知的財産

TPP総合対策本部第2回会合が開催、 「総合的なTPP関連政策大綱」が決定

2015年11月25日、首相官邸にてTPP総合対策本部第2回会合が開催され、「総合的なTPP関連政策大綱」が決定されたとのことです。

議事次第(2015/11/25、TPP政府対策本部)
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/pdf/2015/14/151125_sougoukaigou02_giji.pdf

総合的なTPP関連政策大綱(2015年11月25日TPP総合対策本部決定)
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/pdf/2015/14/151125_tpp_seisakutaikou01.pdf

総合的なTPP関連政策大綱概要
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/pdf/2015/14/151125_tpp_seisakutaikou02.pdf

参考資料
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/pdf/2015/14/151125_tpp_seisakutaikou03.pdf

TPP政府対策本部
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/

参考:
知的財産戦略本部、11月24日会合「知的財産分野におけるTPPへの政策対応について」の議事次第を公開
Posted 2015年11月26日

知的財産戦略本部、11月24日会合「知的財産分野におけるTPPへの政策対応について」の議事次第を公開

2015年11月24日、「知的財産分野におけるTPPへの政策対応について」を議事とする知的財産戦略本部会合が首相官邸にて開催され、下記の配布資料が掲載されています。

・知的財産分野におけるTPPへの政策対応について(案)
・「知的財産推進計画2016」に向けた検討体制について
・TPP知的財産章(第18章)の概要
・環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉の大筋合意を踏まえた総合的な政策対応に関する基本方針
・「知的財産推進計画2015」の各施策の取組状況

なお、「知的財産分野におけるTPPへの政策対応について(案)」には、「著作権法の改正については、権利の保護と利用のバランスに留意し、特に、著作権等侵害罪の一部非親告罪化については、二次創作への委縮効果等を生じないよう、その対象となる範囲を適切に限定するものとする。また、アクセスコントロールに関する制度整備については、権利者に不当な不利益を及ぼさないものが制度の対象外となるよう、適切な例外規定を定める。」との但し書きがなされています。

2015年11月24日 知的財産戦略本部会合 議事次第 (首相官邸)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/151124/gijisidai.html

日本文藝家協会、「著作権侵害における非親告罪化についての声明」を発表

2015年11月24日付で、日本文藝家協会は「著作権侵害における非親告罪化についての声明」を発表しました。

・国内ではパロディーを認める判決は出ておらず、著作権侵害の判断がされていることから、「コミックマーケット」など、二次創作物が摘発される可能性もある

・著作権者の意思とは関係なく、捜査機関が、特定の人物を監視し著作権
侵害が疑われる事例で検挙する、さらには別件逮捕される可能性の指摘もある

・非親告罪化によって、同法が当局によって恣意的に適用される懸念が払拭できない

・表現者が意識的または無意識的に萎縮させられる可能性が皆無とはいえない

などといったことが懸念、言及されています。

著作権侵害における非親告罪化について(日本文藝家協会, 2015/11/24)
http://www.bungeika.or.jp/statements_index.htm
http://www.bungeika.or.jp/pdf/20151124.pdf
※2つ目のリンクは、声明のPDFファイルです。

参考:
文化庁、文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会(第7回)の配布資料を公開
Posted 2015年11月20日
http://current.ndl.go.jp/node/30022

内閣官房TPP政府対策本部、TPP協定の暫定案文等に関する資料をウェブサイトに掲載

2015年11月5日、内閣官房TPP政府対策本部は「環太平洋パートナーシップ協定(TPP協定)の全章概要」の資料をウェブサイトに掲載しました。

掲載されている情報は、

(1)TPP協定の全章概要(日本政府作成)
(2)TPP協定の全章概要(別添・附属書等)
(3)TPP交渉参加国との交換文書概要
(4)TPP交渉参加国との交換文書(英文)
(5)TPP協定に伴い法律改正の検討を要する事項

です。

(1)については、「第18章.知的財産章 」がpp.61-72、(2)については、pp.20-23,29に著作権保護期間についてのサンフランシスコ平和条約上の日本国の義務に関する日本国と各国などの書簡が掲載されています。また、(5)では、所管省庁において検討中の「TPP協定に伴い法律改正の検討を要する事項」として、

●特許関係(発明の新規性が失われない期間、特許期間の調整)
●著作権関係(保護期間、技術的手段、一部非親告罪化等)
●その他(著作権侵害、商標不正使用に係る法定損害賠償等)

が掲げられています。

交渉会合関連情報(内閣官房TPP政府対策本部, 2015/11/5)
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/tppinfo.html#201511kyoutei_zanteiban

内閣官房TPP政府対策本部、「環太平洋パートナーシップ協定(TPP協定)の概要」の資料をウェブサイトに掲載

2015年10月5日、米国アトランタで開催されたTPP閣僚会合において、大筋合意に至ったTPP協定について、大筋合意に関する情報が内閣官房TPP政府対策本部のウェブサイトに掲載されています。

掲載されている情報は、
(1)「環太平洋パートナーシップ協定の概要(暫定版)」の日本語(仮訳)、英文(原文)
(2)TPP協定の概要
(3)PP交渉参加国との交換文書一覧

です。

(1)については、「18.知的財産(IP)」がpp.13-14、(2)については、「第18章.知的財産」が、pp.30-32に掲載されています。

交渉会合関連情報(TPP政府対策本部)
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/tppinfo.html#201510atlanta_goui

「環太平洋パートナーシップ協定の概要(暫定版)」の日本語(仮訳)
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/pdf/2015/10/151005_tpp_Summary.pdf

“SUMMARY OF THE TRANS-PACIFIC PARTNERSHIP AGREEMENT”

特許庁、イメージマッチング技術を利用し、専門知識が無くても意匠登録された画像のデザインを調査可能な画像意匠公報検索支援ツール“Graphic Image Park”の提供開始について発表

2015年9月28日、特許庁は10月1日から独立行政法人・工業所有権情報・研修館によってサービス提供が開始される画像意匠公報検索支援ツール“Graphic Image Park”の提供開始を発表しました。

意匠分類などの専門的な知識がなくても、利用者が創作した画像を入力するだけで、調査することができ、意匠公報に掲載された画像と、利用者が支援ツールに入力した画像の形状や色彩について機械的に照会することができます。

9月28日現在、ツールには意匠登録第1312707号~第1533723号(公報発行日は2007年10月15日 ~ 2015年09月14日)までの、4,479 件が蓄積されていて、検索は「出願日」「登録日」「公報発行日」や、意匠に係る物品、意匠分類などでの絞り込み検索も可能なようです。

Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
https://www.graphic-image.inpit.go.jp

画像のデザインが調査しやすくなりました!~画像意匠公報検索支援ツール(Graphic Image Park)のサービスが始まります~(経済産業省特許庁, 2015/9/28)
http://www.meti.go.jp/press/2015/09/20150928002/20150928002.html

内閣府、「地方創生に資する科学技術イノベーション推進タスクフォース」の第1回配布資料を公開

2015年8月4日、内閣府 総合科学技術・イノベーション会議は、7月31日に開催された第1回「地方創生に資する科学技術イノベーション推進タスクフォース」の配布資料を公開しました。

・第12回産学官連携功労者表彰(文部科学大臣賞)
・科学技術イノベーション総合戦略2015(地方創生部分抜粋)
・第5期科学技術基本計画に向けた中間取りまとめ(地方創生部分抜粋)
・地方における知財活用促進タスクフォース報告書

などの資料が含まれています。

地方創生に資する科学技術イノベーション推進タスクフォース(第1回)(内閣府 総合科学技術・イノベーション会議、2015/08/04)
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/chiikitf/1kai/1kai.html

地方創生に資する科学技術イノベーション推進タスクフォース(内閣府 総合科学技術・イノベーション会議)
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/chiikitf/index.html

総合科学技術・イノベーション会議
http://www8.cao.go.jp/cstp/index.html
※「新着情報」のところに資料掲載の日付があります。

参考:

【イベント】コミックマーケット準備会がTPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラムとの共催で、トークイベント「TPPの著作権条項を考える ~非親告罪化、保護期間延長、そして法定賠償金~」をコミックマーケット88の会場で開催(東京・8/14)

2015年8月7日、「コミックマーケット準備会」と「TPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラム(thinkTPPIP)」は、コミックマーケット88の会場である東京ビッグサイトにおいて、トークイベント「TPPの著作権条項を考える ~非親告罪化、保護期間延長~」を8月14日に開催することを発表しました。

TPPにおける知的財産分野の著作権条項について考え、日本文化を守るためのセーフガード規定を含めて、考えるものとのことです。

登壇者は、モデレータが一般社団法人インターネットユーザー協会・事務局長・香月啓佑氏で、パネラーとして、マンガ家、株式会社Jコミックテラス取締役会長・赤松健、大田区議会議員・荻野稔氏、骨董通り法律事務所の弁護士・中川隆太郎氏、作家でコミックマーケット準備会スタッフの松智洋氏とのことです。

なお、参加できない人向けに、「ニコニコ生放送」での配信も予定しているようです。

トークイベント「TPPの著作権条項を考える ~非親告罪化、保護期間延長~」開催のお知らせ(コミックマーケット準備会, 2015/8/7)
http://www.comiket.co.jp/info-a/C88/C88TppipTalk.html

知的財産戦略本部、「知的財産推進計画2015」を決定

2015年6月19日に知的財産戦略本部会合が開かれ、「知的財産推進計画2015」が決定されたとのことです。

「知的財産推進計画2015」は2部から構成されており、巻末に工程表が添付されています。第1部の重点3本柱としては、次の3点(1)地方における知財活用の推進、(2)知財紛争処理システムの活性化、(3)コンテンツ及び周辺産業との一体的な海外展開の推進、が挙げられており、第2部の重要8施策としては、6.アーカイブの利活用促進に向けた整備の加速化、をはじめとする8つの施策が挙げられています。

知的財産推進計画2015(知的財産戦略本部, 2015年6月付)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/kettei/chizaikeikaku20150619.pdf

知的財産戦略本部(首相官邸)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/

参考:
知的財産戦略本部、「知的財産推進計画2015」の策定に向けた意見募集の結果について発表
Posted 2015年6月15日
http://current.ndl.go.jp/node/28676

知的財産戦略本部、「知的財産推進計画2014」を決定
Posted 2014年7月4日

知的財産戦略本部、「知的財産推進計画2015」の策定に向けた意見募集の結果について発表

2015年5月28日、知的財産戦略本部は、「知的財産推進計画2015」の策定に向けた意見募集の結果について発表しました。結果は、「法人・団体からの意見」と「個人からの意見」の2つのファイルに取りまとめられ、首相官邸のウェブサイト上で公開されています。

意見募集は、2015年4月30日から5月20日まで実施されていたとのことで、日本映像ソフト協会や日本知的財産協会、日本民間放送連盟、日本商工会議所、日本弁護士連合会など法人・団体から23件、個人から13件、計36件意見が提出されたようです。

「知的財産推進計画2015」の策定に向けた意見募集の結果について
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/boshu_kekka.html
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/pdf/kekka_gaiyou.pdf
※2つ目のリンクは結果概要のPDFファイルです。

法人・団体からの意見(知的財産戦略本部)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/pdf/kojin_iken.pdf

個人からの意見(知的財産戦略本部)

ページ