米国

ネブラスカ大学のリポジトリ急成長

米国のネブラスカ大学リンカーン校(University of Nebraska-Lincoln)の図書館が運営するリポジトリDigitalCommons@UNLは、ここ1年半の間で急成長したリポジトリだと地元新聞が伝えています。15000件のコンテンツ数は、米国でも4番目(上位は著名なミシガン大学、オハイオ州立大学、MIT)になるそうです。…

米国の州立図書館機構統計・2005会計年度版

全米教育統計センター(NCES)が、2005会計年度の州立図書館機構(State Library Agencies)統計を発表しています。State Library Agencies: Fiscal Year 2005 - NCEShttp://nces.ed.gov/pubsearch/pubsinfo.asp?pubid=2007300参考:E579 (No.96) - 統計で見る米国の大学図書館・公共図書館http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=596

LC、コミンテルン文書の検索システムを構築

米国議会図書館(LC)は、コミンテルン(共産主義インターナショナル)の文書をデジタル化する国際的なプロジェクトの一環として、人名のキリル文字からローマ字への変換、主題標目の英語化を行い、文書を検索するための検索システムを構築し公開しています。なお、デジタル化した文書…

近頃の学生は、実は情報が探せない?(米国)

現代の学生はITに詳しいという思い込みがあるのに対して、実際には、多くの学生がITに関する知識を情報検索に適用することができず、大学や職場で成功するのに十分な情報リテラシースキルを欠いている、というレポートが出されました。この調査は、米国のETS社(Educational Testing Service)による…

“OPAC2.0”を目指すオープンソースソフト、MATCを受賞

米国のアンドリュー・メロン(Andrew W. Mellon)財団の情報技術研究プログラム(Research in Information Technology Program)は毎年、オープンソースソフトウェアに貢献している個人・組織を表彰する“Mellon Awards for Technology Collaboration”(MATC)を発表していますが、このほど発表された2006年度の対象に、プ…

E574 - 図書館ネコ「デューイ」,その生涯を終える(米国)

欧米では,マスコットキャラクターとして館内でネコを飼っている公共図書館が数多くある。このような図書館ネコ(Library Cats)の中でも有名な存在だった,米国アイオワ州スペンサー(Spencer)公共図書館の「デューイ・リードモア・ブックス(Dewey Readmore Books)」が2006年11月29日に永眠したと…

E575 - ChaCha−人間が検索エンジンに

2006年11月,米国で検索エンジンChaCha(ベータ版)がリリースされた。チャットにより「本物の」人間のサポートを得ることができる,いわば人間がシステムの一部となった検索エンジンだ。Googleの欠陥を補いそれを乗り越ようとする検索エンジンはあまたあるが,ChaChaは,人間の知能,あるいは…

E578 - 公共図書館の新館建設に見る環境への取り組み(米国)

米国では,毎年多くの公共図書館が開館あるいはリニューアルしている。American Libraries誌の新館特集には,“libraries = cultural icons”というコピーが踊り,文化の象徴として,蔵書のみならず建物自体によっても地域の文化を守るものであるとの意識がうかがえる。 12月にオープンしたモンタナ州…

E579 - 統計で見る米国の大学図書館・公共図書館

全米教育統計センター(NCES)が,図書館に関する2004年度の統計報告書『研究図書館2004』(Academic Libraries:2004),『米国の公共図書館:2004年度版』(Public Libraries in the United States:Fiscal Year 2004)をあいついで公表した。いずれも全数調査であり,公共図書館約9,200館,大学図書館約3,700館を有す…

ページ