米国

NLM、件名標目表も改訂

米国医学図書館(NLM)がの件名標目表“MeSH”(Medical Subject Headings)の2007年版が公開されています。What's New for 2007 MeSH - NLM Technical Bulletinhttp://www.nlm.nih.gov/pubs/techbull/nd06/nd06_mesh.htmlIntroduction to MeSH - 2007http://www.nlm.nih.gov/mesh/introduction2007.htmlNovember 22, 2006付けResourceShelfの記事http://www.resourceshelf.c

E567 - 図書館員は書評をどう書き,どう読むのか?

米国においては,図書館員が執筆する書評はあらゆる分野にわたり,分量も豊富である。例えば『Library Journal』誌には毎月数十ページにわたる新刊書評が掲載され,また米国図書館協会(ALA)の刊行する『Booklist』や『Choice』も豊富な書評を提供している。これらの書評は,図書館員の間でも広…

NLM、総額7500万ドルの助成を発表(米国)

米国国立医学図書館(National Libary of Medicine)が、生命科学情報学の研究トレーニング費として、全米の18機関に対し、5年間で総額7500万ドルの助成金を与えることを発表しました。主に医療・健康分野に情報技術を適応するための研究に適用されます。http://www.nlm.nih.gov/news/press_releases/award_info_res_tr

図書館情報学修士課程ALA認定校要覧2006-2007

米国図書館協会(ALA)が、2006-2007版の図書館情報学修士課程のALA認定校要覧を公開しました。2006-2007 Directory of Institutions Offering ALA-Accredited Master's Programs in Library and Information Studieshttp://www.ala.org/ala/accreditation/lisdirb/lisdirectory.htm参考:http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/car/index.php?p=1895

新刊図書をブログで紹介する試み“The Virtual Browsery”(米国)

米国マサチューセッツ工科大学・人文科学図書館が、新着図書をブログで紹介する試み“The Virtual Browsery”を開始しました。単なる新刊紹介に留まらず、RSSでの配信、書評・コメント付与、他の書評へのリンク、(当該資料の)現在の利用状況へのリンク、同じ著者の他の著書へのリンクなどの…

第1回ネットワークの中立性に関する懇談会の資料(総務省)

総務省が、2006年11月15日に行われた「ネットワークの中立性に関する懇談会」(第1回)の配布資料を公開しています。米国・韓国におけるネットワーク中立性に関する議論のまとめなども含まれています。ネットワークの中立性に関する懇談会(第1回)(平成18年11月15日) - 総務省http://www.soumu.g

学校図書館も2.0の時代−SLJ誌リーダーシップサミットの資料

2006年11月3日・4日にシカゴで行われた、“2006 School Library Journal Leadership Summit”の資料が、ウェブサイトで公開されています。今回のサミットのキャッチフレーズは「21世紀の学習: 学校図書館メディアプログラムの役割」で、(1)テクノロジーとリテラシー、(2)情報が豊富な時代における学校メディ…

全国読書キャンペーンで57万5千冊を無料配布(オランダ)

オランダでは、10月20日から11月17日まで、全国読書キャンペーンが開催されていますが、この期間中、図書館の利用カードを持っている人は誰でも、1973年に刊行されたベストセラー小説“Dubbelspel”(英訳すると“Double Play”)を無料でもらえます。このキャンペーンのため、オランダ図書館協会…

世界ユーザビリティ・デイ

さまざまな物やウェブサイトなどが、誰にとっても使いやすい・わかりやすいものとなるように、「ユーザビリティ」(使いやすさ)に関する意識を喚起する国際イベント「世界ユーザビリティ・デイ」が、2005年から行われています。2006年は11月14日に行われ、米国の2つの大学図書館が広報グッ…

13万7千冊の児童図書が寄付される(米国)

11月13日〜19日は、米国児童図書評議会(Children's Book Council: CBC)が主導する「児童図書週間」に当たっています。今年は、19の出版社の協力により、13万7千冊を超える児童図書が31の施設・機関に寄贈され、利用者に無料で提供されることになりました。このようなチャリティは、児童図書…

ページ