米国

NARAなど、米国連邦政府のデジタル資源保存プロジェクトを立ち上げる

米国公文書館(NARA)は6月28日,カリフォルニア大学サンディエゴ・スーパーコンピュータセンター(SDSC)および全米科学財団(NSF)と共同で、米国連邦政府が作成したデジタル資料の保存を開始すると発表しました。
対象となるのは連邦政府の行政府が作成した、もしくは行政府に対して作成されたデジタル資料で、網羅的ではなく選定がおこなわれる模様です。SDSCが管理するサーバー上で保存および提供をおこなうとのことです。

The National Archives and the San Diego Supercomputer Center Sign Landmark Agreement to Preserve Critical Data
http://www.archives.gov/press/press-releases/2006/nr06-119.html
http://www.sdsc.edu/Press/2006/06/062706_nara.html

ケネス・レイ氏死去の記事に見るWikipediaの強みと弱み

2001年に経営破綻した米国エンロン社の創始者ケネス・レイ氏が7月5日に死去しましたが、9日付けワシントンポスト紙の記事によると、Wikipediaでは氏の死去の情報を追加するにあたり、情報が二転三転したそうです。
・5日午前10時06分:死因を「自殺と見られる」とする情報が投稿される
・その2分後:死因は「心不全か自殺と見られる」と修正
・ほぼ同時に:死因は「まだ分かっていない」と修正
・10時11分:「多くの人々に対する罪の意識が彼を自殺に追い込んだ」との一文が入る
・10時39分:「心不全の原因を推測することは、レイ氏がエンロン事件による大きなストレスのために死んだとの先入観を多くの人々に抱かせる」とのコメントが入る
   :      :
最終的には「コロラド州Aspenの病院で冠動脈疾患(coronary artery disease)により死去」とされたようです。

この記事の著者Frank Ahrens氏は、この一件を通して「Wikipediaの最大の強みは最大の弱みでもある」とし、たくさんの人々が多くの視点を突き合わせて百科事典を編集していくというWikipediaの方針は、ひとつの考え方に偏る心配が少ないという強みがある反面、編集に関わる人によっては大衆扇動の道具にしかならないという不安もある、と述べています。

図書館の外部委託と民営化に関するニュースサイト

米国の公共サービスの外部委託・民営化に関する問題を紹介するサイト"AFSCME Privatization Update"では、数は多くありませんが図書館運営における外部委託・民営化の状況についても紹介されています。AFSCME - Library Outsourcing / Privatization Newshttp://lisnews.org/article.pl?sid=06/07/10/1428253AFSCME Privatization Update - Li…

読書の自由はDVDにも適用されるか?

米国バージニア州のLoudoun Countyにある公共図書館では、R指定を受けているDVDを購入すべきか否か、またこのようなDVDを購入したとして子どもに貸し出してもよいものか否か、といった点が議論になっているそうです。Does 'Freedom to Read' Apply to DVDs?http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/ar

テロリズムに関する研究文献リスト

米国の軍事学校から、テロリズムや対テロリズムに関する400点を超える文献の解題つきリストが公表されています。リストは2004年時点のもので、著者名、テーマ、対象国から文献を探すことができます。Annotated Bibliography of Terrorism and Counterterrorism Research (PDF; 4.5 MB)http://www.ctc.usma.edu/CTC_Bibliography_200

耳の不自由な利用者へのTTY、電話リレーサービス

米国では、図書館をはじめとした多くの機関が、耳が不自由な利用者や発話に障害がある利用者のため、TTY(Tele-TYpewriter)装置を備えていたり、貸し出したりしています。このTTYサービス、さらには一歩進めた電話リレーサービスについて紹介した記事が、日経BP社のウェブサイト「IT Pro」に掲…

ローラ・ブッシュ大統領夫人,AASLのCrystal Apple賞を受賞

ローラ・ブッシュ大統領夫人に対し、米国学校図書館員協会(AASL)はCrystal Apple賞を贈呈すると発表しました。Crystal Apple賞とは、学校図書館や学生に対して大きなインパクトのある活動をおこなった個人や団体にAASLが与える賞で、子供やヤング・アダルトに対する学校図書館の役割について、夫…

マッカーシズムに図書館はどのように対応したのか?

1947年から1954年にかけて、米国で図書館に加えられた検閲、特に「マッカーシズム」(McCarthyism; 赤狩り)に対し、ALAをはじめとした図書館がどのように対応したのかに関する修士論文が、ウェブで公開されています。Francoeur, Stephen. "McCarthyism and Libraries: Intellectual Freedom Under Fire, 1947-1954." Master'&…

日曜開館の費用は市長の給料から(米国)

米国ウィスコンシン州のマスキーゴ(Muskego)市の市長が、給料の半額程度を返上して、市立図書館が学校期間中に日曜開館するための費用に充てると発表したそうです。Wisconsin Mayor to Fund Sunday Hours from His Salary - American Libraries onlinehttp://www.ala.org/ala/alonline/currentnews/newsarchive/2006abc/june2006ab/muskego.htm

新聞の論調に抗議して購読中止?(米国)

米国テキサス州サンアントニオ市にある大学図書館で、図書館長が「『ブッシュ政権がどのように、テロリスト集団の資金活動を秘密裏に追跡しているか』という記事を掲載したNYタイムズ紙は国家の安全を損なった」として、同紙の購読を中止する措置をしました。これに対し、「図書館はあ…

ページ