米国

米国公文書館が地理空間情報を提供する政府のポータルサイトへ参加

米国公文書館(NARA)はこのほど、政府が運営する地理空間情報のポータルサイトGOS(Geospatial One Stop)に参加していることを発表しました。今回GOSで検索可能なNARAの資料は境界図、環境地図、沿岸地図やそのデータファイルなど多様なカテゴリー、フォーマットのデータとなっています。なおこれらは、NARAと米国議会図書館(LC)が共同で運営している、GOSの歴史コレクションチャンネルで検索できます。

Geospatial One Stop
http://gos2.geodata.gov/wps/portal/gos/kcxml/04_Sj9SPykssy0xPLMnMz0vM0Y
_QjzKL944PMbYESYGYfkAWupAFhpCJpRdCzNcjPzdV31s_QL8gNzQ0otxREQACawgb

NIHのパブリックアクセス方針、拒否権覆らず

11月13日に、ブッシュ大統領が拒否権を行使したNIHのパブリックアクセス方針に関する法案(FY08 Labor- HHS Bill)は、15日に行われた下院での再採決の結果、法案再成立に必要な3分の2の賛成に2票足りず(賛成277票、反対141票)、拒否権は覆らなかったそうです。House fails to override Bush veto of bill contai…

米国連邦裁判所の判例を無償で利用可能に

Public.Resource.OrgとFastcase社が共同で、1,800万件に及ぶ、米国連邦裁判所の判決文をフリーで提供することを発表しています。1950年以降の連邦巡回裁判所の判決文と、1754年以降の連邦最高裁判所の判決文も提供するとのことです。1.8 million pages of federal case law to become freely available.http://public.resource.org/c

ブッシュ大統領、NIHのパブリックアクセス方針に関する法案に拒否権を行使

2007年7月に下院で、10月には上院で可決されたNIHのパブリックアクセス方針に関する法案(FY08 Labor- HHS Bill)に対し、11月13日、ブッシュ大統領は拒否権を行使しました。米国図書館協会(ALA)は早速、拒否権を覆す投票に向けて、議員に対するアピール活動を開始しています。なお米国では、両…

LC、障害者向けデジタルダウンロードプロジェクトの拡大を発表

米国議会図書館(LC)の視覚障害者および身体障害者のための全国図書館サービス(LC/NLS)はこのほど、より多くの利用者がデジタル録音図書(Digital Talking Book)をダウンロードしたり、読んだりできるよう、また、より洗練したサービスを利用者が享受できるよう、2006年10月から取り組んでいる…

発展途上国の人々への電子教科書の無料提供を目指す“GLOBAL TEXT PROJECT”

米国を中心に世界中の研究者たちの協力のもと、電子教科書を作成し、それをウェブサイトを通じて無料配布しようという“GLOBAL TEXT PROJECT”が進行しています。インターネット環境が十分でない地域のことも考慮し、教科書はCDやDVD、紙といった媒体での配布も可能にする予定だということです…

E716 - オレゴン州ジャクソン郡の全公共図書館,業務委託により再開館

“Secure Rural Schools and Community Self-Determination act”の期限切れによる財政難から,2007年4月以来全公共図書館が閉鎖されていた米国オレゴン州ジャクソン郡において(E649参照),全公共図書館が再開館されることになった。まず10月24日からメドフォード(Medford),アシュランド(Ashland)の両図書館…

E718 - 米国学校図書館員協会,「21世紀の学習者のための基準」を公表

米国図書館協会(ALA)の1組織である米国学校図書館員協会(AASL)は2006年から,学校図書館メディアプログラム(CA1361参照)のための新しい学習基準の作成に取り組んでいたが,2007年10月25日にネバダ州リノで開催された第13回AASL年次大会の場で,その内容が発表された。 新基準ではまず最初…

人類学等の分野の査読済みオープンアクセス誌“After Culture”

人類学、地理学、社会学等の分野の査読済みオープンアクセス誌として、“After Culture”が新しく創刊されました。編集メンバーは、米国をはじめ、アイスランドの大学の研究者など国際的な顔ぶれとなっています。After Culturehttp://emergentanthropologies.net/afterculture/index.php/afterculture/index

カリフォルニア大学バークレー校で「Academic Library 2.0」会議開催

米国カリフォルニア大学図書館員協会バークレー校支部が、“Academic Library 2.0”をテーマとした会議を、11月2日に開催しています。その発表資料が、ウェブサイトで公開されています。Academic Library 2.0 - Schedulehttp://www.lib.berkeley.edu/LAUC/academiclibrary20/schedule.html

ページ