日本

神奈川県川崎市高津区、謎解きまち歩きイベント「フォト映え武士の映之太郎(ばえたろう)いざ参る!」を開催:高津区ふるさとアーカイブ事業の一環として

2020年11月11日から12月15日にかけて、神奈川県川崎市の高津区が、謎解きまち歩きイベント「フォト映え武士の映之太郎(ばえたろう)いざ参る!」を開催しています。

同イベントは、地域の歴史がわかる写真資料等を収集・活用する「高津区ふるさとアーカイブ事業」の一環であり、地域に親しみや愛着を持ってもらうことを目的としています。

高津区役所や高津図書館、同区ウェブサイト等で謎解き冊子を入手し、大山街道周辺をまわりながら5つの謎を解き、5つ目の謎が解ければ賞品に応募することができます。

フォト映え武士の映之太郎(ばえたろう)いざ参る!【謎解きまち歩き】(川崎市高津区, 2020/11/11)
https://www.city.kawasaki.jp/takatsu/page/0000121534.html

@maigono_baetaro(Twitter)
https://twitter.com/maigono_baetaro

埼玉県教育委員会、県政サポーターへのアンケート「埼玉県内の図書館利用について」の結果を公表

2020年11月5日、埼玉県教育委員会は、県政サポーターへのアンケート「埼玉県内の図書館利用について」の結果を公表しました。

埼玉県では、インターネットを活用して県政課題への意見を聴取し県政に反映させるため、「県政サポーター」制度を設け、サポーターに対しインターネットアンケートへの協力を依頼しています。県政課題に関する様々なテーマのもとアンケートを実施しており、第64回アンケートのテーマは「埼玉県内の図書館利用について」でした。

アンケートは2020年8月20日から31日にかけて実施され、回答者は2,207人でした。結果公表のお知らせでは、回答者の属性と、以下に関する質問の回答結果が紹介されています。

東京経済大学図書館、「東京経済大学図書館デジタルアーカイブ 朝鮮関係錦絵コレクション」を公開

2020年11月6日、東京経済大学図書館は、「東京経済大学図書館デジタルアーカイブ 朝鮮関係錦絵コレクション」の公開を発表しました。

朝鮮関係錦絵コレクションは、朝鮮関係の書誌研究者である桜井義之氏の旧蔵書「桜井義之文庫」の一部であり、これまで「東京経済大学学術機関リポジトリ」で画像が公開されていました。今回、132点の資料をより高画質でデジタル化し、同デジタルアーカイブ上で公開しています。

「東京経済大学図書館デジタルアーカイブ 朝鮮関係錦絵コレクション」公開(東京経済大学図書館, 2020/11/6)
https://www.tku.ac.jp/library/news/post-22.html

東京経済大学図書館デジタルアーカイブ 朝鮮関係錦絵コレクション
https://www.i-repository.net/il/meta_pub/G0000719tkudb

【イベント】Japanese Association for Digital Humanities 2020(11/20-22・オンライン)

2020年11月20日から22日にかけて、日本デジタル・ヒューマニティーズ学会(JADH)の第10回年次シンポジウム(JADH2020)が、オンラインで開催されます。

当日の主な内容は、以下が予定されています。

【11月20日】
・人文系大学院における情報リテラシーの在り方
※日本語でのワークショップです。

【11月21日】
●Long Paper Session I
・Reviewing Digital Literature through Digital Literature(David Thomas Henry Wright)
・“He triumphs; maybe, we shall stand alone”(Iku Fujita)
・Linked-Potter: an example of ontology for the study of the evolution of literature and reading communities(Federico Pianzola)

●Panel

●Poster Presentation Session

●Plenary Session I

千葉市、「令和元年災害記録誌」を作成:令和元年台風第15号・第19号等における同市の被害状況や災害対応を取りまとめ

2020年11月5日、千葉市は「令和元年災害記録誌」を作成したことを発表しました。

「令和元年災害記録誌」は、2019年9月9日に千葉市付近に上陸した令和元年台風第15号、10月12日に静岡県に上陸した台風第19号及び10月25日を中心とした大雨によって、千葉市に発生した一連の災害の記憶を風化させることなく、教訓を次世代に継承することを目的として作成されました。一連の災害における千葉市の被害状況や災害対応が取りまとめられています。

作成された「令和元年災害記録誌」は、千葉市のウェブサイトからPDF版をダウンロードすることができます。

新着情報一覧(千葉市)
http://www.city.chiba.jp/shinchaku/index.html
※2020年11月5日欄に「令和元年災害記録誌の作成について」とあります。

科学技術・学術政策研究所(NISTEP)、報告書「COVID-19 / SARS-CoV-2 関連のプレプリントを用いた研究動向の試行的分析」の補遺を公表

2020年11月4日、科学技術・学術政策研究所(NISTEP)は、2020年6月30日に公表した[DISCUSSION PAPER No. 186]「COVID-19 / SARS-CoV-2 関連のプレプリントを用いた研究動向の試行的分析」の補遺を公表したことを発表しました。

NISTEPは、主要なプレプリントサーバにおける新型コロナウイルス感染症に関する研究の概況を調査した[DISCUSSION PAPER No. 186]の公表後も状況が激しく変化していることから、2020年9月末時点のデータを追加して同様の分析を行い、新たに国・地域ごとの特徴の把握も試みた補遺を作成しました。

補遺では改めて行われた調査の結果として、2020年5月末頃をピークとしてプレプリントの投稿数が減少していること、研究トピック自体に変化はないこと、研究トピックの比重が徐々に社会経済・公衆衛生等にシフトしてきていること、などを報告しています。また、新たに追加した国・地域の分析においては、2020年5月以降、中国に代わって米国の投稿数が伸びていることを指摘しています。

JST-STMジョイントセミナー「学術出版における変革:研究データ」の講演資料が公開される

2020年10月27日に開催された、JST-STMジョイントセミナー「学術出版における変革:研究データ」の講演資料が、11月12日に公開されました。

同セミナーで行われた以下の講演について、資料が掲載されています。

・Open science and the PID Graph
Matthew Buys氏(DataCite Executive Director)
※試訳が付いています。

・A chemistry perspective on research data
Richard Kidd氏(Royal Society of Chemistry)
※試訳が付いています。

・Trends in the International STM Publishing Industry and the importance of Research Data
Ian Moss氏(STM Chief Executive Officer)

北海道立図書館、新型コロナウイルス感染症の感染再拡大により、イベント・講座や研修を中止

北海道立図書館が、新型コロナウイルス感染症の感染再拡大により、2020年11月から12月にかけて実施するイベント・講座や研修の中止を発表しています。

【中止のお知らせ】「書庫ツアー 文化の秋 映画への誘い」(11月11日開催)(北海道立図書館,2020/11/6)
https://www.library.pref.hokkaido.jp/web/news/vmlvna000000eo1g.html
※「新型コロナウイルスの感染者数が道内で増大し、1日で100人を超える状況となっていることから、中止とさせていただきます」とあります。

江戸川区立東葛西図書館・西葛西図書館・東部図書館(東京都)、ボードゲームの館外貸出を開始へ

東京都の江戸川区立東葛西図書館・西葛西図書館・東部図書館が、2020年12月1日からボードゲームの館外貸出を開始すると発表しています。

利用には、貸出券を所持していることが必要で、職員に声をかけ、借りるボードゲームを選んだうえで、所定の用紙に必要事項を記入することで借りることができます。貸出期間は1週間で、貸出点数は1人1点です。

@edolib_higashi(Twitter,2020/11/12)
https://twitter.com/edolib_higashi/status/1326756034057170944

参考:
中札内村図書館(北海道)、ボードゲームの貸出を開始
Posted 2020年3月30日
https://current.ndl.go.jp/node/40638

小樽商科大学、附属図書館等全16施設のネーミングライツ・パートナーを募集

2020年11月2日、小樽商科大学が、附属図書館等全16施設のネーミングライツ・パートナーを募集すると発表しています。

協定の期間は原則3年以上(延長可能)です。

「ネーミングライツ・パートナー」の募集を開始します(小樽商科大学,2020/11/2)
https://www.otaru-uc.ac.jp/news/93846/

ネーミングライツ・パートナー募集(小樽商科大学)
https://www.otaru-uc.ac.jp/site_info/namingrights/

参考:
大阪教育大学、東京書籍とネーミングライツに関する協定を締結:附属図書館の「まなびのひろば」の名称を「東京書籍 Edu Studio」に
Posted 2020年9月8日
https://current.ndl.go.jp/node/41941

ページ