを発表

2020年6月1日、フィンランド国立図書館は、自動で主題索引を付与するサービス“Finto AI”が公開されたことを発表しました。

発表によると、 “Finto AI”は、フィンランド国立図書館で開発が進められてきた、自然言語処理や機械学習を用いて件名や分類の付与を行うツール“Annif”をベースに構築されました。“Finto AI”のウェブサイトによれば、対応言語はフィンランド語、スウェーデン語、英語であり、入力されたテキストに対し、最大20件の主題索引の案を提示します。また、オープンAPIを提供しているため、既存システムで“Finto AI”の機能を利活用することが可能です。

株式会社図書館流通センター(TRC)、ポータルサイト“TOOLi”の「教科書単元検索」をリニューアル:2020年4月の小学校教科書改訂に対応

2020年6月8日、株式会社図書館流通センター(TRC)は、同センターが提供する図書館専用ポータルサイト“TOOLi”の「教科書単元検索」をリニューアルしたことを発表しました。

「教科書単元検索」は、小学校の教科書の単元ごとに学習件名(キーワード)を与えることで、学習内容に関連した図書を検索できる、TOOLiの標準搭載機能です。リニューアル後の「教科書単元検索」では、2020年4月の小学校教科書改訂に対応し、小学校5年生・6年生の「英語」や全学年の「道徳」の教科書の新規追加、「算数」の教科書にプログラミングの関連ページの設置などが行われています。また、新しい事項やテーマに対応した学習件名も新設されています。

TOOLiの教科書単元検索がリニューアルしました(TRCデータ部ログ,2020/6/8)
http://datablog.trc.co.jp/2020/06/08103850.html

米国物理学会(APS)、物理学に関する統制語彙PhySH (Physics Subject Headings)を公開

2018年9月11日、米国物理学会が物理学に関する新たな統制語彙PhySH (Physics Subject Headings)を公開しました。SKOSによって定義された実体と関係を用いた、RDFの形式で提供されています。

PhySHはAPSの雑誌や会議等で用いるために作成されたもので、すでにAPS発行の雑誌ではPhySHの付与も始まっていますが、長期的にはより広いコミュニティで利用されることを想定しているとのことです。物理学のための完全にオープンな、高品質のスキーマを提供することを企図しており、CC0ライセンスの下で自由に利用することができます。

PhySH Now Publicly Available(APS)
https://journals.aps.org/edannounce/physh-now-publicly-available

PhySH - Physics Subject Headings(APS)
https://physh.org/

E2007 - 国立図書館におけるジャンル・形式用語の実務に関する調査

ジャンル・形式用語とは,その資料が「何であるか」を表す統制語彙である(CA1869参照)。2017年2月,国際図書館連盟(IFLA)の主題分析及びアクセス分科会が管轄するジャンル・形式用語ワーキンググループ(以下「ワーキンググループ」)は,各国の国立図書館のジャンル・形式用語の実務に関する調査“IFLA Survey on Genre Form Practices in National Libraries”を実施し,国立国会図書館(NDL)もこれに回答した。本稿では,2017年11月に公開された調査結果報告書の概要を紹介する。

米国議会図書館(LC)、美術作品・視覚著作物のジャンル/形式用語の試案を公表

2017年12月19日、米国議会図書館(LC)は、美術作品・視覚著作物(Visual Works)のジャンル/形式用語の試案を公表しました。

LCのPolicy and Standards Divisionと美術図書館協会北米支部(Art Libraries Society of North America)のCataloging Advisory Committeeとの共同プロジェクトによるものです。約50のジャンル/形式用語が掲載されています。LCは、2018年2月16日の承認を目指して、2月2日まで意見を募集しています。

Library of Congress to Approve Genre/Form Terms for Artistic and Visual Works(LC, 2017/12/19)
http://www.loc.gov/catdir/cpso/artvisualgenreform.html

ページ