学術雑誌

英国物理学会出版局(IOP Publishing)、低所得国の研究者に対しオープンアクセス出版時の論文処理費用(APC)を免除することを発表

2021年7月6日、英国物理学会出版局(IOP Publishing)は、世界銀行が低所得国(low-income countries)と定義している国の研究者に対し、オープンアクセス(OA)出版時の論文処理費用(APC)を免除することを発表しました。

同社はこれまでも、完全OA誌において低所得国の研究者向けにAPC免除を実施していましたが、ハイブリッドOA誌でのOA出版も新たにAPC免除の対象となります。著者が申請しなくても自動的に免除が適用される仕組みとなっており、これまで研究者が投稿を躊躇していた障壁を取り除くのに資すると述べています。

OA出版は誰もが研究にアクセスできるようにするために不可欠である一方、低所得国の研究者にとってはAPCの支払いが難しい場合があるとし、今回の取組によって世界的に科学研究への参加者が増加することを期待するとしています。

Clarivate Analytics社、Web of Scienceのユーザーインターフェース刷新及び新機能の追加を発表

2021年7月7日、Clarivate Analytics社は、同社の文献データベース“Web of Science”について、大幅な機能強化の実施を発表しました。具体的な内容として、ユーザーインターフェース刷新及び新機能の追加を挙げています。

新機能として9点が示されており、研究者が自身の論文の引用インパクトを確認できる視覚化ツール“Web of Science Author Impact Beamplots”や、資金助成に関するメタデータの豊富化、検索クエリの共有可能化、書誌データのRIS形式での出力、論文推薦機能等が含まれています。

自身が過去に発表したテキストの再利用に関する研究者向けガイダンス(記事紹介)

Science誌のウェブサイトに掲載された2021年6月25日付け記事“When is ‘self-plagiarism’ OK? New guidelines offer researchers rules for recycling text”において、同日、自身が過去に発表したテキストの再利用に関するルールを示した研究者向けガイダンスが公表されたことが紹介されています。

ガイダンスは、全米科学財団(NSF)の助成を受けた研究プロジェクトで、米・デューク大学のCary Moskovitz教授が主導する“Text Recycling Research Project”(TRRP)が作成したものです。「自己盗用」(self-plagiarism)と見なされることがある自身のテキストの再利用について、倫理性・合法性を備えたものと見なせる場合や、透明性を備えた再利用方法について示しています。なお、研究者向けに加えて編集者向けのガイダンスも公表されています。

標準的な出版モデルと比較したRegistered Reportの研究の質(文献紹介)

2021年6月24日付で、Springer Nature社が刊行するオンラインジャーナル“Nature Human Behaviour”に、Center for Open Science(COS)のCourtney K. Soderberg氏らによる共著論文“Initial evidence of research quality of registered reports compared with the standard publishing model”が掲載されています。本文は有料ですが、要旨(Abstract)は公開されています。

Registered Report(RR)では、研究結果が判明する前に、最初の査読と原則的な採択が行われます。これにより、出版バイアスの回避と、計画された研究と計画されていない研究の区別がなされます。

Clarivate Analytics社、Journal Citation Reports(JCR)の2021年版をリリース

2021年6月30日、Clarivate Analytics社は、学術誌評価分析データベース“Journal Citation Reports”(JCR)2021年版のリリースを発表しました。

2021年版では、113か国の学術雑誌20,000誌以上の情報を収録し、収録誌のうち完全オープンアクセス(OA)誌は4,600誌以上です。また、収録範囲の拡大も図られ、新たに引用索引のArts&Humanities Citation Index(AHCI)及びEmerging Sources Citation Index(ESCI)が含まれるようになりました。このことにより、JCRの収録範囲は自然科学、社会科学だけでなく人文科学にも及び、Web of Science Core Collectionがカバーする研究分野の全範囲となったと述べています。

また、学術誌の新たな引用評価指標である“Journal Citation Indicator”の算出や、ユーザーインターフェースの改善等も行われています。

オープンアクセス誌eLife、同誌への投稿プロセスにデータリポジトリDryadへのデータセット登録を統合

2021年6月23日、オープンアクセス誌eLifeは、同誌への投稿プロセスにデータリポジトリDryadへのデータセット登録を統合したことを発表しました。

eLife、Dryadと、eLifeが使用しているオンライン投稿・査読システムeJournalPressとの協力により実現されたものであり、今回のようなプラットフォームベースでの統合は、Dryadにとっては初となります。

eLifeへの論文投稿プロセスにおいて、データセットの可用性に関する確認が表示され、適切なリポジトリの他にDryadへのデータセット登録も選択できるようになっています。Dryadへの登録を選択すると、論文に関するメタデータがDryad側のフォームにも自動入力され、登録に利用できること等が紹介されています。

DOAJとCrossref、覚書を締結:技術的・戦略的要件の調整など様々な面で協力

2021年6月21日、 Crossrefは、DOAJ(Directory of Open Access Journals)と覚書(Memorandum of Understanding:MoU)を締結したことを発表しました。双方のパートナーシップを強化し、新興の出版コミュニティを包摂した、開かれた学術コミュニケーションのエコシステムの実現を目指すとしています。

今回の覚書締結により、DOAJに収録された学術誌のコンテンツは、Crossrefのメタデータの使用を通じ、より容易に識別できるようになると述べています。また、覚書がカバーするDOAJ・Crossref間の協力内容として、様々なサービスや情報の交換、技術的・戦略的要件の調整、アウトリーチや研修教材の開発、サービス・機能の開発における調整、各自がカバーする学術誌・メタデータの重複やギャップを探るための調査研究等を挙げています。

発表には、CrossrefのDirector of Member & Community OutreachであるGinny Hendricks氏のコメントも掲載されています。同氏は、世界中の新興出版社にとっての障壁を下げるために、DOAJとのパートナーシップにより戦略・データ・資源の共有が可能になると述べています。

英・Information Power社、図書館と小規模出版社による転換契約等の締結に関する進捗状況を調査した報告書を公表:cOAlition Sと英国の学会・専門協会出版協会(ALPSP)からの委託による調査

2021年6月9日、英国の研究情報に関するコンサルタント会社Information Power社は、図書館及びコンソーシアムと小規模出版社間での、転換契約等のオープンアクセス(OA)出版に関する契約締結について、2020年から2021年にかけての進捗状況を調査した報告書を公開しました。cOAlition Sと英国の学会・専門協会出版協会(ALPSP)からの委託により実施された調査の成果です。

同調査は、学会系出版社による即時OAへ移行するための契約締結を支援するプロジェクト“Society Publishers Accelerating Open access and Plan S (SPA-OPS)”の成果(2019年秋公表)を受けて、同プロジェクトのフォローアップ調査プロジェクトとして取り組まれたものです。

発表では、報告書の内容に関し次のような点等に言及しています。

アイルランドの高等教育機関のコンソーシアムIReL、英・オックスフォード大学出版局(OUP)と3年間のRead & Publish契約を締結

2021年5月18日、アイルランドの、公的資金に基づく高等教育機関による電子リソース契約のためのコンソーシアムIReLは、英・オックスフォード大学出版局(OUP)と3年間のRead & Publish契約に合意したことを発表しました。契約期間は2021年1月1日から2023年12月31日までです。

この契約によって、参加機関は、OUPが刊行する340以上のタイトルにアクセスすることが可能となります。また、機関の著者は、個別の支払いなしにOUPのオープンアクセスジャーナルおよびハイブリッドジャーナルで、研究をオープンアクセスで出版することが可能となります。

Oxford University Press and IReL agree Read & Publish deal(IReL, 2021/5/18)
https://irel.ie/oxford-university-press-and-irel-agree-read-publish-deal/

Project MUSE、オープンアクセス購読モデルの研究のための助成をメロン財団より獲得

2021年5月24日、人文・社会科学系の電子資料提供サービスProject MUSEは、アンドリュー W.メロン財団から75,000米ドルの助成を獲得したことを発表しました。この助成プロジェクトのタイトルは“MUSE Open: S2O”であり、人文学および社会学におけるオープンジャーナル出版への財政的に持続可能なアプローチの開発に焦点を当てます。

オープンアクセス出版は多くの場合、論文掲載料(Article Processing Charge; APC)に依存しています。資金が不足している人文社会学分野ではうまく機能しておらず、著者の持続可能性と公平性に懸念が生じています。著者支払いモデルに代わって、Subscribe to Open(S2O)は現在の購読者にインセンティブを与えることで、オープンアクセス出版を支援します。このプロジェクトは、図書館、出版者、社会、研究者、助成機関が受容できるジャーナルの持続可能で公平なモデルを設計することを目的として挙げています。

ページ